« 「ティエリー・トグルドーの憂鬱」:情に棹さし意地を通して地に働けず | トップページ | 「コロニア」:予想せぬ衝撃 »

2017年1月 5日 (木)

「木の器 クリスマスコンサート2016」:ちっこいサンタ出現

170105_2
演奏:広瀬奈緒ほか
会場:近江楽堂
2016年12月25日

毎年恒例の木の器主催のクリスマスコンサート、今回はいつになく盛況で近江楽堂はほぼ満杯状態であった。

テレマン、バッハ、ヴィヴァルディの作品からクリスマス関係、あるいはクリスマスに聞きたくなるようなアリアや器楽曲を集めたプログラムで、歌うは広瀬奈緒、リコーダー宇治川朝政、ヴァイオリン堀内由紀、チェロ懸田貴嗣、チェンバロ福間彩という顔ぶれである。

器楽曲はやはりテレマン、声楽曲はバッハが多く、その間隙にヴィヴァルディを配置、みたいな構成だった。理屈抜きのリラックスして非常に楽しめました。

会場の外にベビーカーに乗った小さな子がいて、誰のお子さんかしらんと疑問に思っていた。
毎年このクリスマスコンサートでは最後にサンタに扮した人が登場するのだが、なんと今年はそのお子ちゃま(とお父さん)がサンタだった(!o!) 広瀬女史の息子さんだそう(知らなかったsign03)。出てきたらビックリして泣きそうcryingになってしまい、会場の微笑みを誘っていた。

やはり恒例のプレゼント大会が行われ、クジを厳重にテープで留めすぎて開かないというアクシデントはあったが、無事にプレゼントが配られた。
やはり今年も私は当選しなかった。無念であ~る(T^T)

それから、宇治川氏は髪型を変えたようだが、なんだかお坊ちゃんぽくなってしまったですよ(^J^)


|

« 「ティエリー・トグルドーの憂鬱」:情に棹さし意地を通して地に働けず | トップページ | 「コロニア」:予想せぬ衝撃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/64722503

この記事へのトラックバック一覧です: 「木の器 クリスマスコンサート2016」:ちっこいサンタ出現:

« 「ティエリー・トグルドーの憂鬱」:情に棹さし意地を通して地に働けず | トップページ | 「コロニア」:予想せぬ衝撃 »