« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »

2022年11月

2022年11月26日 (土)

「バビ・ヤール」:ご近所の虐殺

221126 監督:セルゲイ・ロズニツァ
オランダ・ウクライナ2021年

次々と新作を発表しているロズニツァ監督のドキュメンタリーがまた公開された。自国ウクライナが蒸し返されたくない歴史を記録映像だけで掘り起こした問題作だ。

第二次大戦中1941年、ソ連邦の一部であったウクライナ西部をドイツ軍が侵攻した(もっとも元々はポーランド領だったという複雑な経緯があるらしい)。キエフまで進軍する中で市民は熱烈歓迎し、スターリンの絵を引き裂いてヒトラーの肖像を掲げる。また将校たちを招いて歓迎イベントを開く。
その熱狂ぶりは様々な折に記録されており発掘映像が続くのだった。

ところがキエフで公共施設のビルの連続爆破事件が起こり多数の死傷者が出る。この爆発映像はかなりの迫力だ。実際は違うにもかかわらずユダヤ人の行なったテロとされ、直ちに在住するユダヤ人全員に出頭命令が下る。
その数、3万4千人弱。ドイツ軍の指揮下で近くの渓谷地帯に集められ銃殺された。バビ・ヤールとはその渓谷の名前である。
その手順は戦争捕虜に広大な溝を掘らせ、ユダヤ人を殺害して落として埋めるというものだった。

さすがに虐殺自体の映像はない。残るは前後の状況を撮ったスナップ写真のみである。よくよく考えたらそんな映像をわざわざ残しておくはずもないわな。急に静止画像になってしまうのがまた怖い。
映像の代わりに存在するのは目撃者の証言である。そして「ウクライナにユダヤ人はいない」という詩の一節が流れる。
問題はキエフの一般市民はそれを見過ごした--どころか進んで協力した者もいたらしいということだ。

ところが1943年再びソ連軍がドイツ勢を追い払いキエフに戻ってくる。すると市民は今度はヒトラーの写真やナチスのポスターを引きはがして歓迎するのであった……。

事前の情報ではユダヤ人虐殺事件が中心の作品かと思っていたら、かなりの時間を割いてソ連→ドイツ→ソ連と支配者が交代するたびに、手のひら返しの熱烈なエールを送る民衆の姿を容赦なく暴きだしている。
もっともウクライナに限らず日本だって敗戦時の墨塗り教科書事案などがあるので、あまり他人のことは言えないだろう。

それにしても戦闘にしろ破壊にしろ80年前と現在とほとんどやってることは変わらないのはどうしたことよ。
平原を渡る戦車、爆破されたビル、壊された橋、捕虜の列、民家を燃やし遺体を埋め、掘り返して葬りなおす。統治者が変われば旗を引きずり落とす。現在でも行われていることだ。
こういうことについて「進化」はないのか。

さらに戦後すぐにソ連によるこの事件の裁判が開かれ、捕虜のドイツ兵を含む証言者の映像が登場する。
続くは、被告の独軍人たちの公開処刑の一部始終である。万単位の市民が広場を埋めて興奮し見守る。なるほど公開の絞首刑とはこういう風に行うのかなどと興味深く見てしまう……場合じゃなーい(>O<) これまたショッキング過ぎる映像だ。
もしかしたらユダヤ人虐殺を内心は肯定していたかもしれない市民が、今度はその犯人たちの死刑に熱狂する光景はなんとも形容できない思いが浮かんでくる。

このドキュメンタリーで描かれてきたのは死、暴力、破壊である。
その最後のダメ押しというべきなのが、戦後に事件の現場である渓谷をそのまま産業廃棄物で埋め立ててしまったことだろう。このラストの光景も圧倒的である。

ウクライナ映画アカデミーから除名されてしまった(こちらに経緯あり)ロズニツァによる、まさに「非国民」的作品である。
なお作中に遺体が度々出てくるので苦手な人はご注意を。


ところで以前『ドストエフスキーと愛に生きる』というドキュメンタリー映画を見たことがある。その時には全くと言っていいほど理解できていなかった主人公の背景が、今回の紛争の報道で少しは分かったような気がした。
父親がスターリンの粛清により亡くなり、通訳となってドイツ軍と共にウクライナを去る--それがどういうことだったのか。
高校生たちに授業を行ったのは確かキエフの学校だったかな? 明るい瞳をした彼らはもう30代のはず。今、戦争で辛酸をなめている世代だろう(T_T)ウウウ

