古楽(2021年~の記事)

2023年1月23日 (月)

「レゼポペ来日公演~夜のままで」:楽譜以上

230123 会場:北とぴあさくらホール
2022年11月18日

ルイ14世時代の宮廷歌曲の世界、歌うはクレール・ルフィリアートルである。レゼポペは彼女とステファン・フュジェ(チェンバロ)、日本在住のエマニュエル・ジラール(ガンバ)がメンバーとなるグループだ。
非常に覚えにくい名称だが(私だけ?)、フランス語で「叙事詩」という意味らしい。

休憩なしで80分の予定とのことだったけど実際は100分ぐらいになった。テーマはルイ14世時代の宮廷歌曲(いわゆるエール・ド・クール)で、これには二種類ある--「物憂げで優しい性格の曲」と「舞曲をモチーフにした遊び心ある曲」--というのは初めて知った。
取り上げた作曲家はリュリ、ランベール、あと初めて聞くようなド・ラ・バール、ダンブリュイという名もあった。

サブタイトルとなっているル・カミュの「夜のままで」で開始。フュジェが曲解説するのをジラールが訳したり、彼らが同時代の器楽曲を弾く時にはルフィリアートルは舞台から引っ込むという形で進んだ。
彼女の歌声は力強くかつ繊細で美しかった。以前の来日公演よりもさらに進化ならぬ深化したようである。1300席ある会場は古楽器の3人編成に向いてるとは言えないが、完璧にふさわしく声をコントロールしていた。
特にシャルパンティエの2曲目は、消え入るようなガンバの音と歌との掛け合いが強く印象に残った。周囲の空間にしみていくような演奏だった。

おかげで12月に控えるオペラ『アルミード』への期待は爆上がりしたのであった。ドーン🎆(爆上がりする音)……しかし(後の記事に続く)

ジラール氏が楽譜を落としながらもやっていた曲間の解説の通訳は、日常会話ならともかく専門的な話だとやはり大変だったもよう(;^_^A 時間が予定より伸びたのはそのせいかな。
フランス語で喋るフュジェ氏当人と会場の聴衆の双方が段々と「なんか喋ってる量と通訳された量に差があり過ぎないか(?_?)」という疑問にとらわれてくるという--💦
やはりできれば通訳係は別にいた方がいいようですね(^^)

この時の話で面白かったのは「トンボー」についてである。普通「追悼曲」だろうと思うが、正確には亡くなった人のキャラクターを表す曲とのことらしい。すると、陽気な人物なら陽気な曲になるということか。
実はプラムゾーラー&アンサンブル・ディドロが演奏したルベル作曲の『リュリ氏のトンボー』の録音を聞いた時に、他の演奏家ならゆっくり弾いているところをやたらと激しくてテンポが速くかった。あまりに激越なんんで、故人が墓から起き上がるのではないかとビックリしたほどだ。しかしリュリがそういう人物だとして考えれば納得である。

さて、彼らの知名度が低いせいかこの時の客の入りはお世辞にもいいとは言えなかった(空席の方が遥かに多い)。二階席を入れると北とぴあさくらホールは1300席だが、つつじホールなら400席。プログラム内容も合わせて考えるとこちらの方で聞きたかった。
音楽ホールについては「大は小を兼ねない」というのを分かってくださいよ~(>O<)

 


バロック歌曲の旋律は豊かな装飾に彩られていても、基本的には朗読的なものであり、その解釈は楽譜以上のものでなければなりません。

(プログラムより)

| |

2023年1月 1日 (日)

聴かずに死ねるか! 古楽コンサート2023年1月編

これまではサイドバーに「古楽系コンサート情報」コーナーを設けて広範囲に情報を集めて掲載してきましたが、あまりに公演数が多くなってきたのと、演奏家がSNSで個別に情報発信するパターンが増えてきてとらえ切れないという理由から中止することにしました。
以後は「コンサート情報」以前の「聴かずに死ねるか!」を復活させ、自分の興味のあるもの、知っている演奏家などに限って掲載したいと思います。
従って、私の自宅から行きにくい遠方の会場などは内容が良くてもカットしてしまう可能性もありますので、そこのところはご容赦くだせえ。


