« 「バロック音楽の肖像」:粘着度高き演奏 | トップページ | 「”未知のヴィルトゥオーゾ”ヘンリクス・アルビカストロ」:知らなくてゴメン »

2013年11月14日 (木)

「コールド・ウォー 香港警察 二つの正義」

131114
てっきり香港映画特産の警察アクションものかと思って行ったら、違っていた。どちらかというと謎が謎を呼ぶ陰謀がらみのサスペンスというところだろう。

冒頭、香港警察内に二つの大派閥があってそのトップである二人の副長官と側近たちがズラズラッと名前が出てくる。ただでさえ最近物覚えが悪くなっているというのに、脳内メモリの容量はたちまちにパンクし、何が何やらワカラン状態に……\(◎o◎)/!
えー、とにかく日本のキャリア組とノンキャリア組みたいなもんなのかな。現場たたき上げ派とエリート派に別れて、次期警察長官の座を狙っているのであった。
さて、そんな状態の時にパトロール警官隊誘拐事件が起こる。たちまちにして主導権争い勃発bomb

演出は歯切れよくテンポが速くて飽きさせない。ストーリーも次から次へと二転三転、えーこうなるのsign03と驚いているうちにあっと驚くdanger結末へ。
だが二転三転し過ぎると結末の歯切れが悪くなって、中途半端な気分になってしまうのもまた事実なのである。「パート2に続く」みたいなムードなのもなんだかなあ。

とはいえ、主役の二人(アーロン・クォック、レオン・カーフェイ)や助演陣も渋い演技を見せてくれている(アンディ・ラウが特出)。時間は短いが銃撃戦やカーアクションも迫力あり。終盤の「花火大会」は見事なもんである。
音楽はちとやり過ぎの感あり。

ということで約100分間、十分楽しめた。
続編は……考えないことにしよう。


男たちの絆度:7点
二転三転度:7点


|

« 「バロック音楽の肖像」:粘着度高き演奏 | トップページ | 「”未知のヴィルトゥオーゾ”ヘンリクス・アルビカストロ」:知らなくてゴメン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/58573265

この記事へのトラックバック一覧です: 「コールド・ウォー 香港警察 二つの正義」:

» 「コールド・ウォー 香港警察 二つの正義」 [ここなつ映画レビュー]
この作品を観ずして香港映画を語るなかれ! と、言いたい程に凄い作品。香港警察物としては、近年稀にみる傑作でしょう。 少しネタバレしてしまうと、究極は警察組織の中での権力争いがベースになっているのだが、この長官を頂点とした警察組織、互いに法治国家である日本と香港、似通った部分もあり興味深い。組織犯罪物、というか、誘拐・身代金物、というか、銃撃戦、カーチェイス、何でもアリな中、男達の互いに火花散らす戦いが描かれている。 以下、粗筋です。 香港最大の繁華街モンコックで爆破事件が... [続きを読む]

受信: 2014年1月 7日 (火) 11時58分

» コールド・ウォー 香港警察 二つの正義 [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【寒戦/COLD WAR】 2013/10/26公開 香港 102分監督:リョン・ロクマン出演:アーロン・クォック、レオン・カーフェイ、チャーリー・ヤン、ラム・カートン、チン・カーロッ、アンディ・ラウ お前が敵か、それとも自分が敵なのか今、男たちの正義が試される―― [Story]ある...... [続きを読む]

受信: 2014年4月12日 (土) 16時12分

« 「バロック音楽の肖像」:粘着度高き演奏 | トップページ | 「”未知のヴィルトゥオーゾ”ヘンリクス・アルビカストロ」:知らなくてゴメン »