古楽

2019年12月 7日 (土)

「エマ・カークビー ソプラノ・リサイタル」:降りるは簡単、上るは苦難、ステージへの道

191207 北とぴあ国際音楽祭2019
会場:北とぴあ さくらホール
2019年11月7日

今年も来ました恒例の北とぴあ。北区民のありがた~い税金による音楽祭であります。
この音楽祭とエマといえば数年前の『妖精の女王』が思い出される。今年はオペラの参加はなくて単独コンサートだ。

前半はつのだたかしのリュート共に英国ルネサンス歌曲。後半は寺神戸亮率いるアンサンブル(総勢9人)との共演でバロック名曲選、という盛りだくさんな超お得プログラムだった。

ルネサンスものの方はダウランド中心で、他にキャンピオン、J・ダニエルも。会場は多目的で1300人収容という広さで、この手の音楽には向いていない。でも、か弱そうなエマの声は驚くほど鮮明に大きく届いた。歳は取ってもやっぱりエマ✨であった
ただ、さすがにリュートの音については苦しいものがあった。

バロックの方はヘンデルの信奉者だったというW・ヘイズの声楽曲で開始。歌詞の中に登場するホルンが実際に加わって演奏した。
英国ものなら定番パーセルの後は、なぜかその後バッハ。やはりバッハを入れないとダメなのかしらん。
しかし、事前のチラシでは最後の演奏が「コーヒー・カンタータ」からになっていたのを変更して、「やはり今年のオペラはヘンデルなんで」ということで結局ヘンデルに差し替えられたとのこと。
ということで、バッハはロ短調ミサからの1曲だけで、ヘンデルが「メサイア」と「アルチェステ」からとなったのだった。

エマの歌唱はパーセルやバッハよりもヘンデルの方が冴え渡っていて、この変更は吉と出たのである。
器楽曲ではバッハの「オルガン小曲集」をアンサンブル用に編曲したのがよかった。対位法の心地よさが満ちあふれるように感じられる~(^^)~

アンコールは「結婚カンタータ」より。
カーテンコールでエマと寺神戸亮が手を目の上にかざしてしきりに客席を見ている。何かと思ったら前半のつのだたかしが客席にいるはずなので、探していたらしい。
そして、手招きされてつのだ氏が客席から立ち上がり、ステージ上へ……行くはずが、なんと客席のフロアから壇上へと上がる階段がないのだった(!o!) かくしてステージの下にいるまま彼は会釈するという羽目に。
階段ないのは、興奮して上ってくる客を防止するためでしょうかね⚡

|

2019年12月 2日 (月)

「模倣か独創か パーセルとイタリアのマエストロたちのトリオ・ソナタ」:ソナタ・ワールドカップ英×伊は勝負より融合

191202 演奏:レザミ・ドゥ・バルバスト
会場:近江楽堂
2019年11月2日

ヴァイオリン天野寿彦、コリーヌ・オルモンド、チェロ山本徹、チェンバロ辛川太一という4人で、パーセルのソナタを中心として英国バロックの変遷を聞くコンサートである。
C・オルモンドはフランス出身。バルバストという土地で開かれた古楽講習会で天野・山本と知り合い、アンサンブルを組んだという。今回は10年ぶりらしい。

パーセルというと声楽曲系がよく演奏されるけど、実際には器楽曲も多い。30代半ばで亡くなったのによくこれだけ多岐に渡る作品を残したと感心する。長生きしていればどれだけ名作を生み出していたかと思う。

プログラムは前半がパーセルに影響を与えたとおぼしきローズ、M・ロックにウィリアム・ヤングと、パーセルのソナタを交互に演奏した。
英国では「ソナタ」という言葉はなかなか定着せず、「ファンタジー」「組曲」「エール」などと呼んでいたそうな。ヤングという人は初めて曲集に「ソナタ」を使ったらしい。

後半は「イタリア趣味の音楽の台頭とパーセルのトリオ・ソナタへの影響」でマッティス、カッツァーティ、コレッリ、ヴィターリの作品が登場。
ジェームズ2世がイタリア貴族のメアリーと結婚したため、イタリア人音楽家たちがロンドンへ向かい人気を博したそうである。
パーセルは初めて「ソナタ」としてイタリア風トリオ・ソナタ集を出したとのことだ。これらを交互に演奏していくことで、類似点や影響を探っていく。

このように意欲的なテーマの下の凝ったプログラムだったけど、演奏は決して古びた音楽ではなく躍動的かつホットなものだった。
しかし内容が地味なせいか空席が目立った。(ほとんど身内だった?) 聞き応えたっぷりで充実してたのに~、残念。

