« 「海は燃えている イタリア最南端の小さな島」:異なる世界の片隅に | トップページ | 「おとなの事情」:知らぬが仏、知れば鬼 »

2017年5月27日 (土)

「フランソワ・クープラン 趣味の融合への道筋」:頭からシッポまで

170527
演奏:天野寿彦ほか
会場:近江楽堂
2017年5月8日

クープランのイタリア趣味のソナタを中心にしたプログラム。ヴァイオリン天野寿彦&堀内由紀、チェンバロ水永牧子にガンバは平尾雅子、福澤宏という布陣である。

平尾女史が最初一曲弾いたがその後引っ込んでしまい、代わりに福澤氏が登場したので、どうなったのかsign02と思ってたら、また数曲後に交代。ラストの2曲を二人で共演した。
「スタインケルク」「スルタン」など有名曲に加え「趣味の融合」の中からも演奏。頭からシッポまでクープランの世界がタイ焼きのあんこの如くぎっしりと詰まっているコンサートだった。

ガンバという楽器が残る限り、クープランの曲もまた愛され弾かれ続けるのであろう--と納得するようなこの作曲家の魅力を全開にした内容であった。

末永女史、花粉病? 開演前に会場の外を公演衣装でマスクして歩いているのをお見かけした。演奏中はマスクするわけいかないから大変ですな。
いっそ演奏者全員がマスクしたら(^o^)b……不気味かsweat01


|

« 「海は燃えている イタリア最南端の小さな島」:異なる世界の片隅に | トップページ | 「おとなの事情」:知らぬが仏、知れば鬼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/65336326

この記事へのトラックバック一覧です: 「フランソワ・クープラン 趣味の融合への道筋」:頭からシッポまで:

« 「海は燃えている イタリア最南端の小さな島」:異なる世界の片隅に | トップページ | 「おとなの事情」:知らぬが仏、知れば鬼 »