事前に必ず確認してください。

*10日(火)ジュスタン・テイラー:王子ホール
*13日(金)教皇マルチェルスのミサ グレゴリオ聖歌とルネサンス・ポリフォニーによるミサ形式の演奏会(ヴォーカル・アンサンブル カペラ):東京カテドラル聖マリア大聖堂
*14日(土)スクランブル古楽(コレギウムSpace 415):梅若能楽学院会館
*15日(日)花咲く日々に生きる限り ソプラノ二重唱で奏でるうた2(大森 彩加ほか):松明堂音楽ホール
*19日(木)鶴見 de 古楽 PRISMのバッハ コラールと「フーガの技法」(プリズム・コンソート・オブ・ヴァイオルズ):横浜市鶴見区民文化センターサルビアホール
*21日(土)オンヴェラ,キャトリエム 抒情的な室内の音楽たち(石川友加里ほか):サローネ・フォンタナ
*  〃   ヴァイオリン音楽の黎明(丸山韶&西山まりえ):マリーコンツェルト
*  〃   バロックコンサート ベルカントオペラフェスティバル イン ジャパン(レイ・シェネーほか):イイノホール
*22日(日)Klingelt die Rohren! 管楽器とオルガンによるアンサンブルの源流(トゥビシネス・カンペストリウム):松本記念音楽迎賓館
*27日(金)バッハの音楽宇宙 鍵盤楽器の真髄を聴く(鈴木優人):所沢市民文化センターミューズキューブホール
*  〃   江崎浩司メモリアルコンサート(タブラトゥーラ):ハクジュホール ♪完売です
*29日(土)2023第五日曜日ライヴシリーズ 触れ、振れ、揺れ、融け 2023-Special 新春五人囃子の宴(大西律子ほか):榎の樹ホール


15日夜、NHK-BS「ブレミアムシアター」にてビオンディ指揮のヘンデル「シッラ」(神奈川県立音楽堂)の放映があります。行けなかった人は必見です。

| |

2022年12月31日 (土)

カヴァリエーリ「魂と肉体の劇」:宗教的エンタメ劇

221231 演奏:古楽アンサンブル・エクス・ノーヴォ
会場:シアター・カイ
2022年11月5・6日

1600年というオペラ黎明期にローマで生まれた音楽劇を、演出家を入れて演劇用のホールで上演という画期的な公演である。私は二日目に行ったが、満員御礼だった。

内容はオペラ以前オラトリオ未満な対話歌劇とでも言ったらいいのだろうか、抽象的な概念が人格となって宗教&道徳問答を繰り返すというものだ。この公演で存在を初めて知った。
エクス・ノーヴォの前回公演『ラ・ペッレグリーナ』同様、録音よりも実演でないと面白さが分かりにくそうな内容である。

抽象的なキャラクターたちは二者で対話したりコーラスしたりで、ソロ自体は少ない。耳だけで聞くのと、目の前で演じられるのとではかなりイメージが異なるだろう。従って、「劇」に力点を置いた上演方針は吉と出た。

地上で「永遠の生命」か「現世での快楽」かと思い悩む「魂」と「肉体」のカップル。二人の前にそれぞれの立場から様々な者が説得に現れる。
ここが歌手の皆さんのパフォーマンスの見せどころ聞かせどころだ。
敵陣営の「快楽」トリオがやって来て踊りつつ、現世は良いとこ楽しいぜ~🎶と歌う。お茶目でカワイイ感じの振付に笑えました(^O^)/
さらに「現世」と「現世の命」カップルは、羽振りよさげなチャイニーズマフィアとその情婦風で派手にイチャイチャしながら出現し、この世での成功を約束する。

神のいる「天上」と対置されているのは「地獄」ではなく「現世」。ということは現世をそのまま生きれば地獄への道がセットになってついてくるということか。
こんなにも強調されているということは、実際には地上のご利益を追及する人々が多かったということだろう。
今も昔も同じですね⚡

