映画(最近見た作品)

2018年4月24日 (火)

「シェイプ・オブ・ウォーター」:イリーガル・エイリアン 鰓から愛して

180424
監督:ギレルモ・デル・トロ
出演:サリー・ホーキンス
米国2017年

遂にヲタク監督がアカデミー賞をcrown しかも監督賞と作品賞だっ。感動と涙に包まれた授賞式fujiおめでとうヽ(^o^)丿
もちろん期待を目いっぱい大きくして映画館へ向かったのは言うまでもない。

しかし、またも期待は裏切られたのだよ(ーー;)
シリーズ「期待したけどダメだった」パート3だ。(なおパート1パート2はこちらであります)

『美女と野獣』をひっくり返したような「美人でもない中年女と半魚人」の恋である。事前にあらすじを耳に挟むにつれ、こりゃ、どうもおとぎ話的ファンタジーじゃないということが分かってきた。
となると、私としては「卵生の魚と人間では生殖器の構造が違い過ぎて、どうやって××致すのであろうか(^^?;)」な点がすごーく気になってくるのだったdash
実際見てみると、冒頭からヒロインの風呂での○○場面が出てきて、エロさ回避しません宣言がなされるのである。

彼女はロクに姿も見てない(オスかメスかどうかも不明)囚われの半魚人を、積極的に自分から誘う。どうして誘うかは不明である。
もっとも、相思相愛的雰囲気になってからは純愛モードになる。しかしドタバタの脱出劇の行く末は、グロと暴力となるのだった。

ハンディキャップを持つヒロインを助けるは同僚の黒人女性、隣人のゲイの画家、ソ連のスパイ。対する敵役は--M・シャノン演じる男は、かつて彼が『ボードウォーク・エンパイア』で演じた捜査官をそのまま持ってきたようなヘンタイ野郎である。

冷戦下の時代だから軍の陰謀やスパイ話が出てきても不思議ではないが、マイノリティの問題を入れて、「美女と野獣」だけでなく「人魚姫」や「シンデレラ」、あるいは往年のミュージカル映画の数々(ヒロイン名は『マイ・フェア・レディ』?)など様々な要素を散りばめて、さらに全体の雰囲気はJ・P・ジュネ(&キャロ)っぽいという荒業は見事なもんである。よく出来ていると感心した。

しかしながら、納得できない点が多々あり、感心もいささか薄まってしまう。
そも冒頭から一瞬しか見てない半魚人を誘惑しようとしたのか描かれてないし、同僚は彼女から××したと聞いても全く驚かないし(いくらなんでも少しぐらい驚くんじゃないの)、半魚人は終盤では全知全能の神様みたいになっちゃうし……だったら最初からその力発揮しろよと思っちゃう。
風呂の場面もなんだかわざとらしくて白けてしまった。S・ホーキンスがやはり出ていた『パディントン』でも似たような場面があったが、参考にしたんだろうか。まあ、雰囲気は全く異なるけど。
それから、川で捕まったのになぜ塩が必要なのか(?_?)という案件もありましたな。
おとぎ話って、別にいい加減な話ということじゃないよな。なんだか、B級物語をA級の技術で描いたみたい。

というような事情で、今一つ素直にノレなかったのだった。
もちろん、役者の皆さんの演技はA級。段々キレイになっていく主役のサリー・ホーキンス、手話で必死に喋る所は迫力だ。
オクタヴィア・スペンサーは定番の「善意の隣人」ならぬ「善意の同僚」役だが、ここまで来ると立派な職人芸である。M・シャノンのヘンタイ悪人も職人の技であろう。

さて、もう一つこの映画は「美人でもない中年女の性欲を素直に肯定している」ということでも評価する意見がある。
しかし、ひっくり返して考えてみると美人で若くてキラキラした女の子shineがヒロインだとして、そんな娘さんが風呂の中で○○したり半魚人を誘惑したり、どこかへ行っちゃう……などという話を許容できるだろうか。よーく考えてみて欲しい。

| | トラックバック (0)

2018年4月16日 (月)

