« 「野々下由香里 ソプラノリサイタル」:涙のダブルブッキング | トップページ | 「ラブレス」:サーチ・アンド・ロスト 非情の町 »

2018年6月12日 (火)

「バロックリュートリサイタル 「せせらぎ」シャコンヌ集」:弦の切れ目が演奏の切れ目

180612
演奏:佐藤豊彦
会場:近江楽堂
2018年5月17日

しばらく前にCD「せせらぎ~フランスバロックのシャコンヌ集」を出した佐藤豊彦が、同じタイトルのコンサートを行なった。CDの方は全15曲中シャコンヌは10曲で、合間にアルマンドとトンボーが収録されている。
ところが、このコンサートでは全曲シャコンヌ尽くしでしかも休憩なしのイッキ弾きonなのであった。

一曲目は老ゴーティエから、ドイツやフランスの様々な作曲家のシャコンヌを弾いていく。(調弦しやすくできるような順番らしい)
しかし、冒頭から「弦が切れそう」ということで、騙しだまし弾いていたのが、遂に3曲弾いたところでギブアップdanger なんと、ステージ上で弦交換という珍しい事態となった。
佐藤豊彦によると、これまで舞台の脇で交換したことはあるが、客の目の前でやるのはさすがに初めてだそうだ。
そもそも休憩なしにした理由は、その弦が今にも切れそうだったからとのこと。
また、ド・ヴィゼーの曲では調弦と共にフレットの位置も動かしてこれまたビックリimpact トーシロなんでそんなこともするとは知らなんだ。

調弦が手間取っていたのは、一つに会場の気温が高いためだった。外の廊下の方が断然涼しい。佐藤氏がエアコン強くしてくれといっても、なかなか効かないのであった。

シャコンヌは南米経由のダンス……と聞いていたが、CDの解説を読むと、アラブまたはアフリカからイベリア半島へ→「卑猥」ということでキリスト教によって一掃→大航海時代に南米へ伝わる→ヨーロッパへ優雅な舞曲として逆輸入recycleという複雑な経緯を経ているそうだ。
リュート曲だと踊れるような曲ではなく、低音部で繰り返される「せせらぎ」のような循環になる--とのことで、このようなタイトルになったわけだ。

微かに爪弾く繊細な弦の一音一音が耳に届き、その響きや流れを感じ取ることができた。もはや「優雅」を超えた純粋ならぬ「純水」mistの域であろうか。このような小さな会場にふさわしい演奏だった。

本当はアンコールにするはずがうっかりプログラムに曲名入れてしまったという、ヴァイスのシャコンヌで終了。
最後に、もう歳なんで夜の公演は無理、昼にしたいという佐藤氏の爆弾bomb発言あり。そうすると昼間働く勤め人は聞けなくなっちゃうですよ(@_@)


|

« 「野々下由香里 ソプラノリサイタル」:涙のダブルブッキング | トップページ | 「ラブレス」:サーチ・アンド・ロスト 非情の町 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/66823069

この記事へのトラックバック一覧です: 「バロックリュートリサイタル 「せせらぎ」シャコンヌ集」:弦の切れ目が演奏の切れ目:

« 「野々下由香里 ソプラノリサイタル」:涙のダブルブッキング | トップページ | 「ラブレス」:サーチ・アンド・ロスト 非情の町 »