古楽

2019年5月20日 (月)

「17世紀ヴェネツィアの音楽」

190520 A.グランディとその周辺
演奏:メディオ・レジストロ
会場:近江楽堂
2019年4月3日

以前スペインもののコンサートを聞き逃していたので、今度こそと行ったら今回は久しぶりに原点に戻ってイタリアものをやるということであったよ(+_+)

サブタイトルにある通り、グランディという作曲家の宗教歌曲が3曲、他にモンテヴェルディの作品も。グランディは16世紀末に生まれ、ヴェネツィアで活躍したらしい。
またフォンターナやマリーニなど同時代作曲家の器楽曲が交互に演奏された。

メディオ・レジストロ(古橋潤一、西沢央子、能登伊津子)のオリジナルメンバーに、仙台近辺で活躍している3人がゲスト参加。高橋絵里のソプラノはいかにも宗教曲にふさわしい清楚な歌唱だった。
他にもリコーダーとヴァイオリンの鮮やかな競演、珍しやオルガンとチェンバロの二重奏なんてのもあった。

イタリアものという定番を超える楽しさがあった公演だった。古橋氏の喋りはかなりクセがあったけど(^0^;)
ゲストは地元で地道な音楽活動を続けている方々とおぼしく、これからもご活躍願っております。

|

2019年5月18日 (土)

「ゼフィール 春の嵐」:花見ならぬ花聞きの宴

190518 2017年度青山音楽賞バロックザール賞受賞記念演奏会
演奏:アンサンブル・レ・フィギュール
会場:JTアートホールアフィニス
2019年3月31日

4人組グループ、以前<A HREF=http://pretzel-logic.way-nifty.com/blog/2017/02/post-384e.html>聞いたコンサート</A>が、バロックザール賞というのを取ったので、同じくCT歌手のポール=アントワーヌ・ベノス・ジアンをゲストに招いて記念コンサートを行った。本番は翌日の京都公演で、東京でも記念にやったようだ。(ハードスケジュールですな)

時節に合わせて、春っぽいカンタータ中心。フランスはブルジョワの「ゼフィール(春の西風)とフロール(花の神)」で、合間に同じ題材を扱ったドルネルやシャンボニエール
の器楽曲を入れる。
ブルジョワのエールでツバメを歌った内容では、ヴァイオリンやフルートもツバメの声や飛翔をなぞっていて面白かった。

後半はヘンデルの歌劇のアリア(やはり春っぽい内容)とカンタータである。器楽の方もヘンデルのソナタや組曲だった。ヴァイオリン・ソナタでは榎田摩耶の演奏が豪快で拍手喝采となった。
歌手や演奏者が客席の後ろから出没するなどし、構成やパフォーマンス共に凝っていて聴き応えあった。
春気分横溢で華やかな気分になれたコンサートだった。次の公演があったらまた行きたい。

ベノス・ジアン氏はまだ二十代とのことで若い✨ これからに期待です(@^^)/~~~
アンコールはヘンデルの「ロデリンダ」より。

コンサート会場のJTアートホール行くのに今回は国会議事堂駅から行ってみたが、またも土曜なんで人通りがほとんどなく、警備の警官ぐらいしかいなかった。
首相官邸前の桜は下が芝状態だからお花見できそうだけど(この時は五分咲きぐらいだった)やるとおまわりさんに怒られるのかね)^o^(

|

2019年5月10日 (金)

「甘い死の弓矢」:ボールペンなしでもアンケートは書ける

演奏:福島康晴ほか
会場:近江楽堂
2019年4月26日

「イタリア・バロック音楽の世界vol.3」とあってもう過去に2回やっていたらしいのだが、全く知らなかった。今回も数日前に知って(チラシなど全く見かけなかったので)あわててメールで予約した次第だ。

福島氏の他はバロックギター・テオルボ高柳義生、コルネット・バロックギター・テオルボ(さらに歌も!)笠原雅仁、ガンバ・リローネ武澤秀平という顔ぶれだった。

17世紀初めに活躍したサラチーニという作曲家(初めて聞きました!)の歌曲を中心に、同時代のフェッラーリ、モンテヴェルディの作品を福島氏が歌う。加えて、合間に様々な器楽曲を挟むという構成である。