「スリー・ビルボード」:ファイア・パトロール 非のない所に看板は立たぬ

180416
監督:マーティン・マクドナー
出演:フランシス・マクドーマンド
イギリス・米国2017年

町はずれに立つ、3枚の古く巨大な赤い看板。そこにレイプ殺人の事件捜査が遅々として進まぬことへの警察批判が掲げられた。怒り発心annoyで広告会社に依頼したのは、被害者の母親である。田舎町は大騒動に……。
こりゃ面白そうだ。おまけに映画賞に幾つもノミネートされ、二人の役者はアカデミー賞大本命(私が見た時点では。その後受賞した)。詰まらないはずがないnotes

しかし、期待は裏切られたのだよ(ーー;)

極端な設定で話を次々と展開していくのはいいけど、いかんせんわざと過ぎるところが目立ちすぎませんか(^^?)

署長はあんなにマメに手紙を書いたんだから、ついでに新聞社に「今回の件は彼女と関係ありません」ぐらい送ってやれよ。→主人公、さらに窮地に。
犯罪者でもない人を一人窓からブン投げてお咎めなしの警官。いや、これは米国のド田舎は実際そんなもんかも(>y<;)コワー
そしてブン投げられても許す男。ここは感動的場面と決まっている。
さらに改心する男。ここも上書きで感動だ。
突然の鹿登場。抒情的場面(やはり感動)。

それから火事……私は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』の冒頭で、小枝グルートが踊ってる場面を思い出して笑ってしまった。だって、あれで気付かないって不自然じゃないのsign02 あと「裏口はないのか?」とも思っちゃった。

監督脚本は英国人の劇作家らしいが、わざと不自然なほどに極端な設定をした上で、それをひっくり返すような行動をさせたり、異なる一面を見せれば感動が生まれる--というのが彼の作劇術なのかね。

まあ、自分の性格&体質に合わんものを見てしまった(+o+)ということで仕方なかろう。
それでも役者の方々の演技は立派。主役のフランシス・マクドーマンドと「悪い警官」役のサム・ロックウェルがオスカーを手にしたが、特にマクドーマンドの後ろ頭の剃り上げがスゴイshadow 触ればジョリジョリと手に刺さりそう。
ルーカス・ヘッジズが真面目な息子役で地味ながら登場。実はこの子が一番とばっちり受けてんじゃないの?という印象だった。


| | トラックバック (0)

2018年4月14日 (土)

「エル ELLE」:スキャンダラス・ウーマン 女、外に出れば7人のヘンタイあり

180414
監督:ポール・ヴァーホーヴェン
出演:イザベル・ユペール
フランス2016年

予告ではサスペンス・スリラーのように宣伝していたが、実際見ると全く違った。私が思い浮かべたのは『大人の事情』のような、人間のバカバカしさを描いた喜劇であった。

アダルトゲーム会社を経営するヒロインは或る夜、謎の侵入者に自宅で襲われる。しかし彼女は警察に届け出たりせず、平然とそのまま息子に会い、友人たちに被害を告げて反応を見る。自分で犯人を探し出そうと画策するのであった。
もっとも、彼女は子供の頃に父親の犯した犯罪に巻き込まれた過去があるので、「被害者」にはなりたくないということで警察沙汰を敬遠したかったのかもしれない。

ここで、周囲の男たち(容疑者候補も含む)がロクでもない奴ばかりなのが描かれる。元夫、親友の夫、息子、母の愛人、若い社員たち……。
もっとも、女の方はマトモかというと、そんなことはない。これまたどうしようもないのである。母親、息子の嫁、親友、母の愛人の浮気相手……。極めつけは隣人の妻だろう。彼女の最後の発言には、観客全員があきれるはずである。

こんな変人たちに比べたら、確かにヒロインは言動が過激とはいえ、まだマシかも知れない--などと思えてくる。
あと宗教に対する皮肉はかなりなもん(^_^メ)

