« 「ザ・ファイター」:あなたの家庭は鬼何匹? | トップページ | 始まったと知った時には終わっていた »

2011年4月24日 (日)

ある映画監督の死

年度初めで仕事が忙しくて、新聞を見るのも溜まってしまって後から遅れて眺めていたら、なんとドキュメンタリー映画『アルナの子どもたち』の監督が銃撃されて殺されたという記事が載っていて驚いた。

リンク先の感想を読んでもらうと分かるが、イスラエル人である監督の母親がパレスチナで青少年の演劇活動を行っていて、参加者の若者たちのその後の姿を取材したものである。

「芸術を通しての人間と社会の解放」を唱えたハミスさんの死は、パレスチナの行き詰まりの深刻さを示している。(朝日新聞「窓」欄)

|

« 「ザ・ファイター」:あなたの家庭は鬼何匹? | トップページ | 始まったと知った時には終わっていた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/51486223

この記事へのトラックバック一覧です: ある映画監督の死:

« 「ザ・ファイター」:あなたの家庭は鬼何匹? | トップページ | 始まったと知った時には終わっていた »