イタリアものの神髄というか、濃厚かつ切実な愛の歌の世界をたっぷりと堪能できた。
また器楽の方は主に独奏で、バロックギターありコルネットあり。また、テオルボ2つに
リローネという珍しい組み合わせでのカプスベルガーもあった。

ドイツ在住(?)の高柳氏はギター&テオルボを巧みに弾きまくり、複数の楽器に加えて歌まで担当した笠原氏はご苦労さま。ひとり武澤氏はリローネの調弦に手こずっていてこれまたご苦労さんでした。

プログラム見たら、11日間に9カ所も回るツァーやっている。すごいハード・スケジュールである。次の第4回目もやるなら聞いてみたい。
なお、アンケート記入用に配ったボールペン(主催者の企業名入りの立派なやつ)は貰ったヤッタネ◆と思って持って帰る人が多そうなので、事前に返却するようアナウンスした方がよいのでは。

|

2019年4月30日 (火)

聞かなきゃ損々!古楽コンサート 5月版

連休中は深く静かに潜航しております。

*8日(水)J.S.バッハのモテット全曲演奏会(Salicus Kammerchor):豊洲シビックセンター ♪13日に武蔵野公演あり
*11日(土)バッハ家の音楽会(エマニュエル・ジラール&大村千秋):近江楽堂
*12日(日)マドリガーレからオペラへ(ラ・フォンテヴェルデ):ハクジュホール
*  〃   拝啓テレマン様(堀内由紀ほか):入間市文化創造アトリエ・アミーゴ
*17日(金)ウィーンのリュート音楽(佐藤豊彦):近江楽堂
*18日(土)アレッサンドロ・スカルラッティのレスポンソリウム(エクス・ノーヴォ室内合唱団):神田キリスト教会 ♪17日に千葉公演あり
*26日(日)オケゲムのミサ《ミミ》(ヴォーカル・アンサンブル カペラ):大森福興教会 ♪31日に東京カテドラル聖マリア大聖堂公演あり
*30日(木)音楽と美術の幸せな結婚 ヨーロッパの十字路ウィーン(大塚直哉&柳家花緑):よみうり大手町ホール
*31日(金)ヴェルサイユの華 マラン・マレの生誕を祝して4(鳥生真理絵ほか):近江楽堂

これ以外はサイドバーの「古楽系コンサート情報」 をご覧ください。
12日深夜にNHK-BSプレミアムシアターでラモーの「イポリットとアリシー」(ベルリン国立歌劇場)放映あります。

|

2019年4月26日 (金)

「宮廷人の優雅なたしなみ」:画家の眼の中、音楽家の耳の中

190426ルネサンス音楽と絵画をつなぐ象徴の世界
演奏:ソフィオ・アルモニコ
会場:トーキョーコンサーツ・ラボ
2019年3月23日

ルネサンス・フルート吹き4人によるソフィオ・アルモニコ、コンサートは初めてである。この日はソプラノの鏑木綾とトークで愛知芸大の高梨光正が加わって、絵画と音楽の両面からルネサンスを体感するプログラムだった。

幾つかのテーマに分けて絵画の画像を出しながら解説しそれから演奏というもの。ただ、普通なら奏者は演奏だけでトークはしないという形式が多いが、この日はテーマごとに一人ずつ奏者も音楽面の方からの解説をやった。同じテーマでも音楽と絵画では捉え方が異なっていて、興味深かった。

特に「鳥」テーマで前田りり子が語ったアルカデルトの「優しい白鳥」についての音楽家側の解釈というのが、非常にぶっ飛んでいて笑ってしまった。(高梨氏には否定されてしまったが)
他に「運命」「目」「羊飼い」など。歌曲では歌詞の朗読もあり。ビックリしたり下世話な内容もあったりして(^^;盛りだくさん、分かりやすくて面白かった。
歌曲では歌詞の発音やアクセント、そして内容によって共感するイメージを作ると(妄想すると)うまく演奏できるそうである。では、果たして聞き手の方も妄想するといいのだろうか、なんて♨