4人目のメンバー辛川氏はまだ20代半ば?、J・ロンドーよりもっと若い。先輩方を引き立ててそつのない演奏。将来有望ですね、オバサン応援しちゃう(@^^)/~~~


ところで、近くにいた外国人男性が頻繁にスマホを取り出して(ほとんど楽章ごとに)何かをチェックしているので、なんなんだ💢これは!と思ったけど、後から考えるとラグビー・ワールドカップ決勝の経過を確認していたらしい。
「どっちが勝ったんですか?」って聞けばよかったかしらん。

|

2019年11月30日 (土)

聞かずば死ねない!古楽コンサート 12月版

秋の怒濤のコンサート・ラッシュが過ぎればはや師走です(+_+)ショボ

*1日(日)ローレンス・ドレフュス氏を迎えて 上野学園大学古学研究室演奏会:石橋メモリアルホール
こちらも聞きたかったのに、先に北とぴあのチケット取っちゃってたもんで……。
*  〃  ヘンデル リナルド(寺神戸亮&レ・ボレアードほか):北とぴあさくらホール
*5日(木)Now may we syngyn 中世イギリスのキャロル(トルブール):近江楽堂
*8日(日)選り抜きダウランド(つのだたかし&波多野睦美):松明堂音楽ホール
*13日(金)有田正広&有田千代子 in明日館
*15日(日)オリーブコンソート:東京文化会館小ホール
*24日(火)リュートとテノールによる英国歌曲の夕べ(水越啓&佐藤亜紀子):近江楽堂
*25日(水)木の器 クリスマスコンサート:近江楽堂
*27日(金)鈴木秀美チェロ・ピッコロリサイタル:近江楽堂
*30日(月)ビストロ・バロック!:スペース415

これ以外はサイドバーの「古楽系コンサート情報(東京近辺、随時更新)」をご覧ください。

|

2019年11月25日 (月)

「アンサンブル・マレッラ」:本場フレンチのかほり

191125 会場:近江楽堂
2019年10月31日

エマニュエル・ジラール率いるフランス人4人と日本人ヴァイオリニストによるアンサンブル。レパートリーはロマン派まであるそうだが、この日はマレ、フォルクレ、ルクレールというモロに「18世紀フランスバロック黄金期」(チラシより)をやった。
かつてベルサイユに流れた本場の音を味わえて嬉しかった( ^o^)ノ。

前半がマレ特集で、この少し前に石橋ホールで聞いたマレの「聖ジュヌヴィエーヴ・デュ・モンの鐘」をここでも聞くことが出来た。冒頭の「鐘」のフレーズはテオルボの演奏で開始だった。
ヴァイオリンの神谷未穂は豪快な弾きっぷり。モダンのオーケストラでも活躍しているとのことだ。

親密な曲調のヴィオール曲からルクレールのヴァイオリン・ソナタまでメンバーの息もぴったりと合って、これぞアンサンブルの醍醐味だろう。

もう一人のガンバ弾きL・デュブランシェは日本に留学していたということで日本語うまくて驚いた。
テオルボのT・ルッセルは、俳優の誰かに似ているような気がして(二枚目!)コンサート中ずーっと考えていたが、思い出せぬまま終了。かなり攻めな態度の通奏低音であった。
一方、通常鍵盤弾きの人は自分が弾いてない時はじっと譜面を見たりしているものだが、今回のS・ドセは違っていた。腕を組んで曲に合わせて身体揺らしたり、隣にいるルッセル氏が通底弾くのをチラっと見ては「おぬし、やるな( ̄~ ̄)ニヤニヤ」したりして……ちょっと変わっている。

またバロックもののコンサートをやってもらえたら聞きに行きたい。

|

2019年11月13日 (水)

「ミューズの力 恋する女性たち」:通底弾けば鐘が鳴るなり聖ジュヌヴィエーヴ・デュ・モン

191113 フランス・カンタータの世界
演奏:クレール・ルフィリアートルほか
会場:石橋メモリアルホール
2019年10月20日

ル・ポエム・アルモニークで活躍してきたソプラノ歌手クレール・ルフィリアートルを迎えて、フレンチ・カンタータに登場する女性を浮かび上がらせる。
日本側の奏者は寺神戸亮、上村かおり、前田りり子、曽根麻矢子という布陣である。

リュリの「町人貴族」で開始で、前半一番盛り上がったのはモンテクレールのカンタータ「恋の繰り言」であった。レチとアリアの繰り返しの中に恋する女の激しい感情の波が浮かび上がる。

