映画(最近見た作品)

2020年3月30日 (月)

「2人のローマ教皇」:宿命のライバル対決!ガラスの十字架

監督:フェルナンド・メイレレス
出演:アンソニー・ホプキンス、ジョナサン・プライス
イギリス・イタリア・アルゼンチン・米国2019年

これも『アイリッシュマン』同様、ネットフリックス作品で限定上映されたものである。アンソニー・ホプキンスが生前退位(700年ぶり❗らしい)した前教皇、ジョナサン・プライスが現教皇フランシスコを演じる。

フランシスコはカトリック教会内においては改革派だったのだが、ある日当時のベネディクト16世に呼び出される。後者は複数のスキャンダルが発覚し、批判にさらされていた。
対照的な二人が互いに腹を探り合い、チクチクとやり合ってやがて和解に至るという対話劇である。(実際にはこのような会見はなかったとのこと)
その合間に両者の背景や過去のエピソードが挿入される。反対の立場に立つ二人ではあるが、過去に脛に傷持つ身であることは共通なのだった。
ベネディクト16世は子どもの頃にヒトラー・ユーゲントに所属していたこと。フランシスコの方は自国の独裁政権に協力したことだ。

元は舞台劇ということで、なるほど台詞の応酬が続く。しかし豪華な教皇の別荘やシスティナ礼拝堂(ロケは許可されなくて、セットらしい。予算ありますなあ)と場所を変えるので閉塞感はない。
となれば、当然ふたりの教皇役の演技合戦となる。プライスとホプキンスは各映画祭でノミネート&受賞しただけあって横綱同士の対戦といったところか。
陰と陽、保守と改革、ドイツ対アルゼンチン(サッカー)というように対照的な実在の人物を、オヤジ名優たちの演技を通して垣間見る次第だ。

フランシスコが先日来日した時に赤い法被を着たことがあって「教皇にまで法被を着せる日本ってなに!?」という意見が流れていたが、実際は貰ったらすぐに着てしまうような性格なのだとプライスの演技を見て納得した。
二人はそれぞれ実物にそっくりに似せているらしいが、本物の前教皇は目付きがホプキンスというより「猜疑心に満ちたジョー・ペシ」っぽいような……(ーー;)

演出スタイルについては映画には長し、TVには物足りぬみたいな部分も感じさせた。どちらにしてもネトフリでなくては作れない作品だろう。扱っているのが教会の虐待事件など微妙な内容なのも、商業映画では難しい。

ローマ法王になる日まで』で描かれていた独裁政権下の恐ろしいエピソードが、こちらでも幾つか短いながら登場する。
あの映画ではぼかされていた、彼が管区長から左遷された理由がこちらではハッキリと分かった。それと、若い頃と歳取ってからが正反対の性格に見える理由もである。

さて、『ふたりの女王』ならぬ「ふたりの王女」ではないが、マヤと亜弓が「ふたりの教皇」を演じるとしたら月影先生はどう配役するかな?

|

2020年3月27日 (金)

「トールキン 旅のはじまり」:旅から帰還した仲間は二つに分かれて塔で王となった

200327 監督:ドメ・カルコスキ
出演:ニコラス・ホルト
米国2019年

トールキンと言えば『指輪物語』の作者。彼の少年時代から家庭を得て執筆を書き始めるまでをN・ホルトが演じる。
親を亡くして子どもの時から苦労、パブリック・スクールでは仲良し4人組結成(ホビットの原型か)、特に戦死した親友との友情は感動的だ。第一次大戦に従軍すると、その状況が『指輪』と重なる。
もちろんホルトファンは必見。D・ジャコビ、コルム・ミーニイ(懐かし!)が脇を固る。少年時代の子役は繊細な美少年だし、映像については悲惨な戦場までもが美しい。
……と褒めたいのはやまやまだが(-_-;)

見終わって「参考になりました」という感想しか出てこない。まるで「絵解きトールキンの半生」のようである。
言語にこだわり神話までも自分で創り上げようする内的な要因を、形あるものとして映像で描くのは困難なことだろう。だからといって仕方ないと言ってしまえばそれまでよ、である。
ジェフリーとの友情以上恋愛未満な関係も詳しく見せて欲しかった。

