« 「ホビット 決戦のゆくえ」(2D字幕版):「あの感動を再び」か、「単なる焼き直し」か | トップページ | 2014年度日本インターネット映画大賞外国映画部門に投票 »

2015年1月18日 (日)

「ドロテー・ミールズ ソプラノ・リサイタル」:鷺に鶯♪こいつは春から縁起がエエわい

150118
パリの音楽家たちとともに
会場:津田ホール
2015年1月12日

ソプラノ歌手ドロテー・ミールズが3人の演奏家たちと来日。日本各地で3日連続コンサートを行なった。
彼女の歌は過去にオランダ・バッハ協会のロ短調ミサで聞いたはずなのだが、座席の位置のなど色々あって、ほとんど印象に残っていない。そもそも姿もよく見えなかったし……。
今回は小さめな会場なのでバッチリと歌を聞け、姿も拝めましたよfull

全8曲のうち、3曲はそれぞれの器楽奏者(チェンバロ、チェロ、フルート)を中心としたアンサンブル演奏で、ミールズが歌ったのはテレマン、モンテクレール、バッハ、ヘンデルという組み合わせだった。

冒頭のテレマンは、フルートが奏でた旋律を歌でなぞるというような曲。他の歌曲も意図的にこの両者が揃って「歌う」ような作品を選んだようだった。
モンテクレールのカンタータはギリシャ神話の物語をレチとアリアの繰り返しで、一人で語り歌う形式。バッハは「イースター・オラトリオ」からだった。後半のヘンデルも合わせるとなんと英仏独伊語自在に操る、欧州統合\(^o^)/みたいなプログラムだったのだ。

ミールズの歌唱は清澄な美しさで、鮮やかな緑色の衣装もあってウグイスを連想させた。
ラストでは、まさにヘンデルの「スウィート・バード」で鳥の声を模倣してフルートと共に歌い交わす。笛をヒョロ~と吹き鳴らすP・ビュークルスは長身細身で黒服を着ているので、まるで黒いサギ(なんていないけど)みたい。
思わずcute梅にウグイス、ホ~ホケキョnotesなんて連想しちゃった(^v^)
となれば、支える通奏低音の三輪睦子とH・J・シュビッテルスは梅の木の枝か。あ、でも柔軟さもあるから柳の木かな。

アンコールはヘンデル2曲。ミールズは嬉しそうにスキップせんばかりの足取りでステージを出たり入ったりしていた。まこと新春にふさわしいメデタイfuji演奏会であった。

会場の津田ホールは今年の3月で閉館とのこと。これが聞き納めである。ステージ上の星形の照明も見納めだ。
ただ、NHKのカメラが入っていたのでTV上では再見できるだろう。U岡氏の情報によると4月上旬放送予定とか。


帰りに1階受付の警備員さん(?)に、閉館の話を尋ねている人がいたので、さりげなく横で耳ダンボearしてみたら、なんでも8階にも会議室があって、そこの稼働率も落ちているとのこと。さらに少子化で女子大の経営はただでさえ難しいので、学校に直接関係ないところは切らざるを得ないとのことだった。

|

« 「ホビット 決戦のゆくえ」(2D字幕版):「あの感動を再び」か、「単なる焼き直し」か | トップページ | 2014年度日本インターネット映画大賞外国映画部門に投票 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/60995893

この記事へのトラックバック一覧です: 「ドロテー・ミールズ ソプラノ・リサイタル」:鷺に鶯♪こいつは春から縁起がエエわい:

« 「ホビット 決戦のゆくえ」(2D字幕版):「あの感動を再び」か、「単なる焼き直し」か | トップページ | 2014年度日本インターネット映画大賞外国映画部門に投票 »