« 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 7月版 | トップページ | 「イギリス音楽の楽しみ」:三音一体 »

2013年7月 6日 (土)

「2本のリコーダーによるトリオソナタの旅」:時空を旅する楽器

1300706
演奏:山岡重治、太田光子ほか
会場:上野学園石橋メモリアルホール
2013年6月16日

一昨日のダン・ラウリンのリコーダーに引き続き、今度はリコーダー・デュオ公演である。
山岡・太田師弟ペアに平尾雅子のガンバという夫婦共演プラスチェンバロ桒形亜樹子という4人だ。これまたCD発売記念である。

タイトルの「旅」というのは独・伊・仏の他に「歴史の旅」も含まれているようで、冒頭は初期バロック曲から始まり、その後は18世紀に活躍した作曲家の作品(ヘンデル、テレマン、サンマルティーニなど)が中心に演奏された。
それも全てソナタ形式ばかりの選曲である。山岡氏がトリオソナタへのこだわりを語る場面もあった。
リコーダーやガンバの初期から後期バロック時代への変化の解説などもあり、勉強にもなりました(^J^)

老練な山岡氏と溌剌とした太田女史、師弟といえど異なる個性の笛がうまく溶け合った二重奏を中心とした、まさに「トリオソナタの愉しみ」を満悦できた。
オトテールの曲がいかにも宮廷風で愁いを帯びた曲調が耳に快い。アンコールはルクレール。

この日はムシムシして微妙な暑さの日。例のごとく、開演ギリギリにかけこんだら中は涼しくて気持ちい~いspa 気持ち良すぎて沈没しかけた瞬間も……いかんいかん(>_<)


|

« 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 7月版 | トップページ | 「イギリス音楽の楽しみ」:三音一体 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/57734727

この記事へのトラックバック一覧です: 「2本のリコーダーによるトリオソナタの旅」:時空を旅する楽器:

« 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 7月版 | トップページ | 「イギリス音楽の楽しみ」:三音一体 »