何げに様々な部屋で使われている壁紙が見事だったですよ。

|

2020年3月21日 (土)

映画落ち穂拾い 2019年後半その2

200322「ピータールー マンチェスターの悲劇」
監督:マイク・リー
出演:ロリー・キニア
英国2018年

ちょうど200年前に英国で起こった市民虐殺事件を複数の人物を通して描く。6万人の市民が参政権を求めて行進中に、命令を受けた兵士が突入する。
マイク・リーは作風からすると、英国怒れるオヤジ監督の系列には入っていないはずだが、辛辣なまでに実直に人々の思惑と行動をたどっている。
終盤の国王(じゃなくて王太子?)は時代劇の「悪代官」そのままだった。「おぬしもワルよのう(^▽^)」だ。

特定の主人公のいない群像劇で、感情移入する人物がいないせいか世評の点数は低い。参政権運動側にも問題があり、その矛盾をそのままに描いている。
しかし歴史において、何かを企み実行した者、何かをしようとして失敗した者だけでなく、何もしようともせず何も出来ぬまま消えていった無名の者も描いた意義は大きい。

それにしても他国との戦争を兵士としてを生きのびた者が、自国の兵士に殺されるとはなんたる皮肉であろうか。


「シンプル・フェイバー」
監督:ポール・フェイグ
出演:アナ・ケンドリック、ブレイク・ライヴリー
米国・カナダ2018年

DVD鑑賞。アナ・ケンドリックとブレイク・ライヴリーという対照的な二人がなぜかママ友に! それだけで不穏♨ 何か起こりそうでドキドキする。
というか、事件が起こるまでが一番サスペンスフルだったかな(^^;) 起こってしまえば、そういう方向に転がっていくのねと肩すかしであった。

二人の華麗なるファッション合戦を楽しめばいいかという気にもなる。
それと、米国の住居事情は日本と違いすぎて目がくらむ。でも掃除が大変そうだけど。


「ミスエデュケーション」
監督:デジレー・アカヴァン
出演:クロエ・グレース・モレッツ
米国2018年

DVD鑑賞。日本未公開作。
クロエ・グレース・モレッツの高校生が同性愛矯正施設に送られてしまう。『ある少年の告白』とほとんど重なる設定だが、あちらは施設の暴力的な閉鎖性や家族の絆を描いていたのに対し、設定の時代は古いもののこちらの方は施設の管理がゆるく暴力度は低い。
その代わりに若者のジワジワと締め付けられる閉塞感が中心となっている。親も良かれと思ってやっているのだから、どうしようもない。

キリスト教の素材の使い方がうまい。同じ施設の若者たちを演じる役者たちも達者。
モレッツは机の下で泣く場面が良かったけど、いつも同じ髪型完璧にキメているのは不自然と思ってしまった(^^;


「アナと世界の終わり」
監督:ジョン・マクフェイル
出演:エラ・ハント
イギリス2017年

DVDで鑑賞。ゾンビものは苦手だが面白そうなので見てみた。ゾンビ&🎵ミュージカルという大胆な合わせ技で、郊外の高校生活・青春の鬱屈・親との対立・若者の自立などなどがごった煮の如く投げ込まれている。
正統的なゾンビ映画やミュージカルファンは基準が高くなるので評判悪いようだが、どちらにもシロートな者には結構楽しめた。

ヒロインは幼馴染の子をいぢめるようなヤツを好きになるのか?と疑問を呈した人がいたが、私も同感である。
終盤のお父さんの歌には泣けました。(私もトシですかねえ)
しかし彼らはどこへ向かうのか。答えは風だけが知っているのであろうか。
クリスマス映画でもあるので、ぜひクリスマス時🎄に鑑賞をお勧めしたい。
どうでもいいけど、ステージで歌った子は宮沢りえに似てないか(^^?

|

2020年3月20日 (金)

「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」:不良女王と呼ばれて

200320 監督:ジョーシー・ルーク
出演:シアーシャ・ローナン、マーゴット・ロビー
イギリス2018年

DVD鑑賞。言わずと知れたメアリー・スチュアートとエリザベス1世の対立をフェミニズム的視点から見て、双方の和解を男たちが足を引っ張り阻んだとする重厚な歴史劇。まさしく「ヒストリー」ならぬ「ハーストーリー」なのだ。
若く奔放なメアリーと老練なエリザベス、両者を並行して描き、二人の対面は一度だけである。実際の撮影でもローナンとロビーはあの場面でだけの顔合わせとのこと。
演技合戦は迫力の一言。衣装やヘアメイクも素晴らしい。

