« 三大映画祭週間2012「ミヒャエル」:あの人は普通の人でしたよ | トップページ | 「汚れた心」:國賊はお前の隣にいる! »

2012年9月 8日 (土)

「ローマ法王の休日」:全ての道は法王に通ず

120908
監督:ナンニ・モレッティ
出演:ミシェル・ピッコリ
イタリア2011年

予告ではモロに喜劇風に見えたが、ネットの感想を見ると「コメディではない」と多くの人が書いていた。
でも、前売りを買ってあったんでとにかく行ってみた。

先代のローマ法王が亡くなったんで、新しい法王を選ばなくては!--ということで、各国の枢機卿がバチカンに集合。しかし、みんな内心では法王に選ばれたくない。
何度も投票を繰り返すうちに、誰も(本人を含む)予想しなかった無名のダークホースが選ばれちゃったのであった。
当人は大ショックsign03でノイローゼに。待ち受ける民衆の前に立つこともできず、遂に逃走してしまう。

外部に発覚したら困るってんで枢機卿たちは外に出られず、バカ話に興じたりトランプしたりしまいには地域別対抗バレーボール大会なんてのまで始まるのだった。
ここら辺の描写はちょっとぬるいコメディタッチなのだが、新法王の方のエピソードは段々とシリアスモードに。大口開けて笑おうと待ち構えてたら、全く逆方向に進んじゃって、これこそ開いた口がふさがらねえ~(・o・)ってなもんだ。
特に劇団との関わりの部分、何が描きたいの?

そもそも登場する枢機卿たちを「世間知らず」で「無垢」な人物として描いているのが無理がある。これが、一種のおとぎ話かファンタジーとしてお笑いに終始してくれればまだ不自然じゃないのだが。
大体にして、ローマ法王なんぞ俗世で米国大統領と並ぶくらいの権力を持つ人物だろう。法王にしろ枢機卿にしろそんな純粋な人間だなんて笑止千万と言いたい。

なんだかバチカンの宣伝映画でも見せられた気分である。
じーさん萌えや老け専の人以外は見る必要なしと断言しちゃおう。


じーさん度:9点
悲劇度:2点


|

« 三大映画祭週間2012「ミヒャエル」:あの人は普通の人でしたよ | トップページ | 「汚れた心」:國賊はお前の隣にいる! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/55611136

この記事へのトラックバック一覧です: 「ローマ法王の休日」:全ての道は法王に通ず:

« 三大映画祭週間2012「ミヒャエル」:あの人は普通の人でしたよ | トップページ | 「汚れた心」:國賊はお前の隣にいる! »