« バッハ「クリスマス・オラトリオ」:暮と正月同時体験 | トップページ | モンテヴェルディ「ウリッセの帰還」:神々の長ーい時間 »

2019年1月11日 (金)

「ブルーバード、ブルーバード」

190111
著者:アッティカ・ロック
ハヤカワ・ミステリ2018年

黒人テキサス・レンジャー(当然、極めてまれな存在)を主人公としたサスペンス・ミステリ。
舞台となるのは二つの人種が緊密に隣り合うテキサス州の田舎町である。常に接触はしていても混ざり合うことはほとんどない。そんな軋轢の最前線と言える。

河に流れ着いた二人の男女の死体が、主人公の捜査に伴ってその内実をさらけ出す。双方の人種の、互いの愛情と憎悪がもはや表裏一体となっていることを。分かれているのに別れがたい。
その境界ギリギリの淵、ブルースの名曲と共に人種のエッジがこすれ合う音が聞こえてくるようだ。

犯罪捜査や暴力描写に全く問題ないが、男女の描き方がちょっと他のハードボイルド味の作品とは違うなと思ったら、作者は女性だった。最後まで気付かず。おまけに、TVドラマシリーズ『Empire 成功の代償』のプロデューサーの一人だって
ただ毒母の存在をさりげなく描くのは、やはり女性かと後から思ったりもした。男だったら、ああいう描き方しないよね。


|

« バッハ「クリスマス・オラトリオ」:暮と正月同時体験 | トップページ | モンテヴェルディ「ウリッセの帰還」:神々の長ーい時間 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ブルーバード、ブルーバード」:

« バッハ「クリスマス・オラトリオ」:暮と正月同時体験 | トップページ | モンテヴェルディ「ウリッセの帰還」:神々の長ーい時間 »