そのような各種の誘惑を払いのけて神への信仰を固くゲットするのが三幕構成で描かれる。
楽譜には演出家としても活躍したカヴァリエーリの細かい指示が書かれているとのこと。そのような当時の上演のありようを想像させる演出とパフォーマンスだった。

多くの歌手は複数の役を掛け持ちで、コーラスしたり、踊りつつ歌ったりとご苦労さんです。見てて聞いて楽しかった🎵
会場は演劇用のホールなので当然音響はデッドなのだが、却って音や声がダイレクトに伝わり聞きやすい面もあった。器楽隊とは正反対にある座席に座ってしまったので、演奏中の姿がよく見えなかったのは残念だった(音はよく聞こえた)。

このようなレアな作品を見せて(聞かせて)もらってありがとうございました~ヽ(^o^)丿

| |

2022年12月 6日 (火)

ヘンデル「シッラ」:英雄が来ては溺れる海辺かな

221205 演出:彌勒忠史
演奏:ファビオ・ビオンディ&エウローパ・ガランテ
会場:神奈川県立音楽堂
2022年10月29日・30日
10/29

ヘンデル先生ばかりがなぜモテる💖な今シーズンでありますが、この公演もコロナ禍で2年以上待たされたものだ。
無料配布の「神奈川芸術プレス」というPR誌があって2019年10・11月号にビオンディのインタビューが載っていて、上演予定が2020年2月末からになっている。同じ冊子の中の記事を読んでやなぎみわのパフォーマンスを見に行ったのがもう大昔のように思えるぐらいだ。

私は29日公演の方に行った。神奈川県立音楽堂は5年ぶりだった。あまりに久しぶりにステージを眺めてこんなに狭かったっけ👀と改めて驚いた。これでは少しでも大きな舞台装置を入れるような演出は不可能だろう。
となると、演出家の腕の見せ所となるわけですね……(^^)

美術や衣装は歌舞伎調を取り入れていた。ズボン役(ハカマ役?)は隈取もして、衣装のおかげで小柄な女性でも体格カバーできるのが効果的だった。女性役も含めて歌手の方々はきれいなキモノを着て心なしか嬉しそう。
ただ全体的にはなんとなく外国人観光客にウケそうな「ナンチャッテ日本」ぽい感が否めずであった。

本作は上演記録がなく、さらにヘンデル先生にしては時間が短いとのことで、劇場ではなくマイナーな場所でこそっと上演されたかもしれないそうな。
ストーリーは「英雄色と権力を好む」そのままの将軍が周囲をひっかきまわして迷惑をかけるというもの。

音楽面は充実の一言。エウローパ・ガランテは演奏では全く文句はなく、ビオンディは過去の同じ会場でのオペラ上演と同様に弾き振りしながら弓を指揮棒代わりに振り回していた。
チェンバロ、チェロ、テオルボについてはやはりバロックでは芯でありキモとなる楽器なのだ、というのがダイレクトに伝わってきた。

歌手の方は錚々たるメンツ--なのだが、オペラにうとい私はあまり知識なく(^^;ゞ
でも、冒頭シッラ役ソニア・プリナ、続いてレピド役ヴィヴィカ・ジュノーのアリアの連続波状攻撃に「キタ~ッ⚡」という衝撃が押し寄せたのは間違いない。その後もいろいろと聞きごたえあり過ぎであった。
特にレピド&フラヴィア(ジュノー&インヴェルニッツィ)の「夫婦」デュエットには大いに泣けた。

演出面はステージが狭くてもうまくやっていたと思った。ただ、事前のプレトークで構造上ろくに装置が使えないとか、仕方なくプロジェクション・マッピングで、などと言い訳を先にするのはどうなのよ。デウス・エクス・マキナだって別に上からじゃなくて、どこからどんな風に出てこようと工夫次第ではないのか。
狭い舞台と言えば東京文化会館の小ホールだって相当なものだが、あそこでもちゃんとヘンデルのオペラを上演している(『デイダミーア』『アリオダンテ』)。……まあ、当時の上演形式なので振りを付けて出たり引っ込んだりするだけとはいえ。

