« 「ゲンスブールと女たち」:女・シャンソン・女・シャンソン・女 | トップページ | バッハ・コレギウム・ジャパン第93回定期演奏会:夏バテ払拭プログラム »

2011年6月26日 (日)

「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」:貴様と俺とは同期のエスパー♪

110626a
監督:マシュー・ヴォーン
出演:ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー
米国2011年

「X-MEN」のシリーズは全て見ている。
一作目と二作目は古過ぎて感想はブログに書き始める前だ。残ってるのは『X-MEN:ファイナル・ディシジョン』『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』である。
今回のエピソードではプロフェッサーとマグニートーの過去の因縁が分かるという前日譚だとのこと。で、既に見た人の感想ではシリーズ中、最も面白いgoodという噂。半信半疑で映画館に乗り込んだんだけどね……。

正直な感想を言えば「はあ(?_?)これってそんなに面白いか~foot」であった。

ユダヤ人強制収容所で人体実験に供されたらしいマグニートーと金持ちのボンボンだったプロフェッサーXという対照的な出自から、二人が仲良く協力し合い共通の敵と戦い、そして袂を分かつまでが描かれる。
ビーストがなぜビーストになったかとか、ミスティークは最初はプロフェッサーと一緒にいた!などと因縁話が分かってビックリよ。

東西冷戦下のキューバ危機を背景に「007」シリーズをなぞったようなイメージ頻出、ついでに指令室は『博士の異常な愛情』そのままですな。
--と書いてみると面白そうなんだけど、前半はちょっとタルい。ようやく面白くなってくるのは、CIA本部が襲撃される所かな。アクション場面もここが一番ハラドキheart01した。それ以後もすごーく面白いという訳ではなくて、「並」である。

映像のイメージやキャラクターはいいけど、ストーリーとなると見ている間もハテナsign02印が何度も浮上してしまう。
なんで、少年マグニートーは母の仇を一番に取らないの? 核ミサイル運んでる船をホニャララしちゃってエエんか? 宿敵ショウの部下がボスを殺した奴にいきなり付いて行っちゃうのが不思議spa CIAにそんなに簡単に協力しちゃうの? 1962年で、あの若いボーヤの髪型はないだろう、とか。

一番の疑問は、マグニートーがやったのは宿敵を倒して私怨を晴らし、そいつにとって代わって何をやるかといったら、敵だった奴と全く同じということだ。これは明らかに、ユダヤ民族とイスラエルの現状を思い起こさせるが(迫害された者が今度は迫害する側に回る)、作り手からはそれ以上のメッセージはない。そこまで言明したら、エンタテインメントの範疇を超えてしまうからか、それともハリウッド追放になってしまうからか。

それ以外にも、米ソの戦艦を交互に映す場面があまりに単純なんでガックリ。いや、双方同じ立場だという対等性を出したかったんだとはわかるけど、あまりに手抜きな印象だ。
どうも私はヲタク系監督とは相性が良くないようだ。

終盤のマグニートーが教授を抱きかかえる場面はさすがに萌えてlovelyちょっとウルッと来たけれど、どうせならピカリンことP・スチュワートcuteI・マッケランの美オヤヂ・コンビでお願いしたかった(T_T)
ウルヴァリンがちょこっと特出。
CIAのモイラがどっかで見た顔だなーと思ったら、TVシリーズの『ダメージ』のヒロイン役の人ね。
ビーストは『シングルマン』の学生であった。
ミスティークは今期待の新人ジェニファー・ローレンス(『あの日、欲望の大地で』の娘役)だが、だいぶフックラしちゃってミスティーク本来の姿のメイクだと2割ぐらい膨張して見えるのがつらいところよ。

110626b

ところで、ショウが潜水艦内で吸い取ってるのは原子力エネルギーなのか? 字幕には出て来ないけど(自粛か^^;) だとしたら、ヤツこそ今の日本で必要だっfuji


男の友愛度:7点
ハラドキ度:5点

|

« 「ゲンスブールと女たち」:女・シャンソン・女・シャンソン・女 | トップページ | バッハ・コレギウム・ジャパン第93回定期演奏会:夏バテ払拭プログラム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/52051812

