« 「ハリエット」:聖女か闘士か紙幣の肖像か | トップページ | 「その手に触れるまで」「ルース・エドガー」:男のいない男たちの世界 »

2020年10月 4日 (日)

「コリーニ事件」:裁かれる法

201004 監督:マルコ・クロイツパイントナー
出演:エリアス・ムバレク
ドイツ2019年

ドイツの弁護士兼作家のフェルディナント・フォン・シーラッハのミステリー小説の映画化。原作は未読。

新米弁護士が国選弁護士として引き受けた事件はなんと、彼が子どもの頃に世話になった人物の殺害事件だった。しかも、犯人は動機や関係など一切黙秘という不可解さ。
それでもなんとか弁護しようと奮闘する。

謎の解明に向かう後半にから終盤になって畳みかけるような展開に意表を突かれた。米国とはまた違うドイツの裁判模様も面白い。新米弁護士の成長譚にもなっている。

久々に見ごたえありの重厚作品だといえるだろう。容疑者黙秘の不可解な事件から浮かび上がる過去、個人が行った過去の問題行為もさることながら、さらにそれを容認する社会と法の告発へと向かう。そういうところに現代ドイツならではの作品だと感じた。

原作ではない設定らしいが、主人公はトルコ系である。かつて親しかった被害者の孫娘が主人公に向けて放つ一言が心をグッサリ刺す。あらわになるその本心がコワいのよ……。

語らぬ犯人をフランコ・ネロが演じていいて、まさに重鎮という言葉を思い浮かべてしまった。役者としても役柄としてもだ。

難点をあげると構成や展開がスッキリせず不器用な印象だった。あと音楽がちょっとうるさかった。
主人公が弁護をすると利益相反にならないんだろうか⁉
あと先輩弁護士はなぜ事件を引き受けるように勧めたのかな(?_?)

|

« 「ハリエット」:聖女か闘士か紙幣の肖像か | トップページ | 「その手に触れるまで」「ルース・エドガー」:男のいない男たちの世界 »