美術史を教えているという高梨氏は高い年齢層の客席に向かって、学生向けのギャグを時折使用してはスベっていた。ギャグも対象を考慮して使用して頂きたいもんである。

会場は初めて行った場所。隣のスコットホールは以前来たことあるが。椅子を並べたレクチャールームみたいな部屋である。
客のとあるオヂサンは両隣に人がいないせいだと思うが、公演中に靴脱いで靴下(しかも穴が開いている)のクズを取っていた。そういうことは自分の家でやって欲しい。
また、客席内に前回前々回でも見かけた人をやはりここでも発見。狭い業界です(^^;ゞ


|

2019年4月18日 (木)

「奇想の系譜展」記念コンサート 1:どちらも負けぬ!東西奇想比べ

190418aザ・バロック 江戸の奇才、ヨーロッパの奇才
演奏:江崎浩司ほか
会場:東京都美術館講堂
2019年3月17日

恒例、上野界隈で行われる「東京・春・音楽祭」の展覧会関連コンサート、今年はたまたま博物館・美術館の企画が近現代ものが多かったせいか、純粋に古楽系はこの一つだけだった。

リコーダー江崎浩司が中心のアンサンブル(ヴァイオリン2+ヴィオラ+チェロ)が、「奇想の系譜」で展示されている日本画と同時期で同じテーマの音楽をルネサンス、バロックの作品から選んで演奏するという趣向である。

この手の企画では定番のヴィヴァルディがもちろん最多登場。「鳥」テーマで『ごしきひわ』、「幽霊」「眠り」では『夜』(曲中に幽霊が登場)、そして『海の嵐』……と「奇想の系譜」にハマリ過ぎな作品の数々である。いずれもリコーダー大活躍だった。

リコーダーと言えばJ・ファン・エイク。『笛の楽園』から「鳥」の『ナイチンゲール』、そして「美人図」にちなんで『かわいいマルティーナ』(これは自殺した娼婦の曲とのこと)。もちろん江崎氏の独奏だ。
他にはラモー作品から「花」、J・ブロウでは「狩猟」、パーセルは「猿」となんでもあり。まさに展覧会だけでなく、こちらも「奇想」では負けてはいない。

しかし一番の注目(注耳?)は、まさに曲自体が奇想だということで選ばれたC・P・E・バッハのトリオソナタだろう。バスリコーダーを指定というのがそもそも珍しいが、さらにヴィオラ、チェロという奇妙な編成の作品である。確かにあまり聞いたことのないようなサウンドで驚いた。

かくも奇想尽くしのコンサート、江崎氏は展示作品との関連を曲ごとに解説し、アンサンブルではリーダーを務め、さらに独奏も披露し、ついでに発売したばかりのCDも宣伝し(もちろんサイン付き)……と大活躍だった。
聞いててサービス精神に富んでいて面白かったけど、一つ残念だったのはこの編成だともう一つ低音楽器が欲しかったところ。「ああ、ドスのきいた低音が聞きたい」なんて思っちゃいましたよ(^^ゞ

アンコールで初めて気付いたのだが、江崎氏が着ていたアロハみたいなシャツ、よくよく見たら、五色かは不明だが様々な色の鳥の羽根模様だった。さすがである。

客席に前日のアンジェリコの公演でも見かけた人がやはり来ていて、考えることは同じだなと思ったり……(^^;;

どうせだから展覧会の方も見て行こうかと思ったら、チケット売り場に行列が出来ていた。さらに係員が入口で「中は混雑しておりまーす」と叫んでいたので、あきらめてスゴスゴと帰った。
やはり本気で見るんだったら、平日の早い時間に上野駅の改札内の窓口でチケット買って行くぐらいじゃないとダメですわな💥
190418b

|

2019年4月 4日 (木)

「涙のきらめき」:大迫力!金管部隊

19040417世紀ザルツブルグ 祈りの宮廷音楽
演奏:古楽金管アンサンブル アンジェリコ
会場:淀橋教会小原記念チャペル
2019年3月16日

チラシを見ると、この団体はもう公演6回目とのこと。全く知らなかった。金管中心というのも珍しいので行ってみた。

編成はサクバット6、コルネット4、ナチュラルトランペット2、そしてドゥルツィアン、ヴァイオリン、オルガンが各1名という、会場に比してかなり大人数だった。(普段は少人数のアンサンブルが多いもよう)
そのうちのコルネットの一人、ドルツィアン、ヴァイオリンは海外からのゲストである。(バーゼル?で一緒だったらしい)

