音楽

2019年4月 2日 (火)

このスピーカーを墓標にしてくれ 初心者モード・オーディオ購入記

先日、アンプとスピーカーを買い替えた。そもそもは買って10年経ってないマランツのアンプが音がたまに出なくなったことが原因。実は買って4年目には完全に出なくなり修理してもらったことがあったのだ。また故障では買った方がいいと考えた。
しかしCDプレーヤーならともかくアンプが10年もたないとはひどい。どうなってんだ。

まずどこで買うか考えねばならぬ。前に買った秋葉原の電気店は既に閉店している。かといってオーディオ初心者もどきが専門店行っても相手にしてもらえないだろう。 仕方なく量販店にする。数店回ったがAV売場はどこも大きいが、音楽のオーディオの方はあまり力が入ってない。
試聴スペースが広い店は常駐の店員がいないし、店員がいる所は試聴スペースが貧弱。困ったもんである。 結局、店員が常駐している所に行ったが、果たしてその選択が正しかったのかどうか。
で、価格帯と重量(重すぎて自分で持ち上げられないのは困るので)の条件を言ったら、ほとんど選択の余地はなかった。

すすめられたのはデノン(私の世代だとデンオンと書いてしまいそう)とマランツ。後者には今使ってるヤツで懲りたのでデノンを選んだ。
ちなみに、その前に他の系列の量販店で試しに重量の多いアンプは困るのでと聞いてみたら、「軽いですよ~」とか言って、なんと真空管のヤツをすすめてきた。トーシロに真空管なんか売りつけるな!

しかしデノンのアンプの問題は端子の数が少ないこと。同クラスのマランツのアンプなら端子がたくさんあるのに、デノンにはないのだ。
私が持っている機器を繋ぎきれないという問題が発生。 CDプレーヤー、CDレコーダー、カセットデッキ、アナログプレーヤー、FMチューナー、TV音声。
TVは光ケーブルにするとしても数が足りない。結局あまり普段使ってないカセットデッキとCDレコーダーを使用時にプラグを差し替えることで決着した。 時代とはいえ、このデノンにはチューナー用の端子がないのにはビックリ。代わりにネットワークオーディオの端子に繋ぐしかなかった。

スピーカーの重量が結構あるので、自宅に設置に来てもらった。担当のおにーさんはAVの方は詳しいようだったが、オーディオ系はよく知らないらしく(これも時代か)「PHONO」の意味が分からなかった。おかげでアナログプレイヤー繋げる端子がないと言い出す始末であった。これにも驚いた。
もうひとり来た年下のおにーさんの方は結構詳しいらしく、そこら辺は知っていた。しかし、カセットデッキについては「さすがにこれは分かりません(@_@;)」と、使い方を全く知らないようだった。

スピーカーはブックシェルフ型を買うつもりだったのが、ついうっかりお高いトールボーイ型を選択してしまった。そのため自分では設置できず……。 20キロ以下なら持ち上げられるかと思ったけど、移動する時は横に引きずるしかない。大丈夫なのか自分でも不安である。

このような苦労はあったが、実際に聞いてみると価格に比例して音が良くなったのは確か。もう自分が死んだら墓石の代わりに使ってもらうしかない。
音が変わったのは古楽、R&B。意外にも正統的なアメリカンロックやフォークはあまり変化なかった。
古楽で通奏低音がバリバリ聞こえるようになったのは嬉しいぞ。コントラバスの弓さばきまで目に見えるよう。
結局、音質の変化以前に今まで聞き取れなかったような微細な音が聞こえるようになったのは大きい。もう何十回も聞いた大貫妙子のCDかけたら、これまで気付かなかったバックのアコギの音が聞こえたのには驚いた。

逆にロバート・グラスパーのような情報が多いサウンドを聞いてると疲れてしまう。困ったもんだ。しかも大して音量あげてないのに超低音がズンズン響き過ぎで音圧高く、下の階に響いたらどうしようと思うほどだ。この手の曲をかける時にはトーンコントロール変えるしかないのかね。

これで一件落着と言いたいところだが、前のアンプと同じ頃に買ったCDプレーヤー(これもマランツ)がやはり調子悪く、消費税上がる前に買い替えるしかないという--。金が出ていくよ~\(-o-)/
それと、スピーカー良くしたらコードも交換した方がいいと言われた。で、勧められたのがなんと1メートル1万円💥
そんなの左右の分買ったらプレーヤーが買えちゃうわいっ<`~´>

 

