« 観たい映画がいっぱい! | トップページ | 「クリスマス・コンサート 2012」:鎮魂のクリスマス »

2012年12月22日 (土)

「ベルリン古楽アカデミー」:バッハ先生魔物説

121222
会場:トッパンホール
2012年12月12日

数日前に行ったイタリア・プログラムが興奮するほどによかったので、引き続いて鼻息dashも荒く突撃したAKAMUS単独公演である。この日の内容はテレマンとバッハというドイツ物だ。
平日夜だが、満員御礼fullであった。

彼らの録音でバッハ、テレマンというと前者は「ヴァイオリン協奏曲」(ミドリ・ザイラーがソロ)、後者は「ラ・ビザール」を聴いてていた。曲目はこの日のとは重なっていないが、バッハでのM・ザイラーの先鋭的演奏やテレマンでのまさに「珍奇」なイメージがバクハツして、十二分にその個性が発揮されている。もちろん愛聴盤lovelyだ。

しかし……うーむ、結果は今一つであった。なんというかね、ヴィヴァルディの出来に期待し過ぎたかなあ(+o+)

テレマンはまだよかったんですよ。一曲目の「ミュゼット」はミュゼットを模した部分も面白くケレン味もあって楽しめた。
それから「4つのヴァイオリンのための協奏曲」は実際にヴァイオリン4挺で、他には一つも楽器なし(!o!)という珍しさ。へー、テレマンはこんなのも作曲してたんだーimpactという驚きの一曲だった。それまで、コンマスの陰に隠れてた3人のヴァイオリニストも堂々と活躍していた。

なのに、どういうわけかバッハについては今イチ冴えず……。なぜだっsign02 他のグループに比べたら「並」の出来だとは思うのだが。AKAMUSならばもうちょっと踏み込んでキメてくれるんではないの? そんな物足らなさばかり感じたのであった。
特にラストの「二つのヴァイオリンのための協奏曲」あたりは、なんだか演奏者同士のコンビネーションがうまく行ってない印象だった。
それともバッハ先生の作品には、いかに優れたグループでもうっかりすれば「並」レベルになってしまうような魔物が潜んでいるのであろうか? 怖いのう(>y<;)

まあ、ヴィヴァルディ公演と順番逆に聞いたら分からないけどね(@∀@)

ということで、アンコールは先日のプログラムからカルダーラとヴィヴァルディ一曲ずつ。大ウケで大喝采であったよ。

【関連リンク】
「こんなコンサートに行った~ベルリン古楽アカデミー」
札幌公演の様子。「会場はガラガラだった」--2000人の会場でやるのは、東京でも難しいと思うですよsweat01

|

« 観たい映画がいっぱい! | トップページ | 「クリスマス・コンサート 2012」:鎮魂のクリスマス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/56372603

この記事へのトラックバック一覧です: 「ベルリン古楽アカデミー」:バッハ先生魔物説:

« 観たい映画がいっぱい! | トップページ | 「クリスマス・コンサート 2012」:鎮魂のクリスマス »