« 渡邊孝チェンバロリサイタル2011 第2回:音楽の万華鏡 | トップページ | 「フェア・ゲーム」:美人過ぎるCIAのママは何でも知っている »

2011年11月13日 (日)

どうなる?朝日ニュースター

J-CASTニュースの「来年3月でスタッフ全員解雇 「朝日ニュースター」事実上消滅」という記事には驚いた。テレ朝に譲渡という話は聞いていたが、「消滅」状態にまでなりそうとは……sweat01

朝日ニュースターはケーブルテレビでよく見ている。特に「ニュースの深層の」火・水・木曜や「愛川欽也パックイン・ジャーナル」、「デモクラシーNOW!」、地方局が制作したドキュメンタリー「テレメンタリー2011」。
それに最近は「ネット発市民チャンネルContAct」も見るようになった。先日「関西クィア映画祭」の代表者のインタビューをやってたが非常に面白かった。
また「デモクラシーNOW!」では、日本で著書が訳出されるよりはるか以前に、ナオミ・クラインご本人が登場して「ショック・ドクトリン」(←まさに今の日本の状況が当てはまる)を解説してくれたりした。

こういう番組が生き残れる……とは残念ながら思えにくい。ガックリ_| ̄|○である。

|

« 渡邊孝チェンバロリサイタル2011 第2回:音楽の万華鏡 | トップページ | 「フェア・ゲーム」:美人過ぎるCIAのママは何でも知っている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/53237690

この記事へのトラックバック一覧です: どうなる?朝日ニュースター:

« 渡邊孝チェンバロリサイタル2011 第2回:音楽の万華鏡 | トップページ | 「フェア・ゲーム」:美人過ぎるCIAのママは何でも知っている »