プログラムはビーバーの「15声のレクイエム」が中心で、合間に他の作曲家(ベルターリなど)の短い曲やビーバー自身の「ロザリオのソナタ」を挿入するという構成。
当然ながらレクイエムは声楽だが、それを管楽器に置き換えて演奏するわけだ。その迫力&音量は相当なもん。

プログラムには、時代と共に優秀で大きな音が出る楽器が登場すると「今度は本来いちばん大切なはずの「歌」がおろそかになりがちに」とある。原点である「歌」の世界に戻ってみようということらしい。

その意気やよし🆗ということで、会場は今までに聞いたことのないほどの輝かしい響きに満たされた。
ゲストのアンドレア氏のコルネットの妙技や、珍しやドゥルツィアンの独奏曲(聞きごたえ大いにあり)もあった。普段なかなか耳に出来ない貴重なコンサートだったと思う。

ただ、会場が編成に比して小さすぎ。武蔵野市民文化会館の小ホールぐらいの所だったら丁度良かったのではないかと感じた。
また元々この会場の特性だが音が拡散気味で位置によってよく聞こえないことがあり(距離は離れていないのに)、この日は私からは合奏時のコルネットやヴァイオリンが聞きにくかった。
なお、予想外に当日券の客が多かったということで、教会の長椅子1つに4人座らせられてかなり苦しかった(ーー;)

また会場の案内板が分かりにくくて、数年ぶりに来た私は1階でウロウロしてしまった。初めて来た女の人はさらに迷っていた。なんとかしてくれい。

|

2019年3月31日 (日)

聞かなきゃ損々!古楽コンサート 4月版

平成が終わっても古楽愛は不滅ですっ(>O<)

*3日(水)17世紀ヴェネツィアの音楽 A.グランディとその周辺(メディオ・レジストロ):近江楽堂
*13日(土)スティルス・ファンタスティクスの妙技 ファンタジーと霊感に導かれた17世紀ドイツ・オーストリア音楽(アンサンブル ソヌス エト コルティス):日本キリスト教団本郷教会
*19日(金)フランス・バロック音楽の夕べ(花岡和生ほか):近江楽堂
*19日・21日(日)バッハ マタイ受難曲(バッハ・コレギウム・ジャパン):東京オペラシティコンサートホール ♪さいたま芸術劇場公演もあり
*20日(土)聖週間のフランス・バロック(高橋美千子ほか):日本福音ルーテル東京教会
*  〃   ルネサンス音楽 de 美と雅の舞踏(濱田芳通ほか):紀尾井ホール
*27日(土)古楽の興5 リコーダー&チェンバロ4カ国の競演(ハルモニア・レニス):鶴見区民文化センターサルビアホール
*  〃   バロック・オーボエの世界3 フランスの組曲、トリオ、コンセール(大山有里子ほか):近江楽堂
*29日(月)弦の系譜2 ウード・ビウエラ・ギター&うた(常味裕司ほか):近江楽堂

これ以外はサイドバーの「古楽系コンサート情報(東京近辺、随時更新)」をご覧ください。

大型連休の予定、全く埋まっていません。今年はLFJも行かないし。家で大人しくしているほかないかのう。

|

2019年3月22日 (金)

「ルベルとルクレール」:31年分の変遷

190322
趣味の融合の申し子たち
演奏:天野寿彦ほか
会場:近江楽堂
2019年2月26日

タイトルになっているこの二人、フランスバロックのコンサートでは付け合せみたいな感じで登場することが多く、なかなか単独で主役を張る機会はない。かなり珍しいプログラムと言えるだろう。
編成はヴァイオリン2(もう一人は吉田爽子)、ガンバ(平尾雅子)、チェンバロ(辛川太一)である。

ルベルはクープランとほぼ同年代で、ルクレールはその31歳年下、もはやバロックのどん詰まりの世代という差がある。
二人の曲を年代順でなく、前半ルベル1曲ルクレール2曲、後半はその逆という配分の構成だった。