この記事へのトラックバック一覧です: 「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」:貴様と俺とは同期のエスパー♪:

» X-MEN:ファースト・ジェネレーション [映画的・絵画的・音楽的]
 『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』を渋東シネタワーで見てきました。 (1)これまで『X-MEN』のシリーズを何も見ていなかったので、本作品は当然のことながらパスしようと思っていたところ、どうも頗る評判がよさそうで、かつまたこれまでのものを見ていなくても...... [続きを読む]

受信: 2011年7月 3日 (日) 07時28分

» 「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 「キックアス」のマシュー・ヴォーン監督、「ウォンテッド」のジェームズ・マカヴォイ主演。  人気シリーズ「XーMEN」の前日譚にして、若き日のチャールズ(プロフェッサーX)とエリック(マグニートー)、そしてXメン結成秘話を描く。  配給元の20世紀フォッ... [続きを読む]

受信: 2011年7月 3日 (日) 10時50分

» 『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』 1962年に何があったのか? [映画のブログ]
 世界で最も売れているマンガ、それが『X-メン』シリーズである。[*]  だからそのファンは全世界におり、なまなかな映像化では納得しないだろう。  だが、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』なら、...... [続きを読む]

受信: 2011年7月 3日 (日) 17時39分

» 映画「X-MEN:ファースト・ジェネレーション 」特殊能力ならどんな能力がいいか考える [soramove]
「X-MEN:ファースト・ジェネレーション 」★★★★ ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、 ケヴィン・ベーコン、ジェニファー・ローレンス、 ジャニュアリー・ジョーンズ、ニコラス・ホルト、 ジェイソン・フレミング出演 マシュー・ヴォーン 監督、 131分 、2010年12月18日, 2010,アメリカ、イギリス,カルチュア・パブリッシャーズ (原作:原題:X-MEN:First Class )                     →  ★映画のブログ★       ... [続きを読む]

受信: 2011年7月 4日 (月) 07時14分

» 『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』’1... [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ裕福な家に生まれ、名門大学に通うチャールズと母親と引き裂かれた悲しい過去を持つエリックが出会い・・・。感想主演が『ウォンテッド』の若手実力派のジェームズ・マカヴ... [続きを読む]

受信: 2011年7月 5日 (火) 08時42分

» 『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』’11・米 [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
原題は『X-MEN: FIRST CLASS』なんですが、この作品の個人的な印象 [続きを読む]

受信: 2011年7月 5日 (火) 08時43分

» 映画:X-MEN:ファースト・ジェネレーション [よしなしごと]
 昨年末に見たキック・アス。単館系でありながら日本でも口コミで上映館が増え、DVDが発売されたあともまだ映画館で上映し、人気を博している映画です。そのマシュー・ヴォーン監督が手掛けたのが、人気シリーズX-MENの最新作を手掛けました、そうX-MEN:ファースト・ジェネレーションです。  ちなみに、2011年劇場映画50本目です!... [続きを読む]

受信: 2011年8月 4日 (木) 23時03分

» X-MEN:ファーストジェネレーション(感想204作目) [別館ヒガシ日記]
X-MEN:ファーストジェネレーションは劇場で鑑賞も 結論は色々と判明し納得する所が多くて凄い良 [続きを読む]

受信: 2011年8月14日 (日) 11時36分

» X-MEN:ファースト・ジェネレーション (X-Men: First Class) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 マシュー・ヴォーン 主演 ジェームズ・マカヴォイ 2011年 アメリカ映画 131分 アクション 採点★★★★ 時々、自分の思想がリベラル寄りなのかタカ派寄りなのか考えたりする私。同性婚は認められるべきだと思うし、信教や表現、中絶の権利や自由も守られるべ…... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 02時52分

« 「ゲンスブールと女たち」:女・シャンソン・女・シャンソン・女 | トップページ | バッハ・コレギウム・ジャパン第93回定期演奏会:夏バテ払拭プログラム »