« 「アントマン&ワスプ」:スモール・オア・ラージ 値段は同じ | トップページ | 「ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男」:愛と友情のオンザライン »

2018年11月11日 (日)

「フライブルク・バロック・オーケストラ mit キャロリン・サンプソン」:女3人寄れば

181111a
会場:トッパンホール
2018年10月22日

キャロリン・サンプソンとFBOの組合せと言えば少し前にバッハの「結婚カンタータ」の録音が出ていた。今回それとほぼ同じプログラムで来日。東京では2回公演があって、わたしはトッパンホール(久し振り!)の方に行った。

複数コンマス交代制を取るこのグループ、今回はA・K・シュライバーという見た目は小柄なオバサンな人が担当である。
冒頭はバッハ先生の「はとこ」にあたるというヨハン・ベルンハルト・バッハの「管弦楽組曲」で耳慣らし。テレマンのいたアイゼナハで活躍していたそうな。バッハ先生より遥かに地味な印象だが、ライプツィヒで演奏されたことがあるとのこと。

ここからキャロリン登場。CDにも入っているBWV199、ワイマール時代の曲だそうで、第4曲のアリアでは低音の弦は流動する雑音のような響きを発するけど、美しいソプラノとの組み合わせで快に転じる。
また第6曲のヴィオラだけがバックに回るコラールも、組合せの妙だった。

後半はまずオーボエが主役の「オーボエとヴァイオリンのための協奏曲」から。「2台のためのチェンバロ~」BWV1060の原曲とされている。
オーボエ独奏者はカタリーナ・アルフケン、大柄な女性でヴァイオリンのシュライバーと身長20センチは差がある。あまりに大柄なので持っているオーボエがソプラノリコーダーに見えるほど……(^Q^;;)ナンチャッテ
小柄でも爆発パワーのシュライバーとの、二人の掛け合いが躍動的だった。

再びキャロリンが出てきて、いよっfuji待ってましたの「結婚カンタータ」である。バッハ先生の作品の中でもとりわけ明るく美しい曲が、彼女の澄んだ声によって会場を満たした(トッパンホールもちょうど心地よい響き)。オーボエも絡むように活躍。器楽陣は強固さと柔軟さを併せ持ち、聞いていて幸せな気分になれたのであった。
しかし、この曲が演奏された結婚式が誰のものなのか記録に残されていないそうだが、音楽史に残る幸福なカップルheart02に違いない。

かように非常に満足できたコンサートだった。
ところで、数年前のベルリン古楽アカデミーの公演で活躍していたリュートのリー・サンタナがここにも出現していた。CDでは参加していないけど……人気者なのか(^^?)
関係ないけど、二人いるチェロ奏者のうち若い女の人の方、エマ・ワトソンに似てましたな(^o^)丿 本当にどーでもいいことですが。

↓演奏された2曲のカンタータが収録のCD。これでキャロリンの魅力にはまるのじゃ。
181111b_2

↓こちらではアルフケンのオーボエが活躍。
181111c


|

« 「アントマン&ワスプ」:スモール・オア・ラージ 値段は同じ | トップページ | 「ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男」:愛と友情のオンザライン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/67371327

この記事へのトラックバック一覧です: 「フライブルク・バロック・オーケストラ mit キャロリン・サンプソン」:女3人寄れば:

« 「アントマン&ワスプ」:スモール・オア・ラージ 値段は同じ | トップページ | 「ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男」:愛と友情のオンザライン »