監督が演劇畑の人ということで「なんか芝居っぽい。このまま舞台になりそう」と思ったのは事実だ。対面シーンの演出も舞台風である。映画的かというとちょっと疑問になってしまう(ーー;)
ストレートに見た面白さという点からいえば、同時期の「女王もの」である『女王陛下のお気に入り』の方に軍配が上がる。

邦題は『ガラスの仮面』に登場する劇中劇を意識してるのだろうか? マンガにならって配役するなら、エリザベスが亜弓でメアリーがマヤになるかね。

劇中のスコットランドでのダンスシーンや宴会シーンで使われている音楽は古楽系奏者を使っているもよう。ダウランドの曲が出てきたと思ったけど、なぜかクレジットには出てこなかった。

なお、DVDの特典メイキング映像を見ると、ローナンと侍女役の女の子たちは常に集団でキャイキャイしてて、映画の内容とは逆に周囲の男性陣(キャストとスタッフ)に脅威を与えていたらしい。若い娘っ子は群れるとコワイからなあ(>y<;)

|

2020年3月11日 (水)

「国家が破産する日」:倒れる人儲ける人憤る人

監督:チェ・グクヒ
出演:キム・ヘス
韓国2018年

1997年に韓国で起こった未曾有の危機である通貨危機を虚実織り交ぜて描く。
経済ものには弱いんで『マネー・ショート』の時には理解しているか自分でいささか心もとなかった。内容についていけなかったらどうしようと思ってたが、実例付きで見せてくれたのでよーく理解できた(という気になれた)。

ほぼ相互に関係ない異なる立場の三者のエピソードが並行して描かれる。
韓国銀行の通貨政策の担当者、危機を見越して銀行を退職した金融コンサルタント、そして庶民代表である町工場の経営者である。
これによって事態が重層的に示される。特に町工場の状況は悲惨。景気がいいからと新しい製造機を発注した途端に危機が始まり……全てを失う。
まさに社会派映画のお手本のようだ。もうこの分野では日本映画はかないませんねえ(+_+)

危機が高まるとIMF(背後に米国あり)が出てきて、手を差し伸べるがそれは極めて悪条件であった。この交渉役にヴァンサン・カッセルが出てくる。このキャスティングはうまい。慇懃無礼でぴったりハマっている。
しかしこの悪条件って、日本でもいつの間にか全く同じ状況になってるじゃないの。非正規雇用とか保険の外資参入とか……⚡ どこの国にも「亡国の輩」「売国奴」はいるんだなあとよーくわかった。

財政局次官演じたチョ・ウジンの悪役演技はお見事なものだった。韓国銀行の女性担当者に対してモラハラ、セクハラ的言動やり放題💢 スクリーンに向かって物を投げたい気分になった。

この映画にも相手の年齢尋ねる場面出てくる。やはりこだわるのだな。

|

2020年2月29日 (土)

映画落ち穂拾い 2019年後半その1

200228a「ペトラは静かに対峙する」
監督:ハイメ・ロサレス
出演:バルバラ・レニー
スペイン・フランス・デンマーク2018年

邦題は違っている。全く「対峙」していない。悪人と弱者の物語である。スペインを舞台にしたイヤな気分満載の作品だ。
いきなり物語の途中から始まって驚かされる。ブツ切りならぬブツ始まりである。また映像が人物からずれていくカメラの視線も面白い。そういう映像や構成は個性的である。