後半では終盤の二曲続けて、クレランボーの「メデ」とカンプラの「アルテ」から、で最高潮になった。扱っている神話は異なるものの、「最愛の者を手にかけざるを得なかった悲劇の女性」が主人公である。

ルフィリアートルの歌唱は怒濤のように全てをさらけ出すというのではなく、抑制された中に感情を表現しているようだった。このジャンル特有の甘美なる哀しみが存分に味わえた。
バロックの修辞や装飾法などは素人なのでよく分からないが、フランス語歌曲の美しさはさすが本場の人は違う✨と感じた。アンコールはランベールだった。

当時の器楽曲も交互に演奏された。一番の聴き応えはやはりマレの「聖ジュヌヴィエーヴ・デュ・モンの鐘」だろう。寺神戸亮のヴァイオリンは「メデ」でも活躍、「飛び回れ、悪魔よ♪」という一節では見事に悪魔を飛び回らせていた。


全くの余談だが、会場の入口に「ぶらあぼ」が山になって積んであったので「おっ、最新号🎵」と思っていそいそと貰った(毎月18日に発行)。そうしたらなんと先月に出たヤツだった。もう最新号出てるのに~。
私以外にも数人だまされて持って行った人がいたようである。

|

2019年11月 8日 (金)

「テレマン ベスト・オブ・トリオソナタ」:タテ笛奏者百人に聞きました、あなたの好きな作曲家は?

191108 演奏:レ・タンブル&ハルモニア・レニス
会場:近江楽堂
2019年10月8日

二つのグループ合体(計5人)コンサート、前回はシェイクスピアがらみで、今回はテレマン尽くしである。本当は小金井のホールでイタリア・バロック特集をやったのだが、残念ながらオランダ・バッハ協会と重なってしまい、こちらの方になったのだ。(小金井宮地楽器ホールってまだ行ったことないから生きたかったのよ(+_+)トホホ)

この合体グループの特徴は鍵盤弾きが二人いて、チェンバロ二台にさらに片方はオルガン重ねだから三倍の迫力である。あと、前回もやっていたのをさらに進化していたのが木製の特設演奏台だ。
詳しくはU岡氏のブログに写真が載っているが、客席からだと「高い台上で三人演奏してるな」としか見えなくて、詳しい構造はよく分からない。写真で見るとこんな所でよく演奏をしたものよ--と思うのは確かだ。
この秘密兵器によってガンバ、ヴァイオリン、リコーダーの音響がより豊かになるのであった。

様々な楽器のために多彩な曲を書いたテレマン、曲ごとに編成を頻繁に変え、それぞれ楽しむことができた。中には、二人が一つのオルガンを弾く「4手のためのフーガ」なんてのもあった。そんなのも作ってたのかと驚き❗のテレマンである。

水内謙一のリコーダーも大活躍、縦笛吹きはやはりテレマンが大好きなのだなあと感じた。その持ち味をよ~く味わえたコンサートだった。
次回は来年の5月か6月にあるとのこと、また行きますよ( ^^)/

|

2019年10月31日 (木)

聞かずば死ねない!古楽コンサート 11月版

なんとなくドタバタしている秋の日々であります。

*2日(土)模倣か独創か パーセルとイタリアのマエストロたちのトリオ・ソナタ(コリーヌ・オルモンドほか):近江楽堂
*3日(日)ジャン・ロンドー:東京文化会館小ホール ♪フランス・バロック篇
バッハ&スカルラッティも行けばよかったかなあ(ーー;)
*6日(水)ランチタイム・コンサート エマー・カークビーを迎えて:石橋メモリアルホール 🎵入場無料❗
*7日(木)エマ・カークビー:北とぴあさくらホール
*11日(月)ガブリエーリとシュッツ 神聖なる響きの大伽藍(エクス・ノーヴォ室内合唱団):東京文化会館小ホール
*12日(火)カッチーニ 新音楽(鈴木美登里&今村泰典):近江楽堂
*14日(木)バルトルド・クイケン バロック・フルートリサイタル:浜離宮朝日ホール
*15日(金)・17日(日)ベルカントオペラフェスティバル・イン・ジャパン A・スカルラッティ「貞節の勝利」:テアトロ・ジーリオ・ショウワ
これはいまだに行くかどうか迷っています。
*19日(火)フランス宮廷恋のうた 17世紀フランス音楽の楽しみ(村上惇ほか):旧古河庭園・洋館
*27日(水)ラモー プラテ…ジュノンの嫉妬(ジョイ・バレエ ストゥーディオ):ブリリアホール
*28日(木)リュートの古風な楽しみ(つのだたかし&瀧井レオナルド):近江楽堂
*29日(金)・12月1日(日)北とぴあ国際音楽祭 ヘンデル リナルド:北とぴあさくらホール