ヴァーホーヴェンの演出は一貫して登場人物の心理を描かず、ただあきれた行状をそっけなくスクリーンに映し出すのみ。
ここから得られる教訓は--ないっempty 苦笑するだけである。

| | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

「女の一生」:ターゲット・オブ・ラブ ジョウロいっぱいの愛を

180411
監督:ステファヌ・ブリゼ
出演:ジュディット・シュムラ
フランス・ベルギー2016年

なぜ今『女の一生』映画化sign02 それもスタンダード・サイズ画面とは(!o!)
すみませ~んm(__)m モーパッサンの原作読んだことありませんng
本来ならばパスするところではありますが、見ることにしたのは監督が「ティエリー・トグルドーの憂鬱」のステファヌ・ブリゼだったからである。

ヒロインのジャンヌは男爵家の一人娘。父母に愛されて育つが、教育のため窮屈な修道院へ。やっと開放されて、素敵な殿方と結婚heart02と夢を膨らませる。しかし、夫となった二枚目のカッコエエ子爵はまさに「色男、金と力はなかりけり」を地で行く野郎で、加えて誠意もない食わせ者なのだった。

なんと彼女の親友とも言える召使娘に手を出してしまう。破局寸前のところで今度は彼女が妊娠。夫に裏切られた代償か、今度は生まれた息子を溺愛するも、彼は父親譲りらしくどうしようもない甘えん坊の浪費家なのであった。おかげで家は没落していく。

と、ロクでもないエピソードが延々と続く。しかもこの監督の手法で、重要な事件の場面を直接描かずその後のリアクションだけを見せるので、ドラマ的に盛り上がることはない。

多く時間が割かれるのは、自然と四季の描写であり、ヒロインがその中にたたずむ姿が繰り返し登場する。頻出する海辺の場面は寂しく陰鬱である。
一方、夕刻の室内の場面なども照明が完璧で、まるでラ・トゥールの絵画をそのまま再現したかのようだ。

父親から庭園の手入れの仕方を教わり、菜園にジョウロで水をやる場面も繰り返される。「あふれる愛をただジョウロで注ぎ続け、息子を根腐れさせてしまう」という感想を書いてた人がいて、思わずウンウン(゚ ゚)(。 。)と頷いてしまった。
彼女は水をドボドボ注いで、いつもその泥の跳ね返りがスカートの裾を汚しまくっても全く気に留めないのであるsweat01 象徴的なシーンといえるだろう。

ラストは、それまでの彼女の下降人生を一変fuji新たな希望を得たように見える。しかし、「懲りずにまた同じこと繰り返すんじゃないの(^^?)」と観客が思っちゃうのも事実。監督はあくまでもヒロインを冷厳に突き放して描くのであった。
主役のジュディット・シュムラも世間知らずなお嬢さんから頑迷な初老の女まで見事に演じている。
善きにつけ悪しきにつけ、まさに「女の一生」はかくの如しなのだった。

前作では劇伴音楽は使用してなかったと記憶しているが、今回は幸せな場面のみフォルテピアノによるデュフリと(名前読み取れなかった)もう一人の作曲家の曲を流していた。ちょうどフォルテピアノが使用されていた時代のようだ。


| | トラックバック (0)

2018年4月 9日 (月)

「デトロイト」:ミッドナイト・モーテル 暴動の響き

180409
監督:キャスリン・ビグロー
出演:ジョン・ボイエガ
米国2017年

おお、久しぶりの社会派バリバリのドラマだ~shine--と期待して映画館に駆け付けたのだが、それは全くの見込み違いであった。

1967年に起こった黒人暴動を背景に行われた警官3人+警備員1人による事件。多くが存命中の各人の証言を元に復元(?)されているので、不明瞭な部分は不明瞭なままなのである。裁判沙汰になったのだから、ウッカリしたことは言えないだろうから曖昧になってしまうのは仕方ない。
ただ、映画の方も不明瞭になってしまっては元も子もないのではないか。

例えば、警備員(黒人)が持ち場から離れて、犯罪の舞台となったモーテルまで行ってウロウロしていたのはなぜなのか。いくら暴徒を警戒するったって、やり過ぎでは(?_?)と思っちゃう。

