« 「メットガラ ドレスをまとった美術館」:ゴージャス 汗と涙と交渉と | トップページ | 「遠藤利克展 聖性の考古学」 »

2017年8月20日 (日)

「真夏の夜のパーセルの夢」:教会と激情

170819_2
歌とヴァイオルのファンタジー
演奏:高橋美千子ほか
会場:日本福音ルーテル東京教会
2017年7月20日

ソプラノ高橋美千子とガンバ4人の組合せ、前回はフランスルネサンス歌曲だったが、この日はパーセルの作品だった。
有名な歌曲と、ガンバ合奏「ファンタジア」集などの中から交互に演奏するというプログラムである。

聞きなれたパーセルの曲も、高橋女史が歌うと一味ふた味違って聞こえる。
特に「薔薇よりも甘く」--これまでは劇音楽の中の曲とはいえ、なんだか不協和音の嵐の中で曲の表情がクルクル変化して取っつきにくくてよく分からんなー、などと思っていた。しかし、彼女の歌唱で聴いて初めてヘンデルのオペラのアリア並みに激情を秘めた歌だったのだと納得した。
途中でドレスのお色直しも含めて、高橋女史は鮮やかに歌姫ぶりを印象付けたのであった。

早逝したが様々なジャンルですぐれた作品を残したパーセル、ファンタジア集も素晴らしい。ナマで聞くとガンバの音が表情豊かに染み入るようだ。

ただ、不満だったのは照明である。教会だから凝った照明など無理なのはわかっているけど、ステージより客席の方が明るいってのはどういうことよ。集中力を甚だしく削がれる。独唱といっても、この日のように歌手が動き回って動作を付けるような場合は特にである。

オペラのようなパフォーマンス入っている舞台は別だが、どうもクラシック系のコンサートって一般に背景や照明に無頓着過ぎだと思う。
音が良いと評判の某ホールなんか、ステージに立つ歌手にうまく照明が当たっていなくて顔が暗くなってしまい、「お化け屋敷か(!o!)」と思ったことが度々あった。最近は改善されたようだけど。
一般ピープルのクラシック離れなど論議するんだったら、曲に合わせて照明変えたり、背景に映像流したりするのを検討してもいいんではないのか。大体にして、コンサート中にステージ見ないでチラシ眺めてる人も珍しくないし。


客席に若い人が多いなーと思ったら、始まる頃に皆ノートを広げて( ..)φメモメモ開始。どこかの大学のレポート課題かっsign03

|

« 「メットガラ ドレスをまとった美術館」:ゴージャス 汗と涙と交渉と | トップページ | 「遠藤利克展 聖性の考古学」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/65686633

この記事へのトラックバック一覧です: 「真夏の夜のパーセルの夢」:教会と激情:

« 「メットガラ ドレスをまとった美術館」:ゴージャス 汗と涙と交渉と | トップページ | 「遠藤利克展 聖性の考古学」 »