古楽

2017年11月19日 (日)

「ゲオルク・フィリップ・テレマン 7 没後250年記念」:まだまだ終わらぬテレマン祭り

171119
演奏:Ut/Fa(ウト・ファ)
会場:近江楽堂
2017年10月13日

モンテヴェルディに比べて今一つ盛り上がっているのかどうかよくわからないテレマンイヤー、ここは是非全国推定sign02ウン百万人のテレマン愛好者にはラストスパートをかけていただきたいものである。

そんなテレマンをずっと取り上げてきた宇治川朝政と福間彩のユニットは、今回吹くのは大変だが聞いて楽しめるような曲を特集。
「新しいソナチネ集」「忠実なる音楽の師」「音楽の練習帳」から2曲ずつ演奏した。また、福間彩もチェンバロ・ソロ曲「序曲」を披露。

リコーダー曲といっても、さすが様々な楽器のために作品を書いたテレマンゆえ、元はファゴットのための曲なんてのもあった。
数本のリコーダーを取り替えつつ宇治川氏は吹きまくり、中でも「忠実なる~」からのソナタでは早吹きに驚かされる場面もあった。それでも「おおっthunder」と緊張感があまり走らないのはそのお人柄のせいでしょうか(^o^)

曲間の解説では「喋りを入れつつ演奏するのは大変」とFM「古楽の楽しみ」の公開放送収録の話をしたり、「テレマンは今でいうデアゴスティーニ方式で楽譜を出版した」などと会場の笑いを取っておりましたよfull(あの販売方式の元祖はテレマンなのか?)
部分的に夫婦漫才のような場面もあった(^<^) どちらがボケ、ツッコミかは言うに及ばず。

まだまだ来年も二人はテレマン公演を続けるようで、ウン百万人のテレマン・ファンには引き続き盛り上がって欲しいもんである。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月11日 (土)

「ラ・プティット・バンド オールJ.S.バッハ・プログラム」:タフにして老怪

171111
会場:浜離宮朝日ホール
2017年10月11・12日

定期的に(?)日本を訪れているようなシギスヴァルト・クイケン率いるLPBの公演、11日の夜の回を聞きに行った。ソプラノ歌手を含む総勢9名の布陣である。

まずは管弦楽組曲の第3番を管楽器とティンパニが入らないヴァージョンから開始。実際にステージに登場したのは5人という極小編成であるため、この曲では定番イメージの「壮麗crown」とは程遠く、なんか全く違う曲に聞こえた。代わりにチェロ(ロナン・ケルノアという人)が際立って聞こえた。

続く「音楽の捧げ物」のトリオソナタ、新たに女性フルート奏者(アンネ・プストラウク)が入った4人で。しかし、左のフルートと右のシギス親爺のヴァイオリンが、なんか微妙に均衡が取れていないような?? 気のせいかしらん。(座ってた位置によるかもしれないが)
まあ、これもLPBならではということで……(^○^;

チェンバロ協奏曲の第5番はもちろん、若手鍵盤弾きのB・アラールが中心である。こちらはもう才気走った演奏で、バッハ先生の若い頃もかくや(!o!)なんて思っちゃったですよ。

休憩後の後半は全員登場して、ソプラノ独唱の世俗カンタータを丸ごと1曲である。
BWV204「わたしの心は、満ち足りて」っ--ありゃsign02BCJの定期でキャロリン・サンプソンが歌ってた曲じゃありませぬかsign03

レチとアリアが交互に全8曲から構成、アリアではそれぞれ異なった楽器と共に歌うという趣向である。
ソプラノのグシュヴェンドは高音はキレイだが、低音がやや弱くて2曲目のアリアではオーボエ2本にかき消されて聞こえた。正直、最近聞いたソプラノではサンプソンやフォンス・ムジケのドロテー・ルクレールと比べるとかなり分が悪い。

