« 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 3月版 | トップページ | おたく×サブカル×秘宝 »

2012年3月 3日 (土)

「アニマル・キングダム」:窮鼠の行く末

120303
監督:デヴィッド・ミショッド
出演:ジェームズ・フレッシュヴィル
オーストラリア2010年

オーストラリア産のマイナーな犯罪映画?--ではあるが、昨年のアカデミー賞助演女優賞にノミネートされて作品自体も評判になった。

予告や事前の情報ではこんな印象→母親が急死したため突然、実家に戻る羽目になった高校生の若者。これまで付き合いを避けていた一族は実は、犯罪一家だった!
警察に協力を求められるも逡巡する若者。家族の絆か正義かどちらを選ぶのかっsign02

……しかし、実際に見てみたらかなり違っていた。
冒頭、若者がTVでクイズ番組を見ている。隣では母親が眠りこけている。
突然、二人の救命救急士が訪れ、母親に救命措置を取ろうとする。彼女はドラッグの過剰摂取で死にかけているのだった。だが、その間も若者はクイズ番組から目を離せない。

と、冒頭からこの映画は「まともな話ではない」宣言をしているのだった。
母親(主人公には祖母)と三人の息子、その友人から成る「一家」の犯罪行為自体はタイトルバックで簡単に示されるだけである。物語はその後に、警察から目を付けられ「仕事」もままならない状況から始まる。

一方、警察の悪辣振りにもビックリ(!o!) 日本の警察も(一部から)悪評高いが、いくらなんでもここまでやるかっ、てなもんである。どっちが犯罪者だか分かったもんじゃねえ~bombという状況だ。
唯一の例外はガイ・ピアース扮する刑事だけだ。

犯罪一家と警察という猛獣が死闘を続ける野生の王国では、それ以外の小動物なぞ蹴散らされて死ぬしかない。どちらのテリトリーに入ろうとそれは同じだ。
窮地に追い詰められた若者が取った道は……全く予想できなかった。よくよく考えれば、確かに生き延びるにはこれしかないという方法だろうが。とはいえ、その後は?

モラルもなく、仁義もなく、善悪もなく、日常と化した暴力の連鎖がストレートに描かれる、強烈な一編である。

ジャッキー・ウィーヴァー演じる祖母は、邪気なく邪気を発していて不気味。山岸凉子が昔の作中で母性をナメクジに例えていたが、そんな感じだ。

それにしてもガールフレンドのお父さん、いい人過ぎ~。ここまで来ると危険dangerです。


客観点:8点
主観点:8点


|

« 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 3月版 | トップページ | おたく×サブカル×秘宝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/54133097

この記事へのトラックバック一覧です: 「アニマル・キングダム」:窮鼠の行く末:

« 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 3月版 | トップページ | おたく×サブカル×秘宝 »