« 聴かねばならない時もある マイナー・コンサート4月版 | トップページ | 「ルソン・ド・テネブル 暗闇の朝課の読誦」:猫とクープラン(特に関係なし) »

2018年4月 4日 (水)

「フランス音楽の彩を楽しむ 7」:ク~~~プランと伸ばしてみよう

180404_2
F・クープラン生誕350年記念
演奏:宇治川政朝、ジョシュ・チータム、福間彩
会場:近江楽堂
2018年2月16日

クープランと銘打ってはあるが、彼の作品は6曲の内半分。18世紀初めのフランス・ソナタによるプログラムということで、残りはオトテール、フィリドール、ドルネルだった。

驚いたのはクープランの組曲ホ短調。よく取り上げられる名曲ながら、J・チータムは非常にゆっくりなテンポで弾いた。こんなにゆっくりなのは聞いたことがない(!o!)っていうぐらい。しかも気候のせいか、さかんに調弦を繰り返していた。おかげで前半がかな~り長くなりました。
なお、彼はヨーロッパの悪天候のせいで日本にたどり着くまでに時間がかかり、パリの空港に足止めを食らったとか。ご苦労さんです。

あと福間彩のチェンバロ独奏によるクープランの「目ざまし時計」という曲は、いかにも「時計」なので笑ってしまった。
フィリドールには、ちゃんとリコーダーを指定しているソナタがあり、ここでは宇治川氏のタテ笛が冴えていた。

ラストとアンコールは「王宮のコンセール」より。いかにもフレンチな響きの世界を楽しめた。また、ガンバの調弦しやすい時期にお願いします(@^^)/~~~

|

« 聴かねばならない時もある マイナー・コンサート4月版 | トップページ | 「ルソン・ド・テネブル 暗闇の朝課の読誦」:猫とクープラン(特に関係なし) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/66574877

この記事へのトラックバック一覧です: 「フランス音楽の彩を楽しむ 7」:ク~~~プランと伸ばしてみよう:

« 聴かねばならない時もある マイナー・コンサート4月版 | トップページ | 「ルソン・ド・テネブル 暗闇の朝課の読誦」:猫とクープラン(特に関係なし) »