注-地名については本作での表記に従いました。

| |

2022年11月19日 (土)

映画落穂拾い2022年後半編その1

一部、今年の前半に見た映画も入っていますが、細かいことは気にしないように。

「タミー・フェイの瞳」
監督:マイケル・ショウォルター
出演:ジェシカ・チャステイン、アンドリュー・ガーフィールド
米国2021年
*オンデマンド視聴

アカデミー賞の主演女優賞とメイクアップ&ヘアスタイリング賞を見事獲得した本作、日本では配信のみであった。もっともそれも仕方ないだろう。実話を元にしているのだが、日本ではほとんど知られていないからだ。

主人公は貧しくも信仰深い生活の中からTV宣教師となり絶大な人気を博した女性で、その一代記である。
最初はA・ガーフィールド扮する夫とまるで夫婦漫才を演じているようなコミカルな展開だ。しかし人気絶頂となってから段々と不正の道(資金横領)へ踏み込んでしまう。素朴に神に感謝を示して人に愛を与え続けるだけでは物足りなくなるものなのだろうか。
さらに加えて夫婦関係にも問題発生。ガーフィールドは裏表ないような笑顔を見せまくって、実はウラがあるという役を着実に演じている。
全体に誇張された描写が続いてなんだか作り物めいた作風ではあるものの、それこそがこの夫婦の真実なのかもしれない。

チャスティンは数十年の経過をそっくり派手メイクで演じ、流行歌風讃美歌も達者に歌いまくった。まさに賞取りレースに果敢に挑んでいる。笑ったのは、宣教師仲間の奥さんのミンクコートを一瞬だけギロッと羨望のまなざしで見るという演技。さすがである。

ただ、問題なのは同じ実話映画化の『愛すべき夫妻の秘密』とかなり題材と内容がかぶっていること。しかも主演女優賞候補で激突だ~💥
向こうはアーロン・ソーキン監督・脚本だから見た印象はかなり異なるけど。冷静に比べればニコールよりもジェシカの方に軍配を上げざるを得ない。
ところで実在の人物を演じるのが各演技賞へ近道なんですかね(^^?


221119「神々の山嶺」(字幕版)
監督:パトリック・インバート
声の出演:堀内賢雄、大塚明夫
フランス・ルクセンブルク2021年

夢枕獏の原作小説を谷口ジローがマンガ化、さらにそれをフランスでアニメーション化したものである。(なお小説・マンガ双方とも未読です)
他国では配信のみらしいが日本だけ映画館でも上映となったらしい。吹替が付いてるのも日本版だけだそうだが、声優はあちらからのご指名とのことである。

エベレストの前人未到ルートに執着する登山家、さらにその男をカメラマンが執念深く追う。
何より高山の描写が美しい。晴れた時の陽光、夕焼けに染まる雪、けぶるように迫ってくる嵐。そして画面を覆う「白」……それらが本来の主人公と言っていいほどだ。あまりの迫力に、語る言葉が全て無化していくようである。
雪崩の予兆のコキーンという音響も迫力だった。こわいこわい(>y<;)
とても上映時間94分とは信じられない中身の充実ぶりである。見終わってグッタリした気分。原作では女性が登場するそうだが、そこら辺はバッサリ切られている。

今後機会があるかどうか不明だが、ぜひ大きな画面での鑑賞をオススメしたい。
昭和の終わりぐらい(?)の日本の描写が色々と登場することも話題となった。また、居酒屋の場面に高畑&ハヤオが一瞬姿を見せるとか。
現金封筒を郵便ポストに入れる場面が何度か登場するが、実際は送れないので真似しないように注意しましょう。

作中の一つのエピソードを見て、突然に大学の時に実際にあった話を数十年ぶりに思い出した。登山部の男子が富士山で歩けなくなった見ず知らずのおじーさんに遭遇して、ずっと背負って下山したというのである。彼は私と同じくらいのチビで、おまわりさんに小学生と間違われたほどなのだが(;^ω^) よほどの体力がないとできません。

221209
「L.A.コールドケース」
監督:ブラッド・ファーマン
出演:ジョニー・デップ、フォレスト・ウィテカー
米国・イギリス2018年

4年前製作の作品を今なぜ公開なの(?_?)という疑問は置いといて、90年代に起こった人気ラッパー連続銃撃事件(2パックとノトーリアス・B.I.G.)の真相に迫る実録犯罪サスペンスである。