しかしながらthunderBCJの時は、歌うのは大変そうなばかりで説教臭くて長いなーと感じた同じ曲が、不思議なことにこの日のLPBの演奏ではアンサンブルが楽しく、面白く聞けたのだよ。
BCJの端正な演奏に比べれば、シギス親爺の方はヨレヨレ&ギコギコ(^<^;していたにも関わらずである。
いやはや、やはりこれはシギスの親爺力というべきか、LPBならではというかspa
というわけで、満足できたコンサートだった。

それにしても、中心メンバー4人はこの前夜にもモーツァルトを弦楽四重奏でやってたんだよね。すごいタフですなあ(・・;)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

「フォンス・ムジケ」:大雨にも負けず寒さにも負けず

171101
会場:武蔵野市民文化会館小ホール
2017年10月6日

リュートの今村泰典主催のフォンス・ムジケ、久々の公演である。今村氏単独では結構頻繁に来日しているが、グループ名義だと関東圏ではもしかして--北とぴあ音楽祭の時以来かsign02(ブログを始める前なので、記録なし)
というわけで、平日に職場から武蔵野はあまり行きやすくないのだが、都内ではここしかやらないのである。フォンス・ムジケの公演とあっては致し方ない。頑張って行きましたよ(^^)b

演目はソプラノ独唱によるモンテヴェルディ、メールラ、ストロッツィの初期バロック歌曲とヘンデルのイタリア語カンタータ、そして残り半分を器楽曲という構成だった。

歌手以外の4人はテオルボ+チェロ+バロック・ギター+チェンバロで、撥弦楽器多めな編成だ。そのためか、通常のこの手のアンサンブルとはやや異なった響きが伝わってきた。

今村氏はバッハの無伴奏チェロ曲から、テオルボで演奏。正直、この会場でテオルボ一丁というのは無理な話で、近江楽堂あたりで聞きたかった。
アンサンブル全員の演奏はボノンチーノのソナタだった。

ソプラノのドロテー・ルクレールは非常に巧妙にして隙なし、といった歌唱で会場を聞き入らせていた。テクニックも感情表現も申し分ない人で、これからの有望株だろうが……ただ、どうも個人的にはちょっと声質が好きではなくて(^^;ゞあまりのめりこんで聞けなかったのである。
この公演はしばらく前に出たストロッツィの録音を元にしているが、そのCDはやはり彼女の歌唱がどうも苦手であまり聞かないまま放り出していたのだった。まあ、こればっかりは好き嫌いの問題なんでしょうがないよね。
昔、「ミュージック・マガジン」誌の星取表に「声が嫌いで1点減点」と書いたライターがヒンシュクかったのを思い出したdash

アンコールの2曲目はなんとシャンソンの「枯葉」だった(!o!) 緊張が解けてホッとなごむ気分でヨカッタ。
もっとも、一貫性がなくて気分が壊れたと批判しているブログもあったので、やはり人それぞれであるよ。

メンバーはなにげに美人度高しshine ギターは若くて初々しい娘さんみたいな印象。チェロは妖艶なおねーさま風、ドロテーは硬質でキリっとした美女であった。


武蔵野には改装後初めて行った。気温が低くて、大雨が降った日だった。三鷹駅からの道のりが遠くて、さらにビショビショして寒くってもうマイッタtyphoon 歩いてて長~く感じて、帰りたくなってしまったですよ(+o+)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月31日 (火)

聞かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 11月版

なんかもう忙しくて、おちおちコンサートにも行ってられません(+_+)

*3日(金)フレスコバルディへのオマージュ(廣江理枝ほか):藝大奏楽堂
*  〃  バッハ無伴奏チェロ組曲第1回(鈴木秀美):浜離宮朝日ホール ♪第2回は10日
*11日(土)ラモー コンセールによるクラヴサン曲集(湯上かおりほか):近江楽堂
*12日(日)秋の都電荒川線ライブ(ジョングルール・ボン・ミュジシャン):都電荒川線三ノ輪橋~大塚駅前
*18日(土)マラン・マレその秘められた才能(寺神戸亮ほか):石橋メモリアルホール
土曜出勤の日と重なってしまいました(/_;)グスッ
*19日(日)バッハ 音楽の捧げもの(バルトルド・クイケンほか):横浜みなとみらいホール
兄弟時間差来日?
*21日(火)アリーン・ジルベライシュと仲間たち:近江楽堂
*27日(月)バッハ フルート作品全曲演奏会(バルトルド・クイケン&渡邊順生):浜離宮朝日ホール
*29日(水)5弦のチェロで、ク~プラン。(ジュゴンボーイズ):旧古河庭園・洋館

