« 「ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮」:愛がなくても啓蒙できます | トップページ | テレマン「ハンブルグ四重奏曲集 全曲演奏会」:超売れっ子テレマンを聴く »

2013年7月21日 (日)

小江戸コンセール 第2回演奏会「フランス人」:サロン的気分の楽しみ

130721
会場:近江楽堂
2013年7月12日

小江戸コンセールはトラヴェルソ新井道代、ヴァイオリン天野寿彦、ガンバ田中孝子、チェンバロ佐藤麻衣子によるグループ。実は行くまですっかり忘れていたのだが、この中の3人の演奏会に過去に行った事があるのを思い出したのだった。

「フランス人」というのはもちろんクープランの「諸国の人々」から取っていて、他にマレ、オトテール、デュフリ、ルクレールとフランスもの定番作曲家の作品が聞けた。
この日の近江楽堂は、椅子がゆったりと並べられサロン風状態で環境的にもピッタリ。例の如く冷房は効き過ぎだったが、仕方ない。

中ではトラヴェルソ+チェンバロのオトテールが感情が豊かで凝縮され、聞きごたえあり。笛の音を心ゆくまで堪能できました。
鍵盤ソロのデュフリ「三美神」は音が小さな粒になってキラキラshine光っているよう。
4人のアンサンブルとなると「堅実」の一言。ただ堅実が過ぎて、時折それが裏目に出てしまう部分があったのは残念であった。

また次のコンサートを期待しておりまーす(@^^)/~~~


ところでお隣のオペラシティ・アートギャラリーでは翌日から始まる「アートがあれば2」の内覧会をやっているようだった。内覧会ってこんなに人が来るのかというほど、人がいっぱいいた。写メ撮っておけばよかったな。


|

« 「ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮」:愛がなくても啓蒙できます | トップページ | テレマン「ハンブルグ四重奏曲集 全曲演奏会」:超売れっ子テレマンを聴く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/57838441

この記事へのトラックバック一覧です: 小江戸コンセール 第2回演奏会「フランス人」:サロン的気分の楽しみ:

« 「ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮」:愛がなくても啓蒙できます | トップページ | テレマン「ハンブルグ四重奏曲集 全曲演奏会」:超売れっ子テレマンを聴く »