« 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 11月版 | トップページ | 「宇治川朝政リコーダーリサイタル」:準備万端整えた……が! »

2012年11月 3日 (土)

「そして友よ、静かに死ね」:友情の代償

121103
監督:オリヴィエ・マルシャル
出演:ジェラール・ランヴァン
フランス2011年

止めてくれるな、妻よ息子よ。背中の銃が泣いている--なフレンチ・ノワール映画である。原題や英語タイトルは単純なのを、いかにもな邦題にしたのは同じ監督の過去の公開作が『あるいは裏切りという名の犬 』にならったのか。
ともあれ、そのタイトルから想像されるイメージ通りの内容である。

今は引退して堅気な暮らしをする老ギャングの下に、子どもの頃からの親友であり犯罪者仲間だった男が、厄介ごとを抱えて帰国し逮捕されたという知らせが届く。
果たして友情か自分の家族の安寧か--揺れる男心であった。
そして、若い頃に共に銀行強盗で荒稼ぎした時代の回想へと入っていく。

主人公はフランスでは知らぬ者のいない人物で、これも彼の手記を元に映画にしたそうである。
彼は親友を脱獄させようとするが、それがあらぬ方向に転んでトラブルを呼び寄せるのであった。

回想時代は60年代末から70年代初めぐらいで、当時流行った音楽をバックに細身のスーツなんか着ちゃって強盗する--ってのを若手の俳優さんを使ってポップに見せてくれる。
一方、現在の方は渋めのオヤヂ役者が多数登場。オヤヂ萌えには推奨である。どちらの時代もカッコエエよ。
裏切りか友情かというのはこの手の作品には定番だが、定番を愛する人にはオススメだろう。もちろん定番すぎるという批判もあるかもしれない。

それにしても、あれだけ殺人があっておとがめなしというのはオドロキimpactである。他方、警察も拷問やり放題。ギャングには容赦しないのか。スゴイなー(+o+)

ところで、やや前方よりの座席で見たのだが、非常に画質が荒い。通常のフィルム上映じゃないなと思ってたら、どうもDVDだったらしい。大画面じゃないとダメっていうような内容の作品じゃないし、これでロードショー料金取るのはあんまりだ。これじゃあ、レンタルDVD出てから見た方がよっぽといい。
そのせいかその映画館はもうすぐ閉館するのだが……。


友情度:8点
画質度:3点

|

« 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 11月版 | トップページ | 「宇治川朝政リコーダーリサイタル」:準備万端整えた……が! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/56036837

この記事へのトラックバック一覧です: 「そして友よ、静かに死ね」:友情の代償:

« 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 11月版 | トップページ | 「宇治川朝政リコーダーリサイタル」:準備万端整えた……が! »