« 「ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス」:引き延ばし作戦で味は薄いがもうけは2倍となるか | トップページ | 「ゲルマニア」 »

2015年8月 5日 (水)

「アルハンブラの薔薇」:異国の響き

150805
銀のリュート伝説
演奏:常味裕司ほか
会場:ムジカーザ
2015年7月25日

つのだたかし企画(ってことでいいんですよね?)のウードを中心にしたコンサートである。
ウードはペルシャを起源としていてリュートや琵琶の祖先ということらしい。ヴァイオリン、そしてタンバリンのようなパーカッションであるレクという楽器とのアンサンブル曲、つのだ演奏のリュートやラウタとの共演、さらにはヴォーカルも入るなど、アラブの古典曲、民族音楽などが演奏された。
アラブといっても、現在のスペイン半島で当時の文化は栄え、その洗練度については他のヨーロッパの国は足元にも及ばなかったという。音楽についても同様だったのだろう。

楽器の歴史や、ヴァイオリンでもチューニングが違う、などの話が聞けて面白かった。ただ期待していたほどには古楽系ではなく(アンサンブル曲は近代っぽい)、そこが個人的には残念だった。

後半は米国の作家アーヴィングが19世紀中頃に発表した「アルハンブラ物語」から「銀のリュート」についての物語の朗読があった。その合間に古典歌曲を挟んで演奏。
女性歌手がちょっと不調っぽいのと、物語自体があまりにロマンティック過ぎてとてもついていけない(@_@;)ので、こちらもちょっと残念無念な感じだった。
まあ、普段接することのない音楽を聞けてそこら辺は有意義だったです。


この日もかなり暑かったが、会場はエアコンがほどよく効いていた。しかし、最前列のオヤヂ氏二人が暑い暑いsweat01とウチワで扇ぎまくっていた。長袖のシャツにさらに長袖のジャケット着ていれば、そりゃ暑いだろう。なんで脱がないのかしらん?などと思ってしまった。

|

« 「ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス」:引き延ばし作戦で味は薄いがもうけは2倍となるか | トップページ | 「ゲルマニア」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/62026130

この記事へのトラックバック一覧です: 「アルハンブラの薔薇」:異国の響き:

« 「ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス」:引き延ばし作戦で味は薄いがもうけは2倍となるか | トップページ | 「ゲルマニア」 »