だが見ている間はいいけど、並ではない悲劇が次々と起こり過ぎだ。で、その結末がどうなるかと思うと、結局生ぬるい和解になっちゃうのであった。

問題の彫刻家があまりに悪人過ぎてここまで来ると、「幸福なラザロ」が善人過ぎるのと同様にファンタジーの範疇で処理しないとどうしようもないほどである。

フィルマークスで「シェイクスピアにハネケ混ぜたような」と評している人がいて、確かにその通りだけど、ハネケの悪はここまでファンタジーではないよな。


200228b「トイ・ストーリー4」(字幕版)
監督:ジョシュ・クーリー
声の出演:トム・ハンクス
米国2019年

これも今さらだけど、一応感想を書いておく。
見て泣けはしたけど、色々と問題が多かった。これまでの設定がなかったようになっているのはどうよ? ウッディは友情に厚いから仲間を助けるんじゃなくて、単に役目がないんで新人のお世話係になったみたい。バズに至っては「1」の最初の頃のキャラに初期化されてしまったような気の利かなさである。
「3」で一旦片が付いたのだから、無理せずともスピンオフにすればよかったのではないかね。

そもそも玩具の縛りがなくなって、なんだかもう妖精みたい。それから凸凹コンビのダッキー&バニーは最初の目的がどんどん変わっちゃうのもよく分からん。

友人が「旧作でボーが突然消えた時点で、もうこの話考えてたんじゃないの」と言ったんだけど、本当にそうなのか?
子ども部屋からはトトロが消えていた。J・ラセターの縁の切れ目がトトロの切れ目💥


200228c「Girl/ガール」
監督:ルーカス・ドン
出演:ヴィクトール・ポルスター
ベルギー2018年

トランスジェンダーの少女がバレリーナを目指す。そのためにはバレエ学校に通わねばならぬ。
見ててつらい・苦しい・つらい……の連続な気分になる。特にテープの描写が身にこたえる。
だがラストの行為は「えっ、これで大丈夫なの!?」と驚いてしまった。あれでいいのなら、長い時間をかけての投与とか手術とか要らないのではないか。
当事者や医療者はどう考えるのか知りたいと思ってネットを調べたが、配役の問題(若い男性のダンサーが演じている)しか出てこなかった。

同じバレエ学校の若い娘っ子たちの自覚なき悪意がコワい。見終わった後はどっと疲れた。


200228d「田園の守り人たち」
監督:グザヴィエ・ボーヴォワ
出演:ナタリー・バイ
フランス・スイス2017年

第一次大戦中のフランスの農村、兵隊に行った男たちの代わりに農作業にはげむ女たちの姿が、悠然とした時間の中で絵画のごとく捉えられる。まさに「種蒔く人」そのまま。機械が導入される直前なので重労働だが、その地道な姿こそが「生産」だと感じられる。

しかし、自然や農作業の丁寧な描写に比べ人間の描写はややいい加減ではないか。人手を補うために雇った若い娘に対し、豹変する女主人の態度(人間とはそういうもんだと言われてしまえば終わりだが)が突然すぎるし、自分の娘との対立も前触れなく唐突だ。

女性の登場人物が多くてフェミニズムの文脈に乗っているように見えるが、実際にはその行動原理は常に「男」に認められるかどうかなので、それはどうなのよと思う。
しかもそういう生き方を淡々と肯定的に描いて来たのに、最後それをひっくり返してみせるのは意図不明である。

人間関係がどうなっているのかほとんど説明がなく、途中までかなり混乱した。
なお、次男が自国に駐留してきた米兵に敵愾心を抱くのは、自分の領分の「女」を奪われるからだろうとイヤミに解釈したい。

|

2020年2月27日 (木)

「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男」:敵の味方は味方の敵ならず

200227 監督:ユン・ジョンビン
出演:ファン・ジョンミン
韓国2018年

37度線を挟んだ男の友情を描くスパイ・サスペンス。元・軍人の男が工作員として任命される。
北京、黄昏、盗聴、ホテルの小部屋、口笛、男の涙……みたいな感じでスピーディに話が進む。南側の工作員である主人公は北朝鮮政府の要人に接触して信頼を得る。部内でも正体を知っているのは3人だけ。輸出を口実にして遂にはあの人と拝謁👑にまで至る。
だが真の敵は37度線の向こうではなくこちら側にもいたのであった。

てな具合でハラハラドキドキ💦が続き、心臓に悪いぐらい。これがなんと実話だというから驚き(!o!) 主人公のモデルは今でも健在である。金大中大統領誕生の陰にこんな事実があったとは驚きだ~。
政情不安だった韓国の過去を背景にしてこそ生まれたドラマであろう。
主人公の本心を隠すスパイの作り笑いがいつしか本心へと吸収されていく。思わず泣かされた。