ルベルの作品はクープラン、マレなど同世代の作曲家同様にタイトルがついている。イタリアの影響をそことなく受けているとはいえ、やはり全体に落ち着いた感触。
ただ「輝き」というタイトルのソナタはその名の通りに躍動感に満ちていた。

ルクレールのソナタの方は2台のヴァイオリンの弦が闊達に絡み合い、刃飛び散る白熱が感じられる作品だった。時代的なこともあるせいか、バロックという定型を超えて飛び出していく勢いがある。
天野・吉田両人の切れ味よく勢いのある演奏に思わず拍手~(^^)//
ドイツともイタリアとも違う、フランス特有の弦のつややかさと活きの良さがくっきりと浮かび上がったコンサートだった。

|

2019年3月10日 (日)

「ビュークルズ・アンサンブル」:ハプニングとチョコレート付き

190310a
会場:武蔵野市民文化会館小ホール
2019年2月14日
→こちらはマスタークラスのチラシです。

前日の近江楽堂に続きまたも笛2本登場する公演に行った。--というより、たまたま連チャンで行ったらここにもダブル笛がという感じだった。

主役のパトリック・ビュークルスは30年間に渡りコレギウム・ヴォカーレ・ゲントの首席フルート奏者を務めているというベテランである。
そのアンサンブルは同じくベテランのチェンバロ奏者エリザベート・ジョワイエ、ガンバのロミナ・リュシカを加えた3人が中心で、あと日本人のフルート奏者柴田俊幸が2曲、L・ヴァン・デル・ヴォールトという若い女性ヴァイオリニストが1曲参加した。

ただ、アンサンブルと言っても全員で演奏するというより、個々の芸をそれぞれの曲で披露するという性格が強かった。
テレマンのターフェルムジークを4人で演奏したかと思えば、サント・コロンブのガンバ・ソロ、その次はクープランのチェンバロ曲といった具合である。
前半最後、バッハのフルートソナタはなんと前日のハルモニア・レニスでもやった曲だった。編成同じだと演目も重なっちゃうのかね。

迫力だったのは、バッハ息子・ヴィルヘルム・フリーデマンのフルート二重奏曲。息もつかせぬというか、息継ぎ大変そうな曲を、聞いてる方まで息苦しくなりそうになりながら、柴田氏と二人でぴったりと吹き通した。以前聞いたコンサートで、有田正広が「W・F・バッハは天才」と言っていたが、なるほどと思わせる。
ただ他の曲についてもそうだが、このぐらいの編成の古楽公演だとやはりはちょっとこちらの会場ではちょっと厳しいものがあった。もうちょっと狭い所がいいだろう。

この2日前のヴァレア・サバドゥス&コンチェルト・ケルンに続き、この日もハプニング発生した。最後のバッハのトリオ・ソナタ開始直前になって、突然ジョワイエの具合が悪くなってステージで鼻血を出してしまったのだ
それまで、ベテランの鍵盤奏者なのになんかちょっとおかしい所あったような(?_?)それとも私の気のせいか、などと首をひねっていたのだけど、やはり体調が悪かったようだ。結局、彼女は退場して通底をガンバだけでやることになった。(アンコールで復活して第1楽章をまた4人でやれたのでヨカッタ)

ガンバのリシュカは地味だけど技術あり。逆にヴァン・デル・ヴォールトはいかにも若々しくて元気ありの演奏だった。1曲だけの登場が残念に思えた。
柴田俊幸はプロフィールを見ると「大阪大学外国語学部中退、渡米」という珍しい経歴。一体この時何があったのかと、聴衆の好奇心をかきたてたのである。

なお、この日はバレンタインデーということで、ベルギーの「日本未出店の超有名ショコラティエ」(The Chocolate Lineという所らしい)のチョコレートのプレゼントが客全員にもれなくあった\(◎o◎)/!
どうも「訳あり品」らしかったけど、形がなんだというのだ 味は超が付くぐらいおいしかったですう またよろしくお願いしまーす。

チラシの方も「恋するバロック」とか「音楽も、恋も本気だ!」と煽っていたが、こちらはいくらなんでも誇大広告だったんじゃないの……。


↓チェンバロは日本の製作者のもの。美しい絵は有元利夫っぽいけど違うよね。
190310b_2

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