« チェルフィッチュ「現在地」:目覚めよと、呼ばわる声があってもなくても | トップページ | 「光のない。(プロローグ?)」:生者は誰か »

2013年12月23日 (月)

「コントラポントと祝う楽しいクリスマス」:管楽器4本でメデタサ4倍

131223
ドイツ・バロックの豪華なクリスマス音楽
演奏:花井哲郎+コントラポント
会場:渋谷区文化総合センター大和田さくらホール
2013年12月15日

恒例のコントラポントのクリスマス公演である。今回はドイツ・バロックで大人数の合唱はなく、少人数での演奏となった。
後半がシュッツを4作品で固めたのに対し、前半は同じくドイツ三大Sのシャイン、シャイト、そしてプレトリウス、ハンマーシュミットという構成である。

声楽7人、器楽10人(一人は歌手兼任sign01)という小規模ながらツィンク(コルネット)、サックバット(トロンボーン)が入っているので極めて華やかな響きがある。いかにもメデタイなxmasという印象である。
特にこの二種の管をナマで聞いたのは久し振りだったので、新鮮に響きウットリと聞いてしまった。

一番の目玉だったシュッツの「イエス・キリスト降誕の物語」は、テノールの谷口洋介が福音書家役で語り、様々に編成を変えて誕生の物語を歌う。クリスマスにふさわしい演奏だった。

次回は若手の歌手たちによるパレストリーナとのこと。過去にジェズアルドの公演をやって、それがとてもよかったのでぜひ行きたかったが、なんとBCJのミューザ川崎「ヨハネ受難曲」と重なっているので不可能なのであーる(T^T)クーッ

|

« チェルフィッチュ「現在地」:目覚めよと、呼ばわる声があってもなくても | トップページ | 「光のない。(プロローグ?)」:生者は誰か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/58805336

この記事へのトラックバック一覧です: 「コントラポントと祝う楽しいクリスマス」:管楽器4本でメデタサ4倍:

« チェルフィッチュ「現在地」:目覚めよと、呼ばわる声があってもなくても | トップページ | 「光のない。(プロローグ?)」:生者は誰か »