これ以外にはサイドバーの「古楽系コンサート情報(東京近辺、随時更新)」もご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月22日 (日)

モンテヴェルディ「聖母マリアの夕べの祈り」:夕べに「祈り」を聞かば、朝に死すとも可なり

171022
演奏:バッハ・コレギウム・ジャパン
会場:東京オペラシティ コンサートホール
2017年9月24日

モンテヴェルディ・イヤーも後半戦押し詰まってまいりました。ここで真打登場風にBCJが「晩課」を演奏です。この後には「ポッペア」も控えておりますねー。
コルネットとトロンボーンにはコンチェルト・パラティーノが入るという豪華布陣、会場は期待する聴衆で満員御礼fullであります。

しかし、個人的に獲得できたのが一番端っこの席ということで、音的には今イチなのだった。
折角のコンチェルト・パラティーノ参加なのに管の音が遠くに流れ去っていく印象。ステージ上もよく見えんし、うーむ、残念無念である(-"-)

曲の聞きどころとしては、個人技よりも合唱と器楽のアンサンブルがメインだと思うので、その点はBCJの得意技、本領発揮といってよいだろう。両者がほぼ完璧に融合した響きを作り上げ、正統派モンテヴェルディの美しさshineをいかんなく発揮していた。
コンチェルト・イタリアーノとは違って大編成なのでその点でも迫力ある。通底リュートは野入志津子&佐藤亜紀子、鍵盤は鈴木優人&大塚直哉という布陣だ。

ただ、バッハのカンタータの時のように歌手が奥の雛壇に配置されているので、独唱部分がある度にチョコチョコと出たり入ったりするのが頻繁で、やや煩雑に見えた。
それと、正統派過ぎてそこを不満に思う人がいるかも……。

個人技を発揮する作品ではないとはいえ、独唱した歌手の中ではやはり櫻田亮がピカピカと光ってflair力強い歌を聞かせてくれた。あと、ソプラノ2人(ソフィー・ユンカー、松井亜季)も力を発揮。
それからリコーダーの一人、古橋潤一が終盤で派手な装飾音を入れて吹きまくっていたのには笑ってしまったですよ(^O^)

これで、今年の私のモンテヴェルディ祭りは終了(多分)。皆さま、テレマン250年祭りもお忘れなく(@^^)/~~~


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月14日 (土)

「サヴァール・トリオ ラ・ヴィオール・セルティーク」:静かなるケルト

171014
会場:王子ホール
2017年9月14日
→写真は水戸公演のチラシです

近年、様々なテーマで録音を出し続けているサヴァール、今回の来日のテーマはケルト音楽である。CDは数年前に出ていたと記憶している。

ほとんどは短い曲で、アイルランドやスコットランドの伝統曲や舞曲があれば、様々な時代に作曲家が作った曲もある。それを数曲ずつセットという組曲のようにして演奏した(公演日によってセットは変わったらしい)。

サヴァールはトレブルとバスのヴィオールを使用。トレブルはまるでフィドルのように聞こえた。十ウン年ぶりに見たアンドルー・ローレンス=キングはハープとプサルテリを弾いていた。後者はなかなかナマでは見られない(聞けない)だろう。伝統的なパーカッションであるバウロン(プログラムには「ボラーン」と記されていてビックリだsign03)を叩いていたのはフランク・マグワイアーという人である。
この3人でやるセットもあれば、ソロで担当するセットもあった。

打楽器が入り舞曲もあるとはいえ、全体には渋くて静謐な印象である。眠気虫が至る所に出没。それを応援するように会場の照明も暗い(この会場はいつもそうだが)。
また、クラシックとしての古楽演奏ともかけ離れているせいか、私の前に座っていたグループは前半が終わると姿を消してしまった。

