« 「奇妙なマザーグースの話」:「不気味」も元気の素 | トップページ | 「ナポリの光と影」:アンサンブルで聞き初め »

2014年1月14日 (火)

「日本インターネット映画大賞外国映画部門」に投票

今年も投票します。(日本インターネット映画大賞ブログ

【作品賞投票ルール(抄)】
*選出作品は3作品以上10作品まで
*持ち点合計は30点以下。ただし投票本数が3本の場合は30点(10点×3作品)とする。
*1作品に投票できる最大は10点まで。

【作品賞】(3本以上10本まで)
塀の中のジュリアス・シーザー」 6点
愛、アムール」 5点
欲望のバージニア」 4点
コズモポリス」 3点
恋するリベラーチェ」 3点
ハンナ・アーレント」 3点
リンカーン」 2点
フォンターナ広場 イタリアの陰謀」 2点
「バックコーラスの歌姫たち」 1点
コールド・ウォー」 1点
【コメント】今年もあんまり本数見てないで選んじゃってすいませんm(__)m
これぞという一本がなかった年という印象である。「塀の中のジュリアス・シーザー」を見た時は、まさかこれをベストにするとは思ってもみなかった。虚々実々で、映画の本質的な面白さに迫る作品。CG使用するとかいうことと映画のマジックは全く関係ないのを改めて感じた。
「コズモポリス」も見た当時はいいと思わなかったが、あの不快さが却って記憶にとどまったのか。

---------------------------------------

【監督賞】              作品名
[スティーヴン・ソダーバーグ] (「恋するリベラーチェ」)
【コメント】映画監督業卒業(?)記念で餞別代りに。このネタで正攻法に取り組んだところを評価したい。

【主演男優賞】
[ダニエル・デイ=ルイス] (「リンカーン」)
【コメント】ぶっちぎり\(◎o◎)/! スクリーンに「神」thunderの顕現を見たですよ。

【主演女優賞】
[バルバラ・スコヴァ] (「ハンナ・アーレント」)
【コメント】こちらも実在の人物ではあるが、「引き」の演技に感心。

【助演男優賞】
[マット・デイモン] (「恋するリベラーチェ」)
【コメント】一応、主演でなくて「助演」と見なす。いやー、役者ってのは大したもんだとつくづく思った。

【助演女優賞】
[ジャネット・マクティア] (「アルバート氏の人生」「ハンナ・アーレント」)
【コメント】頼りがいのある女を演じさせたら今ナンバーワンか。

【ニューフェイスブレイク賞】
[スラージ・シャルマ] (「ライフ・オブ・パイ」)
【コメント】例年の通り、子役は除外。彼は映画初出演なのか? 堂々としたもんである。

【音楽賞】
「欲望のバージニア」
【コメント】サントラも愛聴しております。

---------------------------------------------------------

【私が選ぶ○×賞】

【最凶悪役賞】
[ガイ・ピアース] (「欲望のバージニア」)
【コメント】へ、ヘンタイだぁ~\(-o-)/

【最優秀悪女賞】
[エイミー・アダムス] (「ザ・マスター」)
【コメント】とにかくコワイです。

【最優秀脇役賞】
[歯が2本しかないばーさん(名前不明)] (「リアリティー」)
【コメント】存在感では群を抜いていたのは間違いない。

【最強モテ男賞】
[マッツ・ミケルセン] (「ロイヤル・アフェア」「偽りなき者」)
【コメント】女にはもちろん、男にもモテモテheart01 それがマツミケなのである。

【オヤジ萌え映画賞】
「リンカーン」
【コメント】文句な~しfuji

【最優秀動物賞】
[ニワトリ(名前はレオ?)] (「ブランカニエベス」
【コメント】(本鳥談)「ライフ・オブ・パイ」のトラなんかと比べられちゃ困るねえ。ありゃCGだよ。中身も何にもないペラペラ。オイラなんか本物なんだよ、本物。迫真の演技をよーく見て欲しいぜ。あ、でも最後の場面はもちろん代役だけどね。

【最凶邦題賞】
「欲望のバージニア」
【コメント】「欲望」にも「バージニア」にも関係ないから、あえてこう付けた--のかどうかは知らん。

【ちゃぶ台ひっくり返し賞】
L.A. ギャング ストーリー
【コメント】
この賞は、見終ってあまりの結末に思わず「なんじゃ、こりゃ~。観客をなめとんのか!」(ノ-o-)ノ ~┻━┻ガシャーン と、ちゃぶ台をひっくり返したくなる気分になる映画に与えられる栄光ある賞である。
選定理由は記事の方をを読んでもらえればわかると思うが、本当に「騙されたdash」感が強い。

----------------------------------------
この内容をWEBに転載することに同意する。
----------------------------------------

なお、恒例として2ちゃんのベストを貼っておく。邦画と一緒のランキングである。

【ベスト】
1位 (1681点 118票) ゼロ・グラビティ
2位 (*995点 *78票) ジャンゴ 繋がれざる者
3位 (*944点 *78票) パシフィック・リム
4位 (903点 76票) ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
5位 (790点 54票) きっと、うまくいく
6位 (671点 47票) 横道世之介
7位 (641点 52票) 凶悪
8位 (638点 56票) 風立ちぬ
9位 (616点 53票) キャプテン・フィリップス
10位 (615点 50票) シュガー・ラッシュ

【ワースト】
1位 (-129点 35票) ダイ・ハード/ラスト・デイ
2位 (*-75点 23票) アフター・アース
3位 (*-67点 19票) マン・オブ・スティール

|

« 「奇妙なマザーグースの話」:「不気味」も元気の素 | トップページ | 「ナポリの光と影」:アンサンブルで聞き初め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/58941449

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本インターネット映画大賞外国映画部門」に投票:

« 「奇妙なマザーグースの話」:「不気味」も元気の素 | トップページ | 「ナポリの光と影」:アンサンブルで聞き初め »