« 「たよりない現実、この世界の在りか」:謎めいた客 | トップページ | 「黄金のメロディ マッスル・ショールズ」:音楽に必要なのは金と熱意とスタジオと »

2014年8月31日 (日)

聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 9月版

夏が過ぎればまたもドトーのコンサート・ラッシュであります(・・;)

*7日(日)フラヴィオ・フェリ・ベネデッティ&アンサンブル・イル・プロフォンド
「日本・スイス友好通商条約150周年記念」の一環として行われるもの。各地で公演あり。
*12日(金)コンチェルト・デッレ・ダーメ
日本古楽界最強(?)の女子トリオ。前回、二人になってしまったんで復活戦でありますな。
*27日(土)フランスバロックの黄金時代
*28日(日)チェロ音楽の元祖 イタリアン!(鈴木秀美&上尾直毅)

他にはこんなのも
*6日(土)飯田病院ロビーコンサート(品川聖)
*7日(日)バロックアンサンブル ザルツブルク・ミュンヘン
トラヴェルソ2本入った4人組とのこと。聞いてみたいが、はしごrunするのはキビシイなあ。
*12日(金)18世紀鍵盤楽器聴き比べレクチャーコンサート
       ご令嬢たちのハープのお稽古(西山まりえ)
       ヒリヤード・アンサンブル ←完売impact
*15日(月)ヴォーカル・アンサンブル アラミレ
*18日(木)17世紀イタリアのカッチョイイ音楽
*19日(金)18世紀イタリアのアモーレ 交歓する歌
*20日(土)リコーダー・カルテットの色彩
*26日(金)ラ・フォンテヴェルデ定期
       2人のフィリップ(ムジカ・レセルヴァータ)
*28日(日)イタリア・バロック~愛のアリアとデュエット

|

« 「たよりない現実、この世界の在りか」:謎めいた客 | トップページ | 「黄金のメロディ マッスル・ショールズ」:音楽に必要なのは金と熱意とスタジオと »

コメント

新福岡古楽音楽祭に射程を定めていたのですが、引越しと重なってしまい、泣く泣く断念ですweep

エマヌエル・バッハ記念年も不完全燃焼で終わってしまいそう。

投稿: ふりーで | 2014年9月15日 (月) 20時52分

それは残念でした。「ポッペア」もやるんでしたよね。
息子バッハは、探せばまだこれから何かあるかも……。

投稿: さわやか革命 | 2014年9月15日 (月) 22時35分

 ヒリアードは広島まで聴きに行きました。
解散で仕方無いかな…という演奏で、感慨無量ってとこですね。

投稿: Pilgrim | 2014年9月21日 (日) 20時20分

ヒリアード、定年引退ご苦労さんm(__)mという感じでしょうか。

投稿: さわやか革命 | 2014年9月22日 (月) 09時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/60240132

この記事へのトラックバック一覧です: 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 9月版:

« 「たよりない現実、この世界の在りか」:謎めいた客 | トップページ | 「黄金のメロディ マッスル・ショールズ」:音楽に必要なのは金と熱意とスタジオと »