« 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 10月版 | トップページ | 「織り込まれた宝石」:客席の昼と夜 »

2011年10月 2日 (日)

厳しい言葉


事故で故郷を追われた人たちが将来のあてもない状態に置かれ、行政機能も根底から壊れたまま放置され、このように人に冷たく、かつ無能な国に原発をもつべくではなく、その資格などはないと考えるに到った。(茨城県東海村村長 JCO臨界事故12周年の臨時朝礼にて 9月30日)

これはキビシイですねーpunch
元ネタはこの記事など。

|

« 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 10月版 | トップページ | 「織り込まれた宝石」:客席の昼と夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/52887573

この記事へのトラックバック一覧です: 厳しい言葉:

« 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 10月版 | トップページ | 「織り込まれた宝石」:客席の昼と夜 »