マグワイアー氏は元々伝統音楽だけでなく色んなジャンルのミュージシャンと共演している人とのこと。サヴァールの方から声をかけたというだけあって、かなりの腕前である。終演後に中高年の女性が英語で話しかけたら、気軽にいいですよと楽器を見せていた。
スコットランドみたいなスカートを穿いて出てきたので、アイルランドの民族衣装も同じなのかと驚いた(もっとも、チェック柄ではない)。

サヴァールは演奏自体はエネルギッシュだったけど、外見はかつてと異なり油気がすっかり抜けて、なんだか枯淡の粋に達しているようだった。一方、ローレンス=キングは逆に恰幅がよくなり、サヴァールの二倍ぐらいの横幅があったleftright 蒸し暑い気候の日だったせいか、ハープの調弦には非常に苦労していたが、調弦の苦労と体重は関係しないようである(^^;)

アンコール1曲目のアラブ風の曲が面白かった。11月1日にNHK-FMで放送予定とのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

「マントヴァ聖バルバラ教会の音楽とポリフォニー即興」:下は冷蔵庫、上は蒸し風呂、なーんだ?

171001
演奏:セステット・ヴォカーレ
会場:求道会館
2017年9月10日

テノール福島康晴、バリトン辻康介など6名がアカペラでルネサンス期の歌曲を歌う。このグループを聞くのは初めてだが、これまでの公演では世俗曲ばかりだったらしい。
なんでも夏にイタリアにメンバーで研修に行き、マントヴァの聖バルバラ教会で歌ったという。バルバラ教会はゴンザーガ公によって当時のポリフォニー音楽を響かせる目的に特化された作られた空間だとのこと。で、今回はその同時代の宗教曲を演奏するという趣向だ。

パレストリーナ、モンテヴェルディなど有名どころもあれば、ロジェールとかデンティチェとなると名前も聞いたことありませ~んsweat01 なんとゴンザーガ公の作った曲もあり。
さらには即興演奏や、会場の客にコーラス参加させたり(客の人数が多いので、歌手たちの声がかき消されてしまうというアクシデント勃発)と、色々仕掛けがある内容だった。

求道会館の響きもよく、当時の聖バルバラ教会もこんなだったかという気分になった。全編無伴奏というのは技量がなくてはできないだろうが、時々妙に歌声がペラペラと薄くなって不安定になってしまうのが気になった。

開演前に建築としての求道会館の解説があったが、客入れと同時だったのでザワザワしてあまりよく聞き取れなかった。
それとムシ暑い日だったので、エアコンを稼働させていた。しかし床から(?)風が吹き出てくる構造だったので、1階は冷蔵庫で2回は蒸し風呂状態(らしい)になってしまってマイッタですよ(@_@;)
171001b_2


←燭台は鶴が咥えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

聞かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 10月版

コンサート・ラッシュでとても行ききれません(>_<)

*2日(月)激動の英国、激動のコンティヌオ!(コンティヌオ・ギルド):近江楽堂
*6日(金)フォンス・ムジケ:武蔵野市民文化会館 ♪8日にも横浜ひまわりの郷で公演あり
あまりチケットが売れてないと聞いたんですが、マジですかっ(!o!)
*9日(月)頌歌 バロック3大作曲家の饗宴(セシリア・コンソートほか):石橋メモリアルホール
*11日(水)・12日(木)オール・バッハ・プログラム(ラ・プティット・バンド):浜離宮朝日ホール
*12日(木)若松夏美バッハを弾く(ハクジュホール)
*13日(金)ジョージ・フィリップ・テレマン7(ウト・ファ):近江楽堂
*28日(土)男と女のイタリア恋物語(細岡ゆきほか):JTアートホールアフィニス
*31日(火)シェイクスピアの春夏秋冬(レ・タンブル&ハルモニア・レニス):近江楽堂

これ以外にはサイドバーの「古楽系コンサート情報(東京近辺、随時更新)」をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