 

|

2011年2月 8日 (火)

さらば池袋HMV

110208
1月の末に池袋HMVのクラシック売場に行ったら改装工事中だった。掲示を読むとこれまで別区画にあったポピュラー系やDVDなどの売り場を全部詰め込んでしまうらしい。

ついに来る時がキタ━━━(>y<;)━━━!!
少し前にワールド・ミュージックやサントラのあった売り場のスペースが統合されちゃった時からいつかこうなるだろうとは予測していたのだが。
HMVはネット販売中心に移行するという方針だと聞いていたから、完全撤退しないだけマシなのか

で、今日、たまたま池袋行ったんで新装開店を見てきたわけだ。
その結果は……もう二度と行くことはあるまい、池袋HMV(T_T)/~~~サヨーナラ~

あっ(+o+)でもポイントが少しだけどたまってたはずだから、使わなくては
ジェフ・ベックのライヴでも買って終わりにするかなっと。
と思ったら、ネット販売でもポイント使用できんのね(^^)ゞ

もうあとクラ売り場で使えるのは渋谷タワーと銀座ヤマノぐらいか。新宿タワーは担当者変わったせいか、何気に「ぬるい」んだなー。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年12月30日 (木)

「未来型サバイバル音楽論」

101230
USTREAM、twitterは何を変えたのか
著者:津田大介+牧村憲一
中公新書ラクレ2010年

牧村憲一という人は団塊世代で、シュガーベイブから始まってプロデューサー業に携わり、さらには渋谷系の立役者ともなった人。彼と津田大介との対談、過去と現代そして未来の音楽シーンを展望するそれぞれの文章を交互に挟むという体裁の本である。

正直、ネットで自分の作品を発表したいような人には非常に役立つ内容であるが、私のように聞き手オンリーで、加えて携帯型音楽プレーヤーを使う気もない人間には将来がどうなるかは読んでもあまり見えてこないのであった。
日本のレコード業界でのレーベルの勃興については「なるほど、そうだったのか」と面白かったけどさ。

音楽CDの売り上げは激減しているそうだが、一方でネット配信も横ばいらしい。一体、どうなるんですかね( -o-) sigh...


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月30日 (金)

レコードの溝の間に潜む何ものかについて

学生の頃は金が無かったので、秋葉原から御茶ノ水まで歩いて(秋葉原までは定期があった)中古レコード屋を漁りに行った。当時は輸入盤は高くて3000円ぐらいしてたので、安いレコードや日本で廃盤になってしまったものは中古で漁るのがもっぱらだったのである。(注-もちろんCD出現以前のヴィニール盤の頃の話)

そんな風にしてレーナード・スキナード Lynyrd Skynyrd のアルバムも中古で買った。その中古盤は既に散々聴かれたのかジャケットも盤面もヨレヨレしていたが、私はさらに何十回も聴きまくった。きっとレコードの溝がすり減って深くなった事だろう。(^o^;

後にCDが普及するようになってからは、また彼らのアルバムをCDで買い直した。ヴィニール盤で揃えて持っているにもかかわらずCDでまた揃え直したというのは、彼ら以外はランディ・ニューマンと、このブログ及びハンドル名の由来となっているスティーリー・ダンぐらいである。

しかし、それほどレーナード・スキナードのことを好きだったにもかかわらず、当時から長い事ウン十年にも渡って溶けない疑問があった。それは--
「どーして、ファーストからサード・アルバムは大好きなのにそれ以降の作品は今イチに思えるのであろうか?」
ということだった。

彼らは米国南部出身のいわゆるサザン・ロックに分類されるバンドだ。バンド名を冠したタイトルのファースト(1973年)を出して以来、一貫して豪快なギターを売り物にしたコシのあるハードなサウンドが特徴であった。それはどのアルバムでも変わりはない。しかし、どういう訳か「好きだーっ \(^o^)/」と言えるのは三枚目までで、四枚目以降は「ビミョ~」になってしまうのであった。どう聴き比べてみても、曲作りといい、サウンドといい、演奏といい、それほど変化はないと思えるにも関わらずだ。
データ的にはプロデューサーがそれまでのアル・クーパーからトム・ダウドに交替した、ということぐらいしかない。でも、実際の違いはド素人の私にはよく分からないのであった。

