« 「イギリス音楽の楽しみ」:三音一体 | トップページ | 「華麗なるギャツビー」:お隣りが華麗過ぎるのですがどう対処したらいいでしょうか »

2013年7月 9日 (火)

「言霊」

130709
著者:山岸凉子
講談社2013年(KCデラックス)

職場の同僚にこれを貸したら、「『アラベスク』も『舞姫』もこのパターンだった!」と言って返してきた。
なるほど、才能の片鱗はあれど内向的なバレエ少女が主人公で、彼女を導くような男が登場して--というパターンは、舞台がどこであれ同じである。
この作品の主人公は東京周辺のバレエ・スクールに通う高校一年の少女である。本番時のメンタル面が弱いという設定だ。そこにドイツ留学が決まっている青年が出現する。

思い返してみると、『日出処の天子』は導いてくれる男と出会ったが、結局関係が破たんしてしまったという話ではあるな。橋本治はその人物を「従者」と定義していたが。

それにしても「乙女のロマンかと思っていたけど 本当にいたのね“白馬に乗った王子さま”」という台詞が出てくるんですけと……山岸先生、本当に王子様flairいるって信じていいんですかーっ(>O<)
ま、個人的には今さら王子様が現れてもな(-"-)

もう一つの中編「快談・怪談」はかなりの脱力系だった。

|

« 「イギリス音楽の楽しみ」:三音一体 | トップページ | 「華麗なるギャツビー」:お隣りが華麗過ぎるのですがどう対処したらいいでしょうか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/57760406

この記事へのトラックバック一覧です: 「言霊」:

« 「イギリス音楽の楽しみ」:三音一体 | トップページ | 「華麗なるギャツビー」:お隣りが華麗過ぎるのですがどう対処したらいいでしょうか »