ところで神様の代わりにラストに女性ダンサーたちが上から布を伝って降りてきたのだが、左側の人が急降下し過ぎでまるで落下してるように見えた。私の周囲の客席からは悲鳴が上がったんだけど、あれわざとじゃなかったのかな?? 事故になったら大変なところだった。

和風テイストの演出や美術のバロックオペラについては過去にも存在している。しかし今回「和服着てあの歩き方はない」などと非難が起こった(特に歌舞伎ファンはキビシイね)。
が、見てて正直これは日本国内より海外での方がウケると思った。今の時代「ナンチャッテ日本」を海外の演出家がやれば「文化盗用」と言われそうだが、日本人がやるなら問題なしだ(多分)。
そしてNHKのカメラが入っているのを見て、これ収録して海外向けに売るつもりかなあなどとうがった見方をしてしまった私を許してチョーダイ。
ともあれ、演出の評価がどうであろうと見て聴いて満足できたのは確か。簡単に比較はできないけど、チケット代も新国ヘンデルの約半額だしな💸

なお、NHK-BSで1月に放映があるということとトランペット奏者の交代があったというお知らせは、もっと目立つところに何枚も掲示してほしかった。全く気付かなかった(;一_一)


来年はBCJが『ジュリオ・チェーザレ』をやると決まっている。しかも先日、新国でタイトルロールやってたキーラントが今度はコーネリアとな。さらにトロメーオだった藤木大地がニレーノだ。
この演目ばかり人気があるのはなぜだっ(?_?) とはいえティム・ミードのチェーザレは見て(聞いて)みたいのう。

| |

2022年12月 1日 (木)

「古楽系コンサート情報」12月分更新

「古楽系コンサート情報」12月分(東京近辺)更新しました。
左のサイドバーにもリンクあります。ライヴ配信などは入っていません。

| |

2022年11月12日 (土)

ヘンデル「王宮の花火の音楽」:群衆と管楽器と混乱と

管楽器の祭典
演奏:レ・ヴァン・ロマンティーク・トウキョウ
会場:北とぴあさくらホール
2022年10月9日

曲が有名で録音がたくさん出ているにも関わらず、実演で聞く機会がほとんどないという作品がある。この『王宮の花火の音楽』もその一つだろう。当時のままに演奏しようとすると大編成過ぎて難しいためだろうか。

とっころが!1749年の初演ヴァージョンで古楽器使用の復活演奏というコンサートが行われた。これは日本初ということである。
管楽器オンリー弦楽器皆無の編成はオーボエ24、ファゴット(&コントラファゴット)13、トランペット9、ホルン9、ティンパニー3……集めるだけでも大変だ~💥
いやあ、すごいモンを見せて&聞かせてもらいましたと言いたくなる。

加えて朝岡聡の司会付きで、プログラムは管楽器演奏の歴史をたどっていく。ここでは編成は色々で、皆さんその都度出たり引っ込んだりした。
冒頭、ルネサンス期の作者不詳の曲では4人登場し、吹いてるうちになんだかラグタイム風の曲調に……(^^;
その後フランスに飛んでルイ13&14世の治世下での音楽になる。特に14世は軍隊や日常生活にも様々な場面で細かく使用法が決められていて思わず感心してしまう。
狩猟の時のホルン9本(乗馬して片手で吹くそうな)というだけでも怒涛の迫力である。
葬儀用の行進曲ではタイコに黒い布をかぶせて叩いていた。そういうものなのかー、初めて知った。

後半ラストに遂に『王宮~』を演奏。全奏者が大集合だ\(-o-)/
なんでもヘンデルは弦楽器を入れたかったが、国王が望んだということで初演は管楽器だけの編成となった。で、押し寄せたのがなんとロンドン市民1万人⚡
実際に聞いてみるとまさにホールを揺るがす大音響だった。ド迫力である。夏に屋外で花火をバックにして聞いたら、さぞ盛り上がることだろう。
また、よくぞバラけずアンサンブルを維持できたなあとも感心した。(ヘンデルはその時には指揮していたのかな?)