これ以外はサイドバーの「古楽系コンサート情報」(東京近辺、随時更新)をご覧ください。

|

2019年10月30日 (水)

「ソフィオ・アルモニコが綴る 爛熟のイタリア」:装飾なしでは始まらぬ

191030 器楽を彩るディミニューション
演奏:ソフィオ・アルモニコ
会場:近江楽堂
2019年10月6日

ルネサンス・フルート集団のソフィオ・アルモニコ、この日はリュートの坂本龍右を迎えてディミニューション特集である。
そもそも「ディミニューション」って何(^^?などとシロートは思ってしまうのだが、ルネサンスから初期バロックへと音楽が変化する中でより劇的に複雑化していった装飾--ということでいいんですかね。
ジョスカンの時代に対位法完成→後は装飾音を使いまくり→遂に崩壊→メロディと和声のバロック世界へ、となるとのこと。

前田りり子を始めとするメンバーの解説によると、フルートという楽器はルネサンス期が最盛期。しかしその特性として劇的ではない、柔らかい音、そして音量も小さい……ということから、バロックの過渡期の音楽の変化について行けない。
ルネサンス・フルートでは複雑な曲の演奏は難しく、装飾が付いている曲は装飾音を抜くと間延びしてしまう。ツィンクやヴァイオリンなら全く問題ない。で一度は衰退して、フルートが復活するのは17世紀後半になってからだそうだ。

このコンサートでは、そんなフルート激動の時代を実際に曲を演奏し、装飾音を通してたどった。古くはオルティスの変奏曲(リュート独奏曲はもっと古いダ・ミラノ)からフレスコバルディの四声の曲まで。フルートはどう生き残ってきた(あるいは生き残れなかった)かが目の前(耳の前)で明らかになる。
低音の特注楽器も登場、野崎真弥によるハーディガーディの特別出演も交えつつ、ルネサンス・フルートの限界に立ち向かうのであった。

しかし古楽に興味のない人からすれば、なぜ不自由な楽器を使って困難な曲をわざわざ演奏しようとするのか全く理解できないに違いない。全く意味の無いことに思えるだろう。
だけど、それが古楽人の生きる道よ(T^T)クーッ
もちろん実際に聞こえてきた音楽は全く「不自由」ではなかったのであるが。


本日の失敗は休憩時に会場へ再入場する際に、バッグの中のチケットつかんで出して通ったら、後で見ると昨日のオランダ・バッハ協会の半券だったこと。わざとじゃないんですう(>O<)
教訓:終わったコンサートの半券は素早く処分すること

|

2019年10月23日 (水)

佐藤俊介とオランダ・バッハ協会管弦楽団」:楽器それぞれ演奏者もそれぞれ

191023 会場:彩の国さいたま芸術劇場音楽ホール
2019年10月5日

老舗オーケストラに若い日本人が抜擢!で話題のコンサートに行ってきた。一週間前に浜離宮でも同じ内容であったのだが、県民愛に燃えて💕彩芸の方を選択。ただ後日、行きたかった別のコンサートとバッティングしたことが判明……(T-T)

結論は「若くて才能のある人が本当にいるもんだのう」と感心したのであった。
冒頭、バッハ先生管弦楽組曲第1番を弦・管・通底それぞれ3人という少人数で演奏。会場の特性のためか輝くように響くオーボエ2本に対してバスーンの突っ込みがグイグイと強引で、思わず笑っちゃうほど。元々そういう曲とはいえ、ここまでやるかー(!o!)と言いたくなるほどの暴れ方だった。このバスーン氏、前半だけで引っ込んじゃったのは残念である。
その後も弦と管が対話をするように続き、こういう曲だったのかと認識を新たにし、新鮮に感じる展開と響きを聞かせてもらった。

続くピゼンデルの「ダンスの性格の模倣」では全員(11人)出場。様々な舞曲が勢いよく続き、ハッと気付いた時には曲が終わっていた。
再びバッハ先生はヴァイオリンとオーボエの協奏曲は、二人いたオーボエのうち女性の方が独奏したが、なんだかクセのある吹き方が気になった。全体としてはブラボーが飛ぶ出来だったけど。

