« 「トールキン 旅のはじまり」:旅から帰還した仲間は二つに分かれて塔で王となった | トップページ | 聞かずば死ねない!古楽コンサート 4月版 »

2020年3月30日 (月)

「2人のローマ教皇」:宿命のライバル対決!ガラスの十字架

監督:フェルナンド・メイレレス
出演:アンソニー・ホプキンス、ジョナサン・プライス
イギリス・イタリア・アルゼンチン・米国2019年

これも『アイリッシュマン』同様、ネットフリックス作品で限定上映されたものである。アンソニー・ホプキンスが生前退位(700年ぶり❗らしい)した前教皇、ジョナサン・プライスが現教皇フランシスコを演じる。

フランシスコはカトリック教会内においては改革派だったのだが、ある日当時のベネディクト16世に呼び出される。後者は複数のスキャンダルが発覚し、批判にさらされていた。
対照的な二人が互いに腹を探り合い、チクチクとやり合ってやがて和解に至るという対話劇である。(実際にはこのような会見はなかったとのこと)
その合間に両者の背景や過去のエピソードが挿入される。反対の立場に立つ二人ではあるが、過去に脛に傷持つ身であることは共通なのだった。
ベネディクト16世は子どもの頃にヒトラー・ユーゲントに所属していたこと。フランシスコの方は自国の独裁政権に協力したことだ。

元は舞台劇ということで、なるほど台詞の応酬が続く。しかし豪華な教皇の別荘やシスティナ礼拝堂(ロケは許可されなくて、セットらしい。予算ありますなあ)と場所を変えるので閉塞感はない。
となれば、当然ふたりの教皇役の演技合戦となる。プライスとホプキンスは各映画祭でノミネート&受賞しただけあって横綱同士の対戦といったところか。
陰と陽、保守と改革、ドイツ対アルゼンチン(サッカー)というように対照的な実在の人物を、オヤジ名優たちの演技を通して垣間見る次第だ。

フランシスコが先日来日した時に赤い法被を着たことがあって「教皇にまで法被を着せる日本ってなに!?」という意見が流れていたが、実際は貰ったらすぐに着てしまうような性格なのだとプライスの演技を見て納得した。
二人はそれぞれ実物にそっくりに似せているらしいが、本物の前教皇は目付きがホプキンスというより「猜疑心に満ちたジョー・ペシ」っぽいような……(ーー;)

演出スタイルについては映画には長し、TVには物足りぬみたいな部分も感じさせた。どちらにしてもネトフリでなくては作れない作品だろう。扱っているのが教会の虐待事件など微妙な内容なのも、商業映画では難しい。

ローマ法王になる日まで』で描かれていた独裁政権下の恐ろしいエピソードが、こちらでも幾つか短いながら登場する。
あの映画ではぼかされていた、彼が管区長から左遷された理由がこちらではハッキリと分かった。それと、若い頃と歳取ってからが正反対の性格に見える理由もである。

さて、『ふたりの女王』ならぬ「ふたりの王女」ではないが、マヤと亜弓が「ふたりの教皇」を演じるとしたら月影先生はどう配役するかな?

|

« 「トールキン 旅のはじまり」:旅から帰還した仲間は二つに分かれて塔で王となった | トップページ | 聞かずば死ねない!古楽コンサート 4月版 »