さて「ミュージック・マガジン」誌9月号を見ていたら、そのアル・クーパーのインタヴューが載っていた。長い事活動をしていなかったが、なんと日本の方が再評価されていて、
それがきっかけでまた現役復帰したのだという。
そのインタヴュー記事の最後の方にレーナード・スキナードの話が出てくる。それによると、二枚目のアルバム(記事では「最初のアルバム」となっているがアルの勘違いだろう)の名曲「スイート・ホーム・アラバマ」でアコースティック・ギターを入れるように進言したのは彼であり、またあの印象的な女声コーラスを後からダビングして聞かせて、使うようにバンドに納得させたということもやったとの事だった。

そもそも「スイート・ホーム・アラバマ」はニール・ヤングが南部男をけなした曲に対する「よそ者が何を言うかね」というアンサー・ソングだが、女声コーラスやアコースティック・ギターによって何となくノンビリした諧謔的な響きになっている。それをアル・クーパーが作り出していたものとは意外であった。
 

彼らが曲を聞かせてくれると、僕の頭の中には完成したレコードが聞こえる。それは神から授かった才能なんだ。

米国のロックバンドの多くはレコード・デビューの前にクラブなどの演奏で経験を積んでいて、既に自分たちのサウンドを確立しているはずである。特にライヴやってなんぼのハードロック系のバンドなんかは、ライヴの生きの良さをそのまま伝えるのが録音の主な目的だろう。(まあ、中にはレコードと違って現物聞いたらあまりにも下手くそなんで、あらビックリというパターンもあるが)
しかし、それでもなお実際のバンドの出す音とレコードの溝に刻まれる音の間にある何ものか--目には見えず耳にはしかと聞き取れないモヤモヤした何ものかが存在し、それを金魚すくいのようにサッとすくい上げて最良の形にするという作業を、優れたプロデューサーは成しうるものだったのだ。そして、そのサウンドのわずかに思える差がプロデューサーの個性の違いとなるのだろう--。

というわけで、ウン十年越しの疑問がこのインタヴュー記事でようやく解けてスッキリしたのである。

なお、レーナード・スキナードって何それ(?_?)という人はこちらのネットラジオ局でヘヴィ・ローテーションでかかっているので聴いてみるといいかも知れない。「JUKEBOX」のコーナーからは聴きたい曲をリクエストもできる。ただ「クラシックロック」と言っても全体的にかなりハードロック寄りのようなので苦手な方はご注意。

それにしても、「スイート・ホーム・アラバマ」の入っている「セカンド・ヘルピング」ってなにげに名曲ぞろいのアルバムであるなあ--と、今回久しぶり(ウン年ぶりぐらい)に聴いてみて改めて感じた(ジャケットのデザインは今イチ……今ゴ今ロクであるが)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年7月19日 (火)

MDに呪いをかける

TEAC製のMDデッキが故障してしまった。買ってまだ二年である。
そもそもこれを買ったのは、数百枚ある(これでも引っ越しの時にウン百枚捨てて来たのだ)LPレコードを、将来のためにダビングしておこうと考えたからである。将来のためというのは、今あるレコードプレーヤーが壊れてしまった時のことだ。

テープデッキは二台あるが、カセットテープはもうすぐ消滅してしまうのではないかと予想したのだ。だから、テープに録音したライブ番組などもダビングしようと考えた。
それまで、私はMDプレーヤーを持っていなかった。音楽は家でしか聴かないので(ウォークマンの類いは昔一台買ったきりだ)、MDというメディアには全く縁がなく、触るのも二年前が初めてだった。

しかし、実際の所ダビング計画は遅々として進まず、単にNHK-FMのクラシック番組を録音しただけであった。長時間録音できるので、その点だけはカセットテープよりいい。
結局6枚分だけ録音した。

そして--7枚目にしてデッキはぶっ壊れてしまったのである!
ちゃんとタイマーをセットしたのに、録音されていない。おかしいと思って取り出そうとすると、中でゴトゴトいってるだけでディスクが出て来ない。何回かいろんなボタンを押してみてようやく出て来る。最初ディスクに欠陥があると思って交換してみたが、同じ事であった。
たった6枚しか録音していないんだよっ! なんで壊れるのかっ。
全然モトが取れてないぞ!!ゴルァ

さて……どうしたものか。
保証期間は過ぎているので、修理を頼むと出張代を取られてしまう。加えて部品交換なんぞしたら、たちまち購入価格と大して変わらなくなってしまう。かといって、秋葉原の購入店まで手で持って運ぶなんてとてもできない。

ということで、今の私にできるのはMDというメディアが衰退して、この世から早く消えてしまうように呪う事だけであった。くっそ~~、許せん(`´メ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)