« バッハ「ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ 2」:作曲家無双 | トップページ | 「ラッシュ/プライドと友情」:F1と映画賞どっちが過酷か? »

2014年4月19日 (土)

「タブラトゥーラ・コンサート」:三十年目の本気

140419
会場:所沢文化センター・ミューズ キューブホール
2014年4月12日

約1年半ぶりのタブラである。天気のいい所沢はポカポカ陽気だった。今回はゲストもなく、5人のメンバーでいつも通りに進行していったのである。

一曲目の「エル・ソンブレロ」の後で、恒例のブラボー強制練習があり、その後はスムーズにブラボー飛ぶ熱気あふるるコンサートとなった。やはり客も練習が大切であるなgood
新曲も演奏された。「シオカラトンボ」と「スタンカタカタ」で、後者ではなぜか割り箸が飛んだりもした(^^;)

会場の構造のせいか、最後はダンス大会とはならず、各自座席で立って踊るぐらいであった。
恒例のロビーでの演奏もあり、2曲やってくれた。
それにしても、やっぱり踊りながらフィドルを弾きまくる田崎瑞博は、「アタゴオル」シリーズの唐あげ丸親方にソックリだといつも思うのであった。
パーカッションの近藤郁夫は再びヒゲをはやし始めたようだが、なんとなく鈴木(弟)ヒデミに似てきたようだ。

団員の平均年齢も上がり、団長のつのだたかしは「もうメンバー紹介もメンドくさいから、自分でやって」とマイクを回す始末である。
それもそのはず、なんと今年で結成30周年だそうだ。ということで、夏には結成30周年記念大演奏会をやるとのこと。楽しみであるよnote
その際にはスペシャルゲストや、田崎氏が「その人間性は決して褒められたものではない」という真相の解説をお願いしたい。


帰りに駅のパン屋でトトロあんパンを買って帰る。写真撮る前にうっかり食べてしまった。おいしかったけど、著作権大丈夫か……^^;


|

« バッハ「ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ 2」:作曲家無双 | トップページ | 「ラッシュ/プライドと友情」:F1と映画賞どっちが過酷か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/59497469

この記事へのトラックバック一覧です: 「タブラトゥーラ・コンサート」:三十年目の本気:

« バッハ「ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ 2」:作曲家無双 | トップページ | 「ラッシュ/プライドと友情」:F1と映画賞どっちが過酷か? »