« 「悲しみのダウランド メランコリー」:リュートを抱いた渡り鳥 | トップページ | 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 5月版 »

2013年4月28日 (日)

「ザ・マスター」:来世で愛して

130428
監督:ポール・トーマス・アンダーソン
出演:ホアキン・フェニックス、フィリップ・シーモア・ホフマン
米国2012年

まるで二頭の巨大な肉食獣が闘っているのを、ドアップで延々と撮った映像を見せられているような気分になる映画だ。さもなくば、太いヘビが絡み合いながら互いの尻尾に食らいついてるのを見ているような。
そしてドアップなんで、それ以外のものは何一つ映っていないのである。
これを迫力ある骨太な作品と見るか、単調で退屈と見るかは、その人の好き嫌いによるだろう。

※以下ネタバレあり

ハリウッドでも信者が多いという新興宗教の教祖をモデルにしているということで、社会問題的な側面が出てくるかと思ったのだが、そういう部分は全くなかった。
フィリップ・シーモア・ホフマン扮する教祖は、別に企業の社長だろうがカリスマ政治家だろうが軍の将校だろうが、あまり人物の関係に変わりはないように思える。

その教祖に拾われる主人公は太平洋戦争の後遺症で社会に適応できない。もっともそれが本当に戦争のためなのか、それ以前に先天的な要因によるものかは明確にされていない。
自己啓発セミナーのような教団の手法で主人公を馴らそうしても、野生獣のような彼には通用しないのだった。
実質的な支配者である教祖の妻は男を排除しようとする。彼女は妻であるだけでなく母であり邪悪な「魔女」でもある。

男たちは前世での絆を確認し、来世での再会を誓い合って、それぞれ別々の道を歩むのであった(;_;)/~~~
……えー、そういう話だったんかいdash
まあ、前世も来世も信じない私のような不信心者には、初めから存在しない空中楼閣や空手形を見せられているようである。勝手にやってくださいってなもんだ。

二人の男の関係はいわゆる「ブロマンス」というのに当てはまるようだ。「ブロマンス」って日本語の造語かと思ったら、ちゃんと英語にあるんだー(~o~;) 「セックスは女と、愛情は男と」って解釈でいいのかね。
女をかたどった砂の山が頻出するのは、恋人への渇望というよりも、砂を「掘って」いれば女は不要ということに思える。

過去の作品でもなんとなく感じたが、監督は相当な女嫌いのようだ。ニール・ジョーダンほど露骨ではないが、教祖の妻がさしたる意味もなく妊娠中の大きなお腹をして登場するのにはかなりの悪意を感じた。

主役のホアキン・フェニックスは主人公の心の不均衡をその身体のよじれ具合までにまで表わしているような熱演。この性格が地なのではないかと疑いたくなるほどだ。もっともアカデミー賞の授賞式でも苦虫を噛みつぶしたような表情をしていたので、現在の彼の心境に近いのかもしれない。
フィリップ・シーモア・ホフマンも助演男優賞にノミネートされたが、彼には朝飯前の演技だったかも。妻役のエイミー・アダムスはこわ~い女を冷徹に演じている。オスカーは逃したけど、今期の最優秀悪女賞は確実である。

それにしても長すぎて疲れた。もうこの監督の作品は映画ファンが皆絶賛したとしても、二度と見ることはないだろう。


男たちの絆度:9点
自己啓発度:5点


|

« 「悲しみのダウランド メランコリー」:リュートを抱いた渡り鳥 | トップページ | 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 5月版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/57267538

この記事へのトラックバック一覧です: 「ザ・マスター」:来世で愛して:

« 「悲しみのダウランド メランコリー」:リュートを抱いた渡り鳥 | トップページ | 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 5月版 »