後半のヴァイオリン協奏曲2番は、いよっ待ってました( ^o^)ノとかけ声をかけたくなるほどの、佐藤俊介の見せ場(聞かせ場)だった。まさにヴァイオリン弾きのための曲。バッハが作った当時もこんな風に優秀なソリストが弾きまくったのであろうかと思いをはせたりして。
他の日には第1番をやったそうなので、そちらも聞きたかった。

ドレスデンで活躍したビュファルダンの曲ではフルートが、次のブランデン5番では加えてさらにチェンバロも--とそれぞれに活躍。曲ごとに楽器の配置を変えて、楽器同士の対話と個人技が生き生きと調和していた。

グループ内の息の合い方もピッタリ、佐藤氏がさりげな~くリーターシップを取っているのがうかがえた。しかし彼はこの後モダンオケと共演の公演もやったりするのね。大したもんである。そのためサイン会は長蛇の列が出来ていた。

ところでチェロ担当の女性がすごく大柄な人だったのだが、隣のコントラバスの男性が非常に小柄(多分メンバー中で一番身長低い)というすごい差があった。
近くの客が「一番小さい人が一番大きな楽器をやってる」とポツリ一言もらしたのがおかしかった。どういう経緯でその楽器を選んだのか。人それぞれなんでしょうなあ。

本日のコンサートは前方に背が高い人が座ることもなく、両脇に雑音を発する人もいなくて、真にストレスなしで聞けてヨカッタ。
開演前と休憩終了時にスタッフの人が通路に立って注意事項を言ってたけど、反響のせいでほとんど聞き取れなかった(帽子と前のめりについて言っていたらしい)。放送でアナウンスした方がいいのでは。

|

2019年10月14日 (月)

「ベルリン古楽アカデミー×ソフィー・カルトホイザー」:歌心あればオーボエ心あり

191014 会場:トッパンホール
2019年9月29日

ベルリン古楽アカデミーのコンサートは多分5回目。(前回の感想はこちら
今回のコンマスはベルンハルト・フォルクという人である。武蔵野でも公演あり、完売という人気だった。

前半は器楽のみのプログラム。J・SならぬJ・B・バッハって誰(?_?)と思っちゃうが、「ヨハン・ベルハルト」でバッハ先生の又いとこだそうだ。その「管弦楽組曲」の第1番は6楽章からなる。1730年頃にコレギウム・ムジクムで演奏されたものらしい。
バッハ先生の同名タイトルの曲に比べると流麗で滑らかな聴き心地である。ただ、それ故に面白味に少し欠けるような印象だった。

続いて息子カール・フィリップ・エマヌエルの作品よりオーボエ協奏曲。独奏として前回公演でも神業で吹きまくっていたクセニア・レフラーが登場した。第1楽章での空間を埋めるような重層的な弦の躍動感に続いて、第2楽章ではレフラーのオーボエが叙情たっぷりに歌ったのだった。

後半はソプラノのソフィー・カルトホイザーも加わり、ヘンデルのソロ・カンタータ「愛の妄想」を演奏。イタリア時代の作品とのこと。
歌の内容は恋人を亡くした女の悲痛な嘆きである。それを怒濤のようにたたみ掛けて歌い上げる。まだ若い頃の曲なのに、器楽には煽り立てるようなヘンデル節が既に潜んでいるようだ。オーボエ、ヴァイオリンとの絡みも見事。

しかし、歌詞は冒頭と最後のレチだけ第三者からその女を描写している。狂的な一人称の愛情表現から終盤の三人称による描写の冷静さへと、内容に則した微妙な切り替えをカルトホイザーは巧みに表現していた。
ヘンデル先生の時代もこのように強力なソプラノが聞き手を圧倒していたのだろうな、などと考えつつ拍手したのだった。アンコールは「ジュリオ・チェーザレ」より。

彼女は古楽畑での公演や録音が多く古楽歌手と言えそうだが、もっと後の時代のオペラでも十分通用しそうなタイプの歌唱だと思えた。


コンサート自体は良かったのだが、参ったのは隣の女性が最初から最後まで口に指突っ込んで歯に挟まった食べカスを取ろうとして(多分)、ずっとクチャヌチャ音を立ててたこと。
全ての音符と音符の合間、カルトホイザーの声と重なって、それが聞こえてくる。照明も割と明るめなので何してるか丸見えだったのだ。
気になってしまってかなり消耗した(-_-;)

休憩時間中は隣の印刷博物館でやってる「現代日本のパッケージ2019」というのが入場無料なので覗いてきた。デザイン大賞を取ったのはソニーのアイボのパッケージだった。
全体的には今は「和もの」が流行っているんだなあ、と。
191014b

|

より以前の記事一覧