« 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 2月版 | トップページ | 「シーヴァス 王子さまになりたかった少年と負け犬だった闘犬の物語」:喫煙者とお子様禁止 »

2016年2月 6日 (土)

「室内楽の夕べ バロック音楽の素敵な世界」:バロックとモダンの間には暗くて深い川がある~

160205
演奏:有田正広ほか
会場:東京文化会館小ホール
2016年1月18日

「都民芸術フェスティバル」というのが存在するとは知らなかった。約三か月間にクラシック、演劇、古典芸能の舞台を都の文化事業として開催するらしい。
その中の「室内楽シリーズ」の一つとしてこの日の「室内楽の夕べ」をやるのだった。よく知らずに演奏者4人の顔ぶれでチケットを買った私は、貰ったリーフレットをふむふむという感じで読んでいた。

だが開演時間になってステージに一同が出てきた時、私はギャッ(>O<)と叫びそうになってしまった。
なんと、有田正広の持つフルートが銀色に輝いているではないかthunder あわてて山本徹のチェロの方を見てみると、立派にエンドピンが付いている。そして桐山建志のヴァイオリンにはアゴ当てがあり、弓はモダンのものだった。
つまるところ、チェンバロ(曽根麻矢子)以外はモダン楽器だったのだdanger

詐欺~(~O~メ)
嘘つきーっ\(-o-)/
お金返せ(*`ε´*)ノ☆

プログラムがテレマン、バッハ、ラモー、ブラヴェで、この演奏者の面子でなんでモダン楽器でやるかねえ。「楽器はモダンでお願いします」とか言われたのか?
しかも、奏法自体は古楽にのっとっていたんだから余計に謎である。まあ皆さん、元々モダンと古楽両刀でやってる方々なので、演奏自体に文句はなかったのだが。

ただ、私は相変わらず熱が下がらず頭がモ~ロ~spaとしていたのと、ショックで内容をよく覚えていないのであった。

ということで、気付いたことだけ列記したい。
やはり、近代的なホールにはモダン楽器の方が合うなあと感じた。音量的にちょうどいい塩梅である。
一方、チェンバロだけ他の楽器に埋もれてしまって単なる「伴奏」風にしか聞こえなかった。どうせだったら、ピアノかフォルテピアノにすればよかったのでは。
ピリオド楽器との差が一番大きかったのはやっぱりフルートだった。

これからは「都民芸術フェスティバル」には要注意である。熱が出てるのを押して行ったのに、もうやってられねえng


|

« 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 2月版 | トップページ | 「シーヴァス 王子さまになりたかった少年と負け犬だった闘犬の物語」:喫煙者とお子様禁止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/63174642

この記事へのトラックバック一覧です: 「室内楽の夕べ バロック音楽の素敵な世界」:バロックとモダンの間には暗くて深い川がある~:

« 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 2月版 | トップページ | 「シーヴァス 王子さまになりたかった少年と負け犬だった闘犬の物語」:喫煙者とお子様禁止 »