それから白人警官たちが発砲事件尋問で行う「死のゲーム」も謎である。これはそのモーテルにいた全員が発砲を見たという仮定でなければ成り立たない。
早い話が、たまたま「死人」役の男が実は単独で隠れて発砲してたのだったら、他の者は何も知らないのだから、長い時間かけて幾ら脅しても無駄である。
となれば、このゲームは単にその場にいた住人たちをいたぶるためにやっていたに過ぎないのでは?……というような当然の疑問については、この作中では言及されない。
「玩具の銃」についてもよく分からない。

煮え切らない証言をそのまま再現した映画は、煮え切らないままに終了するのである。
別に唯一の「正解」を求めるわけではないが、「えーと、あなたのお考えではどうなんで?」と作り手側に聞きたくなっちゃう。

さもなければ、これは尋問に合った黒人たち(+白人女性2人)の理不尽な恐怖だけを観客に体験させるものなのであろうか。だとしたら、社会派風に見せるのはやめてホラー映画だと言っていただきたい。

ただ、尋問場面をウリにするには前半が長過ぎだった。
それと群像劇の形を取っているが、視点が分散し過ぎてとっちらかっている。心情を描くのは歌手だけにしといた方がよかったのでは?

過去に見たビグロー監督の作品(「ハート・ロッカー」「ゼロ・ダーク・サーティ」)いずれもやはりおなじ印象を受けた。
どうも、ビグローとは相性がよくないようだ。

日本ではアカデミー賞候補確実flairと見込んで時期をずらして公開したようだが、残念ながら全く候補に入らなかった。そもそも米国では全くオスカー狙いではない早い時期の公開だから無理だったろう。
「悪い警官」役のウィル・ポールターは助演男優賞にノミネートされてもよかったかも。でもサム・ロックウェルと役柄がかぶっちゃうから、どのみちダメだったろうね。


| | トラックバック (0)

2018年3月12日 (月)

「残像」:戦争に勝ち革命に裏切られ権力に負けた

180312
監督:アンジェイ・ワイダ
出演:ボグスワフ・リンダ
ポーランド2016年

アンジェイ・ワイダ渾身の遺作は、ポーランドの画家ストゥシェミンスキの最後の数年を描くものだ。
この画家は第一次大戦で片手、片脚、片目の視力を失ったという。その後、画家としての名声を得て、第二次大戦終了後は大学で美術を教えている。面白そうな授業が、短いながら描かれる。

しかし、そこへソ連の影が覆い始める。アトリエの窓に赤い旗が降りてきて、部屋が真っ赤になってしまうのは極めて印象的な場面だろう。
アヴァンギャルドな抽象絵画を描く彼に大学は共産主義を賛美するリアリズム作品を求めるが、それは到底無理な話だ。かくして、展示室から彼の作品は外され教授の職もクビになってしまう。無職では配給切符も貰うことができず食料も絵具も入手できない。
支える教え子たちも逮捕されたりして周囲から去っていく。

誠に陰々滅滅とした展開といえよう。ラストシーンに至ってはさらに追い打ちをかけるようだ(> <)
半身を国家に捧げたにもかかわらず、最後はこの仕打ちである。体制の如何を問わず、権力が個人をやすやすと叩き潰せるのを容赦なく描いている。
画家の人生に託して監督自身を描いているからだろうか、何やら恨みの感情がヒシヒシと伝わってくるのであった。

もっとも、娘(中学生ぐらい?)が登場するエピソードはまた別の色合いを見せていた。母と共に別居していた少女は体制に順応して生きているが、父親の愛人の存在にはガマンできない。まあ、娘としては仕方ない反応かと思うが、彼は笑ってやり過ごすのである。(正直、この娘の存在をどうとらえたらいいのかよく分からん)

ラストのクレジットの背景には彼の作品の色鮮やかなコンポジションがアニメ化されて、躍動的に動く。しかしバックに流れる曲は陰鬱だdown

芸大の講義で、彼はゴッホの絵のスライドを見せながら「絵画とは認識である」と語るのが面白かった。そして「人は認識したものしか見ていない」とも。
そういや、将棋の藤井四段(当時)は中学校で、なんで美術を勉強しなければならないのかと質問したそうだが、こういう風に答えれば良かったかもね(*^^)b


| | トラックバック (0)