137分の長さを忘れるほどに男同士の熱い友愛💖がてんこ盛りで萌えに燃えまくり。そちらの方も期待を裏切りません。

ところで、韓国映画で相手の年齢尋ねる場面をよく見るのだけど、これってどちらが目上・目下か確認するため? 数か月の差でも決まるのかしらん。

|

2020年2月17日 (月)

「ある女流作家の罪と罰」:嘘つきは作家の始まり

監督:マリエル・ヘラー
出演:メリッサ・マッカーシー
米国2018年
DVD鑑賞

作家や有名人の書簡を偽造した実在の作家が主人公である。
作家の才能は尽き、金も友もなく、アル中っぽい上に性格は悪くて嘘と悪態つきっぱなし、部屋はけた外れに汚い(いわゆる汚部屋。ネコだけはいる)。ネコ以外にプラス要因全くなしという中年女にはとても共感できるものではない。
唯一のゲイの友人とは険悪に、にっちもさっちも行かなくなって昔パートナーだった女性にすがろうとするも、厳しく突き放される。

でも金が出来て余裕が生まれれば少しずつ全てが上向きに進むようになる。ただ、その金が偽造という犯罪によるものなのが問題なのだが。せっかく古書店の女主人と仲良くなっても騙し続けるしかない。
どうしようもない人物なのだが、見ていて段々と身につまされてチクチクとくるのだった。そして、遂に真実を語る時が来る。

日本で公開されずビデオスルーになってしまったのは、美男美女が全く出てこないということとや、涙の感動モノでもないということからだろう。残念である(=_=)

メリッサ・マッカーシー(コメディアン出身の人は演技の才能豊か)とリチャード・E・グラントは確かに演技賞ものだった。ただ、ほとんどがノミネートで終わってしまったけど……。
欠点だらけの人間を美化することなく欠点のまま演じられるのは大したものだ。
マッカーシーが出ているのでコメディだと勘違いしている人がいるようだが、これはコメディじゃないよ!

邦題はなんとかして欲しい。この年のワースト邦題第2位に値する。(1位は「ビリーブ 未来への大逆転」)

|

2020年2月16日 (日)

「死の教室」:冥土からの宿題

200216 監督:アンジェイ・ワイダ
ポーランド1976年

東京都写真美術館のポーランド映画祭で上映。演劇史上有名なタデウシュ・カントルの作品を、ワイダが上演時に映像として記録したものである。カントルの芝居は日本でも過去に上演されたことがあるらしいが、全く見たことがないので、そもそもどんなものなのかと知りたくて行った。

地下蔵みたいな狭苦しい空間に観客が続々と入ってくる。若者が多い。
教室を模したステージに木製の机が並び、客は教室の横面から眺めることになる。しかしカメラは舞台の端に据えられていて、「生徒たち」の顔を正面から撮る。舞台の段差がないので時折客の顔も映るのだった。

「生徒」はみな大人の死者であり学校の制服を着ていても中高年の男女だ。子ども時代の自分を表す人形を抱えたりしょったりしている。なぜか窓枠を持った女教師もいる。
ワルツに乗って立ったり座ったり、号令で一斉に教室を出入りし、突飛な動作を行なう。質問されて答えるという授業もどきもあるが、一貫して台詞は全く意味を持たず、様々な言語が中途半端に混ざる。
結局のところ、死者たちが子ども時代を懐かしんでひたすら授業を模したバカ騒ぎを続けるだけに見える。シュールで不条理でデタラメ、理解はできないが退屈ではない。

謎なのは、素のままのカントール自身が同じ舞台上にいて、何やらキューを出したりしている。本人が言うには音楽を流す合図をしているだけというのだが、何も死者メイクをした役者たちに混ざってウロウロする必要はないだろう。
見ようによっては、この教室の担任、あるいは神のような存在として支配し動かしているようにも思える。

背景をよく知らずに鑑賞したのだが、大騒ぎする死者たちに深い沈鬱と抑圧を感じた。いくら生きている頃の真似をしても生者に戻れるわけではない。号令と音楽に合わせて動くしかないのだ。
この芝居を実演で見たらどう感じるだろうか。また、演技力のない役者がやったらどうなるか? そもそもこのような役柄に対しての演技力とは何なのか(メソッド演技ではできないだろう)などムクムクと疑問がわきあがり考えてしまった。

