« 「エレナの惑い」:開放された部屋、閉ざされた家族 | トップページ | 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 2月版 »

2015年1月25日 (日)

「マップ・トゥ・ザ・スターズ」:星の数ほどいるスター

150125
監督:デヴィッド・クローネンバーグ
出演:ジュリアン・ムーア、ミア・ワシコウスカ
カナダ・米国・ドイツ・フランス2014年

あのクローネンバーグがハリウッド内幕ものを! しかも、役者はかなり豪華ではないかflair ……なのになぜ単館ロードショー(^^?)
と不審に思ったが、見てみて納得。やはりクロ節炸裂thunderの一作、人々が喜んで見に行くようなエンタテインメント性はない。イヤミと苦みと訳分からなさが充満しているのだった。

有名女優だった母親とのトラウマに悩む落ち目の中年女優、共演中の年下子役に主役を奪われるのではと焦ってはヤク漬けになる子役スター、ふらりとハリウッドを訪れたライター志望の若い娘--このバラバラに描かれていた三者がやがて一つに繋がっていく。

その間に登場人物たちの噂話としてハリウッドのゴシップ(しかも実名の)が語られる。それは明るい陽光の下、不吉な都市伝説のようにそこここに漂っている。時折出現する亡霊や、妄想・幻想と同じようだ。
そうして『ハリウッド・バビロン』のような暴力・死・恐怖・退廃が緩慢に綴られていくのであった。

もちろん人物の設定や言動もその「伝説」を踏まえたものだろう。ふざけて銃でペットを撃っちゃうとか、ドラッグ濫用で早死にとか、怪しげなセレブ御用達の療法士とか、強迫的な子役ママ、いい役獲得のための枕営業、偽善的な病気チャリティ、自称役者のバイト生活ではや何年、殺人の凶器がアレshadowとか色々……。

スターnightの数だけゴシップは存在する。とすれば、ラストの若者たちの行動は純粋な子ども部屋の夢の続きのように思える。夢見る子ども部屋の天井にはまがい物の星が投影されているのだ。

ジョン・キューザックがシラーッとした無表情で、いかにもうさん臭げなセラピストを演じていて笑ってしまう。そういや、この人とキャリー・フィッシャー(本人役で出演)は俳優ファミリー出身ですな。
ちなみに、C・フィッシャーの身体の横幅が昔の2倍以上になってて驚いた。これで『スター・ウォーズ』の新作に出たらオールド・ファンはみんな客席で倒れてしまうだろう、っていうぐらい(>y<;)

ジュリアン・ムーアは、ここまでやらないとカンヌで女優賞は取れないのかsign02と思えるほどの、あれやこれや熱演しまくっている。『ゴーン・ガール』のロザムンド・パイクといい勝負である。
もちろん、いつも眉の間に縦ジワを寄せているようなブスっ面のミア・ワシコウスカも忘れられない。ロバート・パティンソンは脚本家本人を投影した役の割には出番が少なかった。

さて、少し離れた座席に20秒おきぐらいにポリ袋をガサガサさせる男がいて参った。ビョーキとしか思えない。おかげで最初の30分ほど集中できなくて内容がまだら状態の記憶である。
ホントに久しぶりに映画のパンフを買った。ハリウッドの案内マップ風の体裁で地図まで付いているが、やはりあまり内容のないものだった。買って損したぜ。
ただ「母親役のサラ・ガドンがJ・ムーアとのベッド・シーンで胸を見せた」という内容の文章があったんだけど、そんな場面あったっけ(?_?) 全く覚えてない。ポリ袋騒音のせいで記憶が飛んだかねannoy


「サンセット大通り」度:8点
「マルホランド・ドライブ」度:6点


|

« 「エレナの惑い」:開放された部屋、閉ざされた家族 | トップページ | 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 2月版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/61034229

この記事へのトラックバック一覧です: 「マップ・トゥ・ザ・スターズ」:星の数ほどいるスター:

» 「マップ・トゥ・ザ・スターズ」 [ここなつ映画レビュー]
ヘビーでポップなクローネンバーグの狂想曲。ぐったりとするけど、映画的な快感は確かにある。いや、狂想曲というか、原罪と贖罪に血の源流を重ね合わせた中世ヨーロッパの寓話にも似ている。ハリウッド版のゴシック・ホラー。だがしかし、アガサの贖罪とは何だったのだろう?あれだけ繰り返されて出てきた贖罪の意味は?彼女の帰郷の当初の目的は?(結果については判ったけれど。)単純に言ってしまえば「過去に犯した罪を謝りたい」なのだろうけれど、そんな単純な話であるはずもない。と、思った瞬間にこの作品は私にとって腑に落ちないも... [続きを読む]

受信: 2015年3月 5日 (木) 13時10分

» 映画『マップ・トゥ・ザ・スターズ』感想 怪物たちの救済劇 [映画を観たからイラスト描いた]
『マップ・トゥ・ザ・スターズ』Maps to the Stars2014年/カナダ・アメリカ・ドイツ・フランス/112分監督:デヴィッド・クローネンバーグ出演:ジュリアン・ムーア/ミア・ワシコウスカ ... [続きを読む]

受信: 2015年5月24日 (日) 22時24分

« 「エレナの惑い」:開放された部屋、閉ざされた家族 | トップページ | 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 2月版 »