« 「Mon Favori 私のお気に入り」:伴奏・合奏・共奏 | トップページ | 「曽根裕展 Perfect Moment」:巨大な砂糖菓子 »

2011年2月20日 (日)

「悪の教典」(上・下)

110220a
著者:貴志祐介
文芸春秋2010年

読み終わってすぐの感想は「えっ(・・?これがこのミス1位? このミスも程度落ちたなー」であった。

サイコキラーにして優秀な高校教師である主人公が徐々に本性を明らかにしてくる上巻はまだいいけれど、後半になると今流行の閉鎖空間(この場合は学校の校舎)での殺し合いゲーム、みたいのになっちゃって詰まんな~いdash なんだよ、やりたかったのは結局これかよ(-"-)てな感じである。

大体にして知能指数高い悪人のはずなのに、やってることは計画性とは程遠い行き当たりばったりなことばっかり。こんなに無計画な犯罪ではとても死刑にはできませんng 他人と違って殺人も選択のうち--なんて言ってる割には、衝動的殺人多過ぎ。お前には殺人しか選択肢がないんかいと言いたくなる。
ライバル的な存在の人物も生かせぬままあっけなく退場。

同じ作者の前作『新世界より』はちょっと風変わりなSFとして面白かったんだけどねえ……。

ところで、現実にはいそうでいないのが「色っぺえkissmarkおねーさんな保健室の先生」というやつ。思い返してみると実際に見たことは一度もないぞ。
「いや、ウチの近所の学校にはいる!」という方はぜひご一報下せえ(^O^)/


|

« 「Mon Favori 私のお気に入り」:伴奏・合奏・共奏 | トップページ | 「曽根裕展 Perfect Moment」:巨大な砂糖菓子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/50916547

この記事へのトラックバック一覧です: 「悪の教典」(上・下):

» 悪の教典/貴志裕介 [◆小耳書房◆]
2年4組には問題児と教師が位置づけるような生徒もいるが、「親衛隊」とも呼べる従順で可愛い女子もいる。そうこのクラスを受け持つに当たって、担任の蓮実が自ら布石としたことだった。蓮実はどんな生徒にも好かれていたが、ある日、女子生徒が体育教師にセクハラを受けていると相談にきた女子がいたが、面と向かって「信用しているわけではない」と言われる。 生徒や先生からも信頼の篤い蓮実だが、彼は恐るべき野望と過去を持っていた。 nbsp; 最初に言っておきたいのは、私はこの作家さんが凄く好きで、今だけの... [続きを読む]

受信: 2012年2月16日 (木) 01時43分

« 「Mon Favori 私のお気に入り」:伴奏・合奏・共奏 | トップページ | 「曽根裕展 Perfect Moment」:巨大な砂糖菓子 »