« 聞かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 10月版 | トップページ | 「ワンダーウーマン」:ファイト・アンド・ラブ 戦闘美女参上 »

2017年10月 2日 (月)

「マントヴァ聖バルバラ教会の音楽とポリフォニー即興」:下は冷蔵庫、上は蒸し風呂、なーんだ?

171001
演奏:セステット・ヴォカーレ
会場:求道会館
2017年9月10日

テノール福島康晴、バリトン辻康介など6名がアカペラでルネサンス期の歌曲を歌う。このグループを聞くのは初めてだが、これまでの公演では世俗曲ばかりだったらしい。
なんでも夏にイタリアにメンバーで研修に行き、マントヴァの聖バルバラ教会で歌ったという。バルバラ教会はゴンザーガ公によって当時のポリフォニー音楽を響かせる目的に特化された作られた空間だとのこと。で、今回はその同時代の宗教曲を演奏するという趣向だ。

パレストリーナ、モンテヴェルディなど有名どころもあれば、ロジェールとかデンティチェとなると名前も聞いたことありませ~んsweat01 なんとゴンザーガ公の作った曲もあり。
さらには即興演奏や、会場の客にコーラス参加させたり(客の人数が多いので、歌手たちの声がかき消されてしまうというアクシデント勃発)と、色々仕掛けがある内容だった。

求道会館の響きもよく、当時の聖バルバラ教会もこんなだったかという気分になった。全編無伴奏というのは技量がなくてはできないだろうが、時々妙に歌声がペラペラと薄くなって不安定になってしまうのが気になった。

開演前に建築としての求道会館の解説があったが、客入れと同時だったのでザワザワしてあまりよく聞き取れなかった。
それとムシ暑い日だったので、エアコンを稼働させていた。しかし床から(?)風が吹き出てくる構造だったので、1階は冷蔵庫で2回は蒸し風呂状態(らしい)になってしまってマイッタですよ(@_@;)
171001b_2


←燭台は鶴が咥えている。

|

« 聞かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 10月版 | トップページ | 「ワンダーウーマン」:ファイト・アンド・ラブ 戦闘美女参上 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/65864117

この記事へのトラックバック一覧です: 「マントヴァ聖バルバラ教会の音楽とポリフォニー即興」:下は冷蔵庫、上は蒸し風呂、なーんだ?:

« 聞かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 10月版 | トップページ | 「ワンダーウーマン」:ファイト・アンド・ラブ 戦闘美女参上 »