扱う事件は派手にもかかわらず映画のテイストは一貫して「晦渋」だ。派手な場面や展開はなく、見ていて「うむむ」と唸ってしまうようなトーンである💦
ほとんど偶然のような形で事件捜査に関わり、深入りし過ぎてついには警察から追われてしまう元刑事。そして十数年後にジャーナリストが彼に接近する。その真相は、謎と嘘が重なって真実が分かると皆が困るという迷宮状態だ。

明らかになるのはラッパーをめぐる音楽ビジネスの闇--かと思ったら全く違って、LA警察の腐敗であった。腐敗といっても暴力警官がいるというレベルではなくて、暴力団の類いがバッジと銃を持って「警察」と名乗っているようなもんである。犯罪やってもおとがめなしよ( ̄▽ ̄)
BLMが盛り上がった時に同じようなことを指摘したドキュメンタリー(確かTVで)を見た覚えがある。恐るべし。
ということなので見終わってスッキリしないのは仕方ない。あまりにもスッキリしなさ過ぎだ。

平日の昼間に見たので、ラッパーには縁のなさそうな年寄りの観客多数だった(;^_^A


さて、シネコンのチラシコーナーを見ていたら、後ろから中年女性がエコバッグをパッと広げて近づいてきた。何をするかと思ったらチラシを選んでニ、三十枚ガバと取ってバッグに入れていくんである。中には根こそぎ全部持っていってしまうチラシもあった。
ビックリである。
そんなに持って帰ってどうするのだろう。ネットオークションの類いに出すのだろうか。謎である。
よく「一作品一枚でお願いします」という注意書きを出している映画館があるが、まさにその犯行現場を初めて見たですよ👀

| |

2022年11月12日 (土)

ヘンデル「王宮の花火の音楽」:群衆と管楽器と混乱と

管楽器の祭典
演奏:レ・ヴァン・ロマンティーク・トウキョウ
会場:北とぴあさくらホール
2022年10月9日

曲が有名で録音がたくさん出ているにも関わらず、実演で聞く機会がほとんどないという作品がある。この『王宮の花火の音楽』もその一つだろう。当時のままに演奏しようとすると大編成過ぎて難しいためだろうか。

とっころが!1749年の初演ヴァージョンで古楽器使用の復活演奏というコンサートが行われた。これは日本初ということである。
管楽器オンリー弦楽器皆無の編成はオーボエ24、ファゴット(&コントラファゴット)13、トランペット9、ホルン9、ティンパニー3……集めるだけでも大変だ~💥
いやあ、すごいモンを見せて&聞かせてもらいましたと言いたくなる。

加えて朝岡聡の司会付きで、プログラムは管楽器演奏の歴史をたどっていく。ここでは編成は色々で、皆さんその都度出たり引っ込んだりした。
冒頭、ルネサンス期の作者不詳の曲では4人登場し、吹いてるうちになんだかラグタイム風の曲調に……(^^;
その後フランスに飛んでルイ13&14世の治世下での音楽になる。特に14世は軍隊や日常生活にも様々な場面で細かく使用法が決められていて思わず感心してしまう。
狩猟の時のホルン9本(乗馬して片手で吹くそうな)というだけでも怒涛の迫力である。
葬儀用の行進曲ではタイコに黒い布をかぶせて叩いていた。そういうものなのかー、初めて知った。

後半ラストに遂に『王宮~』を演奏。全奏者が大集合だ\(-o-)/
なんでもヘンデルは弦楽器を入れたかったが、国王が望んだということで初演は管楽器だけの編成となった。で、押し寄せたのがなんとロンドン市民1万人⚡
実際に聞いてみるとまさにホールを揺るがす大音響だった。ド迫力である。夏に屋外で花火をバックにして聞いたら、さぞ盛り上がることだろう。
また、よくぞバラけずアンサンブルを維持できたなあとも感心した。(ヘンデルはその時には指揮していたのかな?)

