« 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 3月版 | トップページ | タブラトゥーラ・コンサート:急勾配の上で、25人の妻がいることと日本の未来について考えてみた »

2011年3月 5日 (土)

「ザ・タウン」:甘過ぎ注意報発令

110305
監督:ベン・アフレック
出演:ベン・アフレック
米国2010年

ベン・アフレックの監督二作目。前作の『ゴーン・ベイビー・ゴーン』が今イチの出来だったのでパスしようと思ってたが、映画関係のブログで取り上げられている数が多かったので行ってみることにした。
ただ、賛否は見た人によってかなり分かれるようだ。

この作品もやはりボストンが舞台となっている。前作の感想にも書いたけど、ボストンは古い建物が多くて街並みが美しいが、実際には犯罪率が非常に高いそうである。そのせいかこの都市を舞台にした犯罪小説やハードボイルド小説は多い。この映画もそういう小説を原作としている。

若者四人組が銀行強盗をするのが発端。若い女性支店長を目隠しして人質にとって逃走し、途中で解放するが主人公は彼女のその後の動向を探っているうちにホレてしまうheart02のであった。

手際よい強盗の手口や、狭い路地を逃走するカー・アクション、そして市街での銃撃戦などは手堅くキメて、思わずヨッシャ~(*^^)vと叫びたくなった。見ていて満足であ~るgood

しかし一方、若くして支店長をやるほどのヒロインがどうして主人公に惹かれるのか見ていてよく分からない。この二人のラブロマンスの描写がいささか甘すぎ~。虫歯cakeになりそうよ。

他にも、街のボス然とした老人(先日亡くなったピート・ポスルスウェイト)がご近所の若いモンに強盗を嫌も応もなくやらせていて、そこから抜け出せないという仕組みがあるようなのだが、それがあまりよく実感できないのも難だ。
他所のブログ(後で探したがもう一度探し出すことができなかった(~_~))で、P・ポスルスウェイトやクリス・クーパーのような名優を出しといて出演時間があまりに短すぎるから、本当はもっと長くて過去の因縁などが描かれていたのではないかと推測していた。実際、最初は4時間ぐらいあったのを編集で切りに切ったらしい。削られた部分で色々あったんだろうなあという感じだ。

あともう一つ、今イチ感があったのは主人公の造形も甘すぎという点。主役はベン・アフレック自身でやらずに、他の役者にした方が良かったんじゃないの?
オスカーに親友役のジェレミー・レナーの方が助演賞ノミネートされたのは仕方ないという印象だ。特に終盤で彼がバッグの中からドリンクを取り出して飲む場面……ハードボイルドですpunch

見ていて思い浮かぶのはM・マンの『ヒート』だろう。強盗や銃撃戦の場面もそうだけど、「晴れた日……」のくだりはアシュレイ・ジャッドとヴァル・キルマーの夫婦のエピソードを連想させる。ただ、あの瞬間が今生の別れとなる悲壮感はこちらの作品にはないのだった。

というわけで、けなしまくる必要もないが、褒めまくるのもどうか--というどっちつかずの所が結論である。


糖度:8点
辛度:6点


|

« 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 3月版 | トップページ | タブラトゥーラ・コンサート:急勾配の上で、25人の妻がいることと日本の未来について考えてみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/51040808

この記事へのトラックバック一覧です: 「ザ・タウン」:甘過ぎ注意報発令:

» ザ・タウン [映画的・絵画的・音楽的]
 『ザ・タウン』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)この映画の前に見た『ジーン・ワルツ』は、出産を扱っていることから当然のことながら、女性中心の作品になっていましたが、本作品は強盗団一味を描く犯罪物ですから、登場する主な女性はたったの二人です。  いずれも...... [続きを読む]

受信: 2011年3月 9日 (水) 18時51分

» 『ザ・タウン』 事件のたびに変わるのは? [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  『ザ・タウン』を観た翌々日、再び映画館に足を運んで『ザ・タウン』を観た。こんなことは初めてである。  1度目は大いに楽しんだ。2度目は脚本の妙に感心した。  本作では、後の...... [続きを読む]

受信: 2011年3月17日 (木) 22時59分

» 映画:ザ・タウン [よしなしごと]
 銀行強盗の覆面が印象的な予告編。そしてこの作品に出演しているピート・ポスルスウェイトが今年2011年1月2日に死去され、本作が遺作となったザ・タウンを観てきました。 [続きを読む]

受信: 2011年3月19日 (土) 18時56分

» 映画:ザ・タウン [よしなしごと]
 銀行強盗の覆面が印象的な予告編。そしてこの作品に出演しているピート・ポスルスウェイトが今年2011年1月2日に死去され、本作が遺作となったザ・タウンを観てきました。 [続きを読む]

受信: 2011年3月19日 (土) 21時51分

« 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 3月版 | トップページ | タブラトゥーラ・コンサート:急勾配の上で、25人の妻がいることと日本の未来について考えてみた »