2018年2月13日 (火)

「少女ファニーと運命の旅」

監督:ローラ・ドワイヨン
出演:レオニー・スーショー
フランス・ベルギー2016年

ドイツ占領下のフランス。親元から離れて暮らすユダヤ人の子どもたちの施設が摘発される。鉄道で逃亡を図るが、大人とはぐれてしまい子どもだけでスイス国境を目指すことになる。ほとんど放浪状態である。

子どもばかりが画面の大半を占める作品だが、極めてシビアな話だ。途中で様々な大人たちと出会っては別れる。密告する神父もいれば、親切な農夫もいる。

子役がうまくて感心。また、年齢ごとに微妙に異なる行動や反応をうまく演出で描き分けている。
同じく実話で、やはり親とはぐれたユダヤ人の少年を描いた『ふたつの名前を持つ少年』を思い出した。当時、こんな風にさまよったユダヤ人の子どもが多かったのであろう。

小さい子が「ユダヤ人って悪いの?ならやめちゃえばいいのに」と無邪気に質問する場面がさりげなくツラい。

| | トラックバック (0)

「静かなる情熱 エミリ・ディキンスン」

180213
監督:テレンス・デイヴィス
出演:シンシア・ニクソン
イギリス・ベルギー2016年

名前だけは有名だが、日本では今一つポピュラーとは言えない米国女性詩人の生涯を描く。最も米国でも評価されたのは死後だったとのこと。事件らしいことはほとんどなく内省的な日々をひたすら綴るものだ。

19世紀の清教徒的な生活とはこういうものかと思った。夜、詩を書くのも父の許可を得なければならない時代ならば、家に引きこもるのも自分の魂を守るためであろうか。

ただ「静か」過ぎるのが難。会話の切返しの繰り返しが続く場面が多く、そういう意味では「退屈」かも。観客の中にさかんにあくびするオヤジがいた。
また、見ている場面が何歳ぐらいの時なのかという説明がなくて分かりづらかった。

主演のシンシア・ニクソンは自ら望んでいた役柄ということで、まさに静かなる熱演であった。


| | トラックバック (0)

2018年2月10日 (土)

「ブレンダンとケルズの秘密」

監督:トム・ムーア
声の出演:エヴァン・マクガイア

「ケルズの書」に着想を得たという中世ファンタジー・アニメ。絵柄がかなり個性的で、中世の絵画のように遠近法がない。さらに自然や人・動物はケルトの文様風で、下手すると抽象画のように見える。

ヴァイキングの襲撃が続くアイルランド、修道院で写本を書く少年が悪鬼と闘い、襲撃者を蹴散らす力を得る。修道院の周囲の、得体の知れぬ森には何者かが潜み、彼を助ける。
意外にもネコが大活躍cat オッドアイの白猫でカアイイです(^^) 部屋へ忍び込む場面に流れる歌が心にしみる。

修道院が舞台にもかかわらず、確かにキリスト教的なものはほとんど登場しない。代わりに極めて原初的で素朴な世界が描かれる。
猫とケルトものが好きな人に推奨。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「カーズ/クロスロード」

180210
監督:ブライアン・フィー
声の出演:オーウェン・ウィルソン
米国2017年

ハリウッドのセクハラ告発の波はピクサーのJ・ラセターにまで及んだ。ラセター、お前もか(!o!)
だが、その内容は「セクハラ」などというイメージを遥かに越えたものであった。女が会議に参加してるとコーフンして会議できないdanger--みたいな話で、これはもはやビョーキの域であろう。

そんな内実とは逆に、新作の「カーズ」3作目はもう若くはないと自覚する主人公に対し、ヒスパニック系とおぼしき女性車(^^?)を副主人公に配するというもの。
ただ、見ていて「盛り込み過ぎか」と思われる節もある。

スクールバスのオバサンが非常に恐ろしくてビビる。(この田舎のレースの件りは爆笑だがfuji)もうスクールバスには絶対近寄らないぞっと<`~´>
車の世界でスクールバスに乗るのは「子車」? 子車が育って大人車になるのか。謎が多い。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