とりあえず、グループ主宰者の三宮正満氏と福川伸陽氏は貴重な演奏をありがとう&お疲れさまでした。

ただ、アクシデントが二つばかりあった。曲が始まったはいいが、ホルンから音が出なくてまた最初からやり直し❌……というのは笑い話レベルだからいいだろう。

もう一つは、開場前に入口の外のスペースに待つ人が大勢溜まってしまい押し合いへし合い状態になってしまった事である。エスカレーターを上がっていくと人が詰まっていて、列らしきものが一応あるのだが何重にもとぐろを巻いてどこが最後尾なのかも不明である。
開催側の人はいなくて、指示も掲示も一切なかった。後日の韓国ソウルで起こった事故を考えると笑い事にもならない。
原因は開場が6時45分なのを6時30分からと勘違いして、みんな早く来てしまったためらしい。だが、そもそも開演時間を7時15分という中途半端な時間に設定したのはなぜなんだろう? 不明である。リハーサルや搬入の関係ですかね。
221112





| |

2022年11月 4日 (金)

ヘンデル「ジュリオ・チェーザレ」:待ち望んだ英雄は(以下略)

221104 指揮:リナルド・アレッサンドリーニ
演出・衣装:ロラン・ペリー
会場:新国立劇場オペラパレス
2022年10月2日~10月10日

新国立劇場が二年に一度バロックオペラやると発表してこれが最初の演目になる--はずが、コロナ禍で延期。二年以上待たされた中、遂に上演である。メデタイヽ(^o^)丿
指揮は当初の予定通りアレッサンドリーニということで、期待はふくらむじゃあ~りませんか。

舞台の設定はエジプトにある博物館の収蔵庫らしい(時代は明示されてないが現代? 少なくとも20世紀)。大勢の職員が行き交う中、収蔵されている美術品や遺物の間からチェーザレやクレオパトラなどいにしえの登場人物が幻の如く出没するという次第である。
そこに繰り広げられるは「政治」ならぬ「性事」……歴史を前提にしたといっても完璧に色恋沙汰にシフトしたエロさ爆発な描写の演出となっている。
博物館が舞台ならば植民地からの収奪というような観点が出てくるかと思ったら、そういう方向は全くなかった。

クレオパトラがチェーザレを誘惑する場面ではロココ調絵画の額に入って描かれた人物に扮したり、展示用ガラスケースに入って対面したり、横倒しの巨大なファラオ像の上で歌ったり--と大掛かりな舞台装置を生かしたスペクタクルな展開には目を奪われる。

チェーザレ役はマリアンネ・ベアテ・キーランド。上背があって外見的には「英雄」として申し分ないのだけど、声はやや線が細く押しが弱い印象だった。実は過去にBCJのコンサートで2回見て(聞いて)いたのだけど、完全に忘れていた。まあ、10年以上前だからしょうがないよね💨
クレオパトラ役の森山真理はそもそも役柄自体目立つせいもあるだろうが、歌唱・演技さらに加えてエロ度において会場の目と耳の引き付け度が一番高かった。

二人のカウンターテナー勢の活躍も目立った。クレオパトラの弟にして政敵トロメーオに扮した藤木大地は尊大かつキモい憎まれ役にひたすら徹して、ご苦労さんです。
また、村松稔之は従者ならぬ侍女としてコメディ部分を背負って笑いを巻き起こしていた。2幕の冒頭のアリアも大いに受けたもよう。

一方、疑問だったのは折角アレッサンドリーニを連れてきたのに、モダンオーケストラ(東フィル)を使っていたこと。通奏低音部門は古楽勢を起用しているのにもかかわらず、である。なんなのよ💢この中途半端さ。
この布陣を決定したのは新国の音楽監督だろうから、そんなに古楽奏者が信用されてないってことですかね、とイヤミの一つも言いたくなる。
そのせいか、煽り立ててナンボなヘンデル先生のオーケストレーションが全く生彩のないものになっていたのは極めて残念であった。

後からよくよく考えてみると、結局これは元々パリ・オペラ座でやった企画のうち、アレッサンドリーニとタイトルロール歌手、演出、美術・舞台装置等を日本に持ってきたってことだよね。(なお、延期前の予定ではチェーザレがアイタージュ・シュカリザーダ、クレオパトラはミア・パーションとのこと)
なんとなく、アレッサンドリーニが「お雇い外国人」ぽいポジションに見えたのは私の眼が曇っているせいだろうかニャ(ΦωΦ)

