« 「フランチェスコ・ラージ」:歌は涙かため息か | トップページ | 「ハリウッド・バビロン」1・2 »

2011年8月27日 (土)

「エッセンシャル・キリング」:負のアクション・ヒーロー

110827
監督:イエジー・スコリモフスキ
出演:ヴィンセント・ギャロ
ポーランド・ノルウェー・アイルランド・ハンガリー2010年

逃げろ逃げろ逃げろ...((((((((( ((;-o-)

ひたすら一人の男が逃げる様子を描いた映画である。なんとそれだけでほぼ全編が説明できてしまうという……。
他の部分はほとんどないと言っていい。そもそも台詞が極端に少ない。ギャロ演じる主人公に至っては一言もしゃべってないsign02ようだ。

冒頭、アフガニスタンの荒涼とした岩山で、現地の人間らしき男が逃げ回る。米軍に捕えられて拷問された後に、悪名高きグァンタナモ米軍基地に送られるかと思いきや、着いた先は雪の中。はて、ここは東欧か北欧か(?_?)
そして今度は雪に覆われた森林地帯を逃げ回る羽目になる。時折、幻想のように妻子らしき人の姿が浮かび、そしてコーランの一節が聞こえるだけだ。

見ていて、この男は逃走し続けてどうするのだろうと思ってしまった。言葉も通じぬ遠い異国の地で、家族の元に戻れる当てもなくどうする気なのか。

監督は『ランボー』(と『サクリファイス』)を引き合いに出しているらしい。確かに、名も知らぬ地で殺人もいとわず逃げ続ける男の姿は、ハリウッド映画を裏返したアクション・ヒーローとでも言うべきものである。やってること自体はほとんど同じだといえよう。しかし、誰も彼を褒めたたえてくれる者はいない。

雪に覆われた山河の光景や、ラストの白馬の姿は極めて印象的である。ただ、前作の『アンナと過ごした4日間』でも「川を流れる牛」と同様、そういう映像の使い方を「あざとい」と感じる人がいるかも知れない。

いずれにしろインパクトあり強烈thunderな作品なのは確か。不良ジイサン監督にまたもしてやられたpunchという印象だ。
V・ギャロはヴェネチア映画祭で主演男優賞を獲得したそうだが、演技がどうのこうのというより文字通り「ごくろうさん<(_ _)>」賞ということだろう。


監督不良度:9点
アクション非情度:9点


|

« 「フランチェスコ・ラージ」:歌は涙かため息か | トップページ | 「ハリウッド・バビロン」1・2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/52582356

この記事へのトラックバック一覧です: 「エッセンシャル・キリング」:負のアクション・ヒーロー:

» エッセンシャル・キリング [映画とライトノベルの日常自販機]
“虚飾を極限まで削り落とした、生々しい生への執着” おすすめ度:★★★★☆ 移送の車から逃げることができたムハンマドは、捕虜用の服に手錠をはめられ裸足です。彼は衣類や靴を手に入れるため、民間人を殺し、その車を奪って、森に逃げ込みます。 移送中は目隠しをされていたこともあり、ムハンマドは自分がどこにいるかすらわからないまま、ハングリーに生き延びることを求めて、雪山をさまよいます。 そして、軍用犬を連れたアメリカ兵が追跡する中、狩猟用のわなに足を挟まれたり、崖で足を滑らせ川に落ちたりし、傷つきながらもな... [続きを読む]

受信: 2012年1月10日 (火) 10時12分

« 「フランチェスコ・ラージ」:歌は涙かため息か | トップページ | 「ハリウッド・バビロン」1・2 »