« 「ローザ・ルクセンブルグ」:革命の人、書斎の人、中道の人 | トップページ | 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 11月版 »

2013年10月30日 (水)

「異国のJ.S.バッハ イタリア編」:君知るや南の国

131030
上野の森オルガンシリーズ2013
演奏:廣江理枝ほか
会場:東京藝術大学奏楽堂
2013年10月20日

藝大のオルガン科・古楽科が共同企画した一般向けの演奏会。奏楽堂という立派な大ホールにて2千円という格安値で藝大の先生たちの演奏が聴けるのである(*^^)v

生涯ドイツを出ることのなかったバッハ先生、しかし当時の音楽先進国イタリア関連の曲はたくさん作っているのであ~るnotes
ということで、そのようなオルガン曲を最初と最後に置き、その間にカンタータとチェンバロ独奏を挟むという構成だ。

パイプオルガンではコレッリのソナタやヴィヴァルディ協奏曲を編曲したもの。後者は20世紀初めまで息子の作品だと思われていたというのはビックリである。
「トリオ・ソナタ」に続き、ラストに演奏された「トッカータとフーガ」BWV540のトッカータの方は足鍵盤の低音が多用されドドーンと来る迫力だった。

間に演奏されたのは世俗カンタータ「悲しみのいかなるかを知らず」で、珍しや歌詞がイタリア語というもの。バッハの弟子が故郷に帰る際に送別の曲として演奏されたのではないかという。歌詞はその弟子にイタリア語を教えた校長が作詞したらしいとのこと。
構造的にはソプラノ独唱とフルートのためにあると言ってもいい曲で、歌ったのは野々下由香里、フルートは前田りりこだった。二人はまさに本日の主役shine風の演奏を聞かせ、特に冒頭のシンフォニアでのりり子女史は輝いて見えた(聞こえた)。器楽パートは他に6人だったが、通奏低音がちょっと迫力不足な印象を受けた。もっとも会場が広いので聞こえにくかったのかもしれない。

「イタリア協奏曲」は大塚直哉が担当。終盤ちょっとコケそうになった? 私はシロートなのでよく分かりませんが(^^ゞ油断は禁物なバッハ先生である。

会場ではオルガン曲の演奏時には楽章ごとに微妙に照明の色合いを変えたり、影による模様を付けたりしていた。二色しか使っていないようだったので、もっと色んな色彩を付けてもいいんでは。さらに、大音量で派手なフーガ曲なんかではミラーボール回したりして……そうなったら大興奮です\(^o^)/


|

« 「ローザ・ルクセンブルグ」:革命の人、書斎の人、中道の人 | トップページ | 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 11月版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/58483979

この記事へのトラックバック一覧です: 「異国のJ.S.バッハ イタリア編」:君知るや南の国:

« 「ローザ・ルクセンブルグ」:革命の人、書斎の人、中道の人 | トップページ | 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 11月版 »