一行が地下蔵を飛び出して外を歩き回る場面が数回挿入されている。これはワイダのアイデアらしい。彼も舞台演出をしているせいもあるだろうが、撮影時カントルと衝突したとか。

とりあえず、普段見られないような珍しいものを見させて貰いました(^^)

|

2020年2月14日 (金)

「アイリッシュマン」:別れろ殺せはマフィアの時に言う言葉

監督:マーティン・スコセッシ
出演:ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、ジョー・ペシ
米国2019年

昨年の映画で話題性では一、二を争う本作。
その理由の一つはスコセッシが盟友の役者三人と共に作ったこと。もう一つはネットフリックス製作で本来なら加入者以外は見られないはずが、映画賞獲得のためか事前に(どころか配信開始後も)映画館で公開したことだ。
しかも尺が209分💨 映画館でイッキ見するにはつらいし、単品TVドラマ1本としても長い。帯に長くてタスキにはもっと長いのであった。

内容は実話で、数十年に渡り労働組合委員長とマフィアが協力して組合を牛耳り、年金を勝手に運用。やがて双方が離反して謎の失踪事件が起こる。
これは米国では有名な事件とのこと。いまだに元委員長のホッファがどこへ消えたのか分からない。この映画は彼を殺したと証言する男が主人公である。

時系列は戦後すぐ、失踪事件直前、さらに事件を主人公が老人ホームで回想するという三つの時系列に分かれている。
数十年に渡る話だが、昔の場面は若い役者を使うのではなく顔をCGで若返らせている。ただ、シワを減らしても髪形などはほとんど変わらないし、そもそも体格や歩き方は本来の年齢そのままに年寄りっぽいので正直あまり区別がつかないのであった。

長丁場で見応えあるものの地味すぎる。ネットで見たら中途脱落者が多いかも。
そういう意味では映画館向きか。ただ全体の97%がオヤジの顔ばかりで占められているので、ヒットは見込めそうにない。ハリウッドで企画が通らなかったのは「きれいなおねーさんの出番はないのか」という要請に応えられなかったからでは?なんて余計なことを考えたりして。

ストーリーとしては、第二次大戦以降の米国現代史を背景とした義理と人情の板挟み💥止めてくれるな娘よ、誓いの指輪が重たいぜ、みたいな調子だ。
ジョー・ペシのマフィアから、ホッファ(アル・パチーノ)に派遣された用心棒兼助手(?)のデ・ニーロの煩悶……スコセッシ的世界&人間関係を彼のお気に入りの役者を使って思うままに描くという、まさにスコセッシ節全開の作品と言えよう。

さぞファンは大喜び\(^^)/……かと思ったらそうでもないらしい。
例として挙げると→こういうことらしい。「暴力のアミューズメントパーク」を期待して行ったのに「有害な男性性」が描かれていて、しかもスコセッシは心ならずもそうせざるを得なかったというのだ。
これには驚いた。まともに見ていれば背景はマフィアの世界であっても、前作の『沈黙』にかなり近い作品だと分かるはず。すなわち周囲の世界の重圧と自らの信念の相克、である。このような監督のファンを自称してる人は『沈黙』をどう評価してるのよ(?_?)

役者の演技としては、攻めのパチーノ、受けのデ・ニーロといったところか(いかがわしい意味ではありません!)。そして怖いジョー・ペシ、彼は本物の迫力--確かコッポラ(だと思う)が「J・ペシは本物だ」と言っていた--をジワジワと発揮。
しかし一方で完全にブロマンスであり、フ女子が燃え上がっても仕方ない。意味ありげに三人の男の間で行き交う腕時計と指輪でさらに燃料投下🔥だ。

スコセッシも含め四人は様々な映画賞にノミネートされたが、多くは受賞はできなかった。彼らはオスカーも過去に貰ってるし……やはり世代交代ということですかね。元々スコセッシはオスカー運が悪いけど。

このホッファという人物は『ホッファ』(1992年)でジャック・ニコルソンが演じている。アカデミー賞とラジー賞双方の主演男優賞にノミネート。どんなものか、ちょっと見てみたいぞ(怖いもの見たさ)。

|

より以前の記事一覧