大掛かりな舞台装置、20人もの助演陣、歌手の皆さんのパフォーマンス(それぞれ差はあれど)は良いとして、肝心なところが足りなかったというのが結論である。

なお、私の座席の前の列に背の高いおじさんがずらりと並んでて、頭がかぶって見えねーよ(`´メ)とストレスがたまる中での鑑賞であった。

| |

2022年11月 1日 (火)

「古楽系コンサート情報」11月分更新

「古楽系コンサート情報」11月分(東京近辺)更新しました。
左のサイドバーにもリンクあります。ライヴ配信などは入っていません。

| |

2022年10月10日 (月)

「大江戸バロック ルクレールの愉しみ」:多彩にして難しい……ヤツ

演奏:桐山健志、大塚直哉&大西律子
会場:日本福音ルーテル東京教会
2022年9月26日

既にコンビを組んで長~い二人による大江戸バロック、諸般の事情によりなんと2か月ぶりに行ったコンサートとなった。
鉄壁コンビにさらに大西律子が客演で参加してルクレールとなれば、聞かずばいられないのよ(>O<)

プログラムは4巻あるソナタ集から各1曲ずつ、それ以外のトリオの演奏を3曲というものだった。
こうして聞いてみると、ルクレールのヴァイオリン曲は数が多くしかもヴァラエティに富んでいるのだなと実感する。技巧を重視した部分、かと思えば美メロが登場する甘美な流れ、生き生きとした掛け合い……など様々な面を聞くことができた。

それも桐山氏の着実な弓さばきがあってのことだろう。またそれに大西氏が細かく多彩な色どりを添えるのであった。

かようにルクレールの新たな面を発見することができたコンサートだった。とことん満足できた💯
でもセンスとテクニックがないとつまらない演奏になってしまう難しい作曲家なのかも、とも感じた。だから実演ではあまり聞く機会がないのかしらん(^^?

| |

2022年8月11日 (木)

「ヘンデルのいたロンドン」:テムズ河と青い空

220811 バロック室内楽の愉しみ
演奏:鈴木秀美ほか
会場:としま区民センター小ホール
2022年7月21日

鈴木秀美を筆頭とする4人が「古楽の原点ともいえる昔懐かしいトリオ・ソナタなどを楽しむプログラム」を演奏するという内容である。(今後も続く?)
今回のテーマはヘンデルとロンドン--同時期にかの地に出没し活躍していた作曲家(主にイタリア出身)たちの作品も共に紹介された。

ヘンデル作品の中心はトリオ・ソナタとはいえ、上尾直毅による「調子の良い鍛冶屋」の調子の良い💫独奏もあった。調子が良すぎて鼻歌が出そう(*^▽^*)
同時代のライバルやヘンデルと共演した音楽家としてはペプシュ、ヴェラチーニなどが取り上げられた。ヒデミ氏はジェミニアーニのチェロ・ソナタを選択した。

それぞれ曲によって編成を変えての演奏だったが、一貫して若松夏美の力強いヴァイオリンの音色には驚くばかりであった。もう一人のヴァイオリン担当、廣見史帆はニコラ・マッテイスの短い独奏曲を弾いたけど、ナツミ氏はアンサンブルで常に剛腕を発揮してみせていた。
なお、歌曲ではゲストの鈴木美登里も登場して2曲+アンコールを歌った。オルガンが置いたままになっていて、ずっと「いつ使うんだろう」と思っていたけど、最後のヘンデル「サルヴェ・レジーナ」でようやく音が聞けた。
全体としてベテランならではの安定感ありのコンサートだった。

この会場は初めてだった。池袋駅を出て徒歩数分というのはかなりの利点だが、使われたスペースはイベント用という印象である。同じフロアは企業向けの貸し研修室風の部屋が通路沿いに並んでいて通路も狭かった。
余計な残響がなくて音がダイレクトに伝わってくる一方で、少し潤いに欠ける音だという印象も受けた。難しいね💦

| |

より以前の記事一覧