「大塚直哉レクチャー・コンサート」:なりは小さくとも

170917
ポジティフ・オルガンinアンサンブル
演奏:大塚直哉ほか
会場:彩の国さいたま劇場音楽ホール
2017年8月27日

チェンバロ啓蒙活動を各地で続ける大塚直哉、もちろんオルガンも忘れてはいませんnotes
この日はさいたま芸術劇場で、ポジティフ・オルガンのレクチャー付きコンサートを行ったのであった。このオルガンは会場備え付けのものだとのこと。

まずは大塚氏独奏で耳慣らし。バッハのリュート用組曲からだが、オルガンで初めて聞いた。なんだか左右のリズムが微妙にずれているというか、揺れがあるようで微妙に脳内がクラクラしてくる。

パッヘルベルのカノンでは他の奏者3人も登場。オルガンは大西律子&荒木優子と共に3番目のヴァイオリンのパートを演奏。(チェロは高橋弘治)
コレルリやサンマルティーニの曲ではそれぞれ通奏低音、ソロ楽器としてアンサンブル内の役割を果たすのを実演して見せた。

後半は他の3人の奏者のソロと共演という形だった。大西女史はバッハ、高橋氏はガブリエリ、荒木女史はコレルリだったが、ガブリエリの解説の時に驚きの証言があった。名前にLが二つ続く時は、NHKの規則で「ガブリエルリ」と言わねばならなかったのだという(!o!) しかし、今は喋る時はガブリエリでよくなったが、番組表ではそのままなのだという。

ラストは全員でモーツァルトの教会ソナタで終了。
バッハのコラール曲のオルガンソロでも曲中にアンサンブルの要素がある、など色々ためになる解説であった。
空席も結構あったが、引き続き文化はつるサイタマで啓蒙活動を続けていただきたい。

荒木さんのお衣装は「夏の高級避暑地のマダム風」でしたわよ(#^.^#) でも会場の外に出たらすっかり風も夕陽も秋めいていた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「フランス音楽の彩を楽しむ 6」:台車の音が……

170916_2
演奏:宇治川朝政ほか
会場:近江楽堂
2017年8月19日

木の器主催の定例コンサート、今回は総勢6人と比較的大きな編成だった。宇治川&福間彩コンビ以外にヴァイオリン秋葉美香&廣海史帆、ガンバがJ・チータム、トラヴェルソ野崎真弥という顔ぶれである。

冒頭、穏やかでのんびりした調子のオトテールで始まったが、ヴァイオリン2人のみのルクレールになると一転、緊張感が走り二つの楽器がせめぎ合う演奏に。
マレのトリオによる組曲になると、また一転して哀愁味漂う曲調となった。管が二人いるが、あくまでも中心はチェンバロとガンバで掛け合いをしていく。

休憩をはさんで、クープランの「諸国の人々」で開始……と思ったら異変勃発(!o!) 何やら外からかガラガラと巨大な台車を引きずるような音が伝わってくるのだ。実は過去に「台車の音が響くコンサート」というのを体験したことがあるが、今回の近江楽堂は遮音についてはかなりの水準な会場なはずなので、変だなあと思った。だが、天井にある十字型の窓を見上げると、なんだかやたらに曇っているというか煙っているmist状態ではないか。
ここに至って、ようやく激しい雷雨が降っていることが分かったのだった。
同じオペラシティでもコンサートホールの方にいたら気付かなかったかもthunder

閑話休題、ド・ヴィルヌーヴという初めて聞いた(^^?)作曲家の組曲も演奏された。こちらは密やかな対話のよう。
ラストは再びマレで、楽しく豊かなアンサンブルを堪能できた。アンコールはボワモルティエだったが、野崎女史(だったよね?)がハーディガーディを披露。ソブラノリコーダーも加わって会場を沸かせたのだった。

いつも楽しませてくれる木の器主催の公演、また次も行きたいぞっと(^o^)丿
なお、宇治川氏は前回の公演でシャツの裾でリコーダーを拭いていたsign03が、改善してちゃんとタオルを持ってきてふいていたですよ。

雷雨は相当なもんだったらしいと後になって知ったけど、終演時にはサッパリと止んでいたのであったfuji


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