« 「ネーデルランドのリュート音楽」:踊る国歌 | トップページ | 聞かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 8月版 »

2017年7月29日 (土)

「ツィマーマンのコーヒーハウス」:タダより嬉しいものはない

170729
調布国際音楽祭2017
演奏:バッハ・コレギウム・ジャパンほか
会場:調布市文化会館たづくり
2017年6月17日

いつのまにか「国際」が付いていた鈴木優人プロデュースの調布音楽祭、ご当地密着型とはいえ扱うジャンルも増えていた。休日に行ける古楽系の公演はこれか……と行ってまいりました。

「バッハの音楽会へタイムスリップ」というサブタイトルが示すように、和気あいあいとした楽しいコンサートであった。

前半は「3台のチェンバロのための協奏曲」が中心で、3台を担当するのは大塚直哉、海外からのゲストのフランチェスコ・コルティ、そして優人氏であった。録音では珍しくない演目だが、ナマで聞くとなると3人と3台揃えるのはなかなか大変だろうから希少価値である。
共演するのはBCJの面々で安定感ある演奏だった。

間にはバスのD・ヴェルナーによる独唱曲「裏切り者なる愛」、これも3人のチェンバロが交代で順繰りに共演という豪華版flairであった。なんだかやたらヘンデルっぽい劇的な曲だなあ、こんなのバッハ先生にあったっけ(?_?)と思ったら真作かどうか不明なのか。
でも聞きごたえありだった。

後半はご存じコーヒーカンタータである。優人氏は指揮に専念。ソプラノ娘が小林沙羅、バス父がD・ヴェルナー、そしてテノールが櫻田亮だった。
ステージは今どきのカフェ仕様になっていて、器楽の面々はその客という設定である。途中でなぜか「日本珈琲党」なんてビラも登場したりして……sign02

しかし一番の驚きは、櫻田氏がカフェのウェイターとして出現したことだ。そのエプロン姿があまりにハマリ過ぎなので、思わず笑ってしまった(^○^) ご家庭でも、エプロン姿で家族サービスしてるのかしらんなんて思っちゃったですよ。
小林女史は初めて聞いたと思うが、若くてハツラツとした魅力大で、この内容に適任。ヴェルナー氏も頑固オヤジがピッタリだった。
それとフルートの鶴田洋子という人はその前のBCJ定期にも出てましたな。こちらも達者な演奏だった。


会場のあるビルは複合施設で、上階には市役所など公共施設があり、また他に予備校(?)のイベントもあったりして、かなりの人のにぎわいがある。一階のロビーではオープンコンサートもやっていて、ちょうど休憩時間に聞くことができた。しかもスターバックス・コーヒーの無料サービスfreeもやってて、ちょうど暑い日だったのでアイスコーヒーをありがたく頂戴した。(1人で何杯もおかわりする人もcafe
無料バンザイヽ(^o^)丿
優人氏はじめ演奏者がロビーに出没することもあり、施設をうまく利用しているなという印象だった。

ただ駅前が工事中だったせいか、地下から地上に出た時に出口の方向を勘違いてしまい、90度方向を間違えたまま歩いてしまった。本来なら5分かからずに到着できるはずなのに、20分もかかったのだったsign03 自分で誤ったとはいえ、暑くて最悪だった(@_@;)


|

« 「ネーデルランドのリュート音楽」:踊る国歌 | トップページ | 聞かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 8月版 »

コメント

つるりんこと鶴田洋子さんは優人さんの奥様です。さすがに息のあったアンサンブルでした♪

投稿: クネヒト | 2017年7月29日 (土) 21時43分

なるほど(!o!)納得です。

投稿: さわやか革命 | 2017年8月 1日 (火) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/65594246

この記事へのトラックバック一覧です: 「ツィマーマンのコーヒーハウス」:タダより嬉しいものはない:

« 「ネーデルランドのリュート音楽」:踊る国歌 | トップページ | 聞かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 8月版 »