とりあえず、グループ主宰者の三宮正満氏と福川伸陽氏は貴重な演奏をありがとう&お疲れさまでした。

ただ、アクシデントが二つばかりあった。曲が始まったはいいが、ホルンから音が出なくてまた最初からやり直し❌……というのは笑い話レベルだからいいだろう。

もう一つは、開場前に入口の外のスペースに待つ人が大勢溜まってしまい押し合いへし合い状態になってしまった事である。エスカレーターを上がっていくと人が詰まっていて、列らしきものが一応あるのだが何重にもとぐろを巻いてどこが最後尾なのかも不明である。
開催側の人はいなくて、指示も掲示も一切なかった。後日の韓国ソウルで起こった事故を考えると笑い事にもならない。
原因は開場が6時45分なのを6時30分からと勘違いして、みんな早く来てしまったためらしい。だが、そもそも開演時間を7時15分という中途半端な時間に設定したのはなぜなんだろう? 不明である。リハーサルや搬入の関係ですかね。
221112





| |

2022年11月 4日 (金)

ヘンデル「ジュリオ・チェーザレ」:待ち望んだ英雄は(以下略)

221104 指揮:リナルド・アレッサンドリーニ
演出・衣装:ロラン・ペリー
会場:新国立劇場オペラパレス
2022年10月2日~10月10日

新国立劇場が二年に一度バロックオペラやると発表してこれが最初の演目になる--はずが、コロナ禍で延期。二年以上待たされた中、遂に上演である。メデタイヽ(^o^)丿
指揮は当初の予定通りアレッサンドリーニということで、期待はふくらむじゃあ~りませんか。

舞台の設定はエジプトにある博物館の収蔵庫らしい(時代は明示されてないが現代? 少なくとも20世紀)。大勢の職員が行き交う中、収蔵されている美術品や遺物の間からチェーザレやクレオパトラなどいにしえの登場人物が幻の如く出没するという次第である。
そこに繰り広げられるは「政治」ならぬ「性事」……歴史を前提にしたといっても完璧に色恋沙汰にシフトしたエロさ爆発な描写の演出となっている。
博物館が舞台ならば植民地からの収奪というような観点が出てくるかと思ったら、そういう方向は全くなかった。

クレオパトラがチェーザレを誘惑する場面ではロココ調絵画の額に入って描かれた人物に扮したり、展示用ガラスケースに入って対面したり、横倒しの巨大なファラオ像の上で歌ったり--と大掛かりな舞台装置を生かしたスペクタクルな展開には目を奪われる。

チェーザレ役はマリアンネ・ベアテ・キーランド。上背があって外見的には「英雄」として申し分ないのだけど、声はやや線が細く押しが弱い印象だった。実は過去にBCJのコンサートで2回見て(聞いて)いたのだけど、完全に忘れていた。まあ、10年以上前だからしょうがないよね💨
クレオパトラ役の森山真理はそもそも役柄自体目立つせいもあるだろうが、歌唱・演技さらに加えてエロ度において会場の目と耳の引き付け度が一番高かった。

二人のカウンターテナー勢の活躍も目立った。クレオパトラの弟にして政敵トロメーオに扮した藤木大地は尊大かつキモい憎まれ役にひたすら徹して、ご苦労さんです。
また、村松稔之は従者ならぬ侍女としてコメディ部分を背負って笑いを巻き起こしていた。2幕の冒頭のアリアも大いに受けたもよう。

一方、疑問だったのは折角アレッサンドリーニを連れてきたのに、モダンオーケストラ(東フィル)を使っていたこと。通奏低音部門は古楽勢を起用しているのにもかかわらず、である。なんなのよ💢この中途半端さ。
この布陣を決定したのは新国の音楽監督だろうから、そんなに古楽奏者が信用されてないってことですかね、とイヤミの一つも言いたくなる。
そのせいか、煽り立ててナンボなヘンデル先生のオーケストレーションが全く生彩のないものになっていたのは極めて残念であった。

後からよくよく考えてみると、結局これは元々パリ・オペラ座でやった企画のうち、アレッサンドリーニとタイトルロール歌手、演出、美術・舞台装置等を日本に持ってきたってことだよね。(なお、延期前の予定ではチェーザレがアイタージュ・シュカリザーダ、クレオパトラはミア・パーションとのこと)
なんとなく、アレッサンドリーニが「お雇い外国人」ぽいポジションに見えたのは私の眼が曇っているせいだろうかニャ(ΦωΦ)

大掛かりな舞台装置、20人もの助演陣、歌手の皆さんのパフォーマンス(それぞれ差はあれど)は良いとして、肝心なところが足りなかったというのが結論である。

なお、私の座席の前の列に背の高いおじさんがずらりと並んでて、頭がかぶって見えねーよ(`´メ)とストレスがたまる中での鑑賞であった。

| |

2022年11月 1日 (火)

「古楽系コンサート情報」11月分更新

「古楽系コンサート情報」11月分(東京近辺)更新しました。
左のサイドバーにもリンクあります。ライヴ配信などは入っていません。

| |

« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »