古楽

2018年1月15日 (月)

「バルトルド・クイケン&渡邊順生」:我が古楽道を往く

180114
J・S・バッハ フルート作品全曲演奏会
会場:浜離宮朝日ホール
2017年11月27日

兄弟時間差来日のクイケン兄弟、この日は単独バルトルドにチェンバロの渡邊順生が共演である。
午後7時開演のところ、6時からプレトークがあった。普通の平日ならぜったいに無理な時間だが、たまたま仕事を早退けできる日だったので6時に行ってみた。

ご両人が現れ、さらに通訳担当の前田りり子がステージに。
実はバルトルドの本(『楽譜から音楽へ』)が翻訳出版されるのでそれに合わせて来日したが、翻訳者関係の都合で2か月ほど遅れてしまったという。その本は1650年から1900年ぐらいの音楽について書いた。ピッチ、調律、フレージングなどなど。

本日のコンサートはバッハがどんな楽器を使っていたか考えた、とのことで、当時使われていない楽器のための曲は書けない。同じバッハの作品でも時代が異なるものはそれに合わせた楽器を3本を使用する。--と、ここで実際に吹いてみせた。
現代の楽器で演奏するのは間違った道具を使っているということで、それは私の仕事ではない(と言い切ったthunder)。古楽演奏は、そのような同じ質問を考え続け、その人にとって良い答えが導かれるのだ。50年前、50年後には変わっているかもしれないが。

というような内容だった。りり子女史の通訳はバルトルドの簡単な英語をさらに豊かにフォローしてたもよう(^O^;) 師弟ならではというところですかね。

演奏本編はトークに沿って、作品によってフルートを使い分けたものだった。
「無伴奏フルート」は3本の中では一番古く低音がよく響く楽器。その次の時代はもっとアクティヴな音が出るものとなる。「フルートと通奏低音のためのソナタ」BWV1035は晩年に作られた曲で、高音がよく出る楽器を使用。

古楽の演奏も今では色々意見や立場があり、クイケン兄弟も後進から槍玉に上げられたりするが、バルトルドが一徹に通してきたポリシーをひしと感じさせる内容だった。
といっても演奏自体は柔軟な響きにあふれていたし、渡邊氏との共演も息ピッタリであった。

ただ、鍵盤一緒でも笛一本というのはさすがに会場広過ぎである。もう少し狭い所で聞きたかったなあ(~o~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 2日 (火)

「アリーン・ジルベライシュと仲間たち」:夜中に走るチェンバロ

180102
演奏:アリーン・ジルベライシュ、平尾雅子、山岡重治
会場:近江楽堂
2017年11月21日

ジルベライシュ女史はフランスの鍵盤奏者、ル・パルルマン・ド・ムジークにも属し、主催者のマルタン・ジェステルの奥さんでもある。
平尾&山岡ご両人はオランダ留学時に知り合い(彼女は教える側)、親しく付き合っていたのとのこと。

その後、クープランの録音を出す際に弾いてもらおうと、数十年ぶりに連絡したら快諾してくれたということらしい。

この日のプログラムではクープランだけでなくデュパール、ダングルベール、ド・ラ・パール、マレの作品も入れて、「フランスのクラヴサン曲と合奏曲」というサブタイトル付きだった。

チェンバロは専門家には有名な「モンキー・チェンバロ」(猿の絵が装飾に使われている)で、スコット・ロスも使用した楽器らしい。なぜそれが日本に来たのかねsign02
この楽器に合ったピッチは404のため、山岡氏はなんとそれに合わせてリコーダーを制作したとのこと。

3人の合奏やチェンバロ独奏など様々な組合せで曲が次々と演奏され、親密な空間で奏者の関係をそのまま映し出すような、味わいある親密なアンサンブルを聞かせてもらった。これらの作品が作られ演奏された時もこんな感じだったのだろうなと思わせる。


ところで、チェンバロの脚の部分は「猿」ではなくて黄金色で山羊(?)のヒヅメが付いていた。写真撮っておけばよかったなあ。(撮影禁止だったかもdanger
誰もいない真夜中に部屋の中走り回ってたりして(^O^)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

聞かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 1月版

もう正月もめでたくもなんともなくなってしまってから幾歳月か……sandclock

*6日(土)イタリアの香り(向江昭雅&平井み帆):近江楽堂
*  〃  夢見る女(石橋輝樹ほか): 〃
*  〃  リクレアツィオン・ダルカディア:浦安音楽ホール
*14日(日)ヘンデル テオドーラ(ヘンデル・フェスティバル・ジャパン):浜離宮朝日ホール
*19日(金)フランス・バロック ヴィオル・デュオ(平尾雅子&福沢宏):近江楽堂

これ以外には、サイドバーの「古楽系コンサート情報」をご覧くだせえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月31日 (日)

2017年を振り返……きれない

歳くってきて気力・体力・脳力が甚だしく減退。ブログ記事もはかばかしく進みませぬ。映画なんかまだ半分ぐらいしか書いてないんじゃないかな(+_+)

以下に、今年ヨカッタshineと思ったものを上げてみる。(順不同)

★コンサート編
「ファンダンゴ・バロック」(テンベンベ):LFJの一公演。強烈過ぎてこの後、他のラテンバロックの録音とか聞けなくなってしまった。

「聖母マリアの夕べの祈り」(コンチェルト・イタリアーノ)

「ツィマーマンのコーヒーハウス」(調布国際音楽祭):企画力勝ち

「真夏の夜のパーセルの夢」(高橋美千子ほか)

「フランス音楽の彩を楽しむ 6」

*ラ・プティット・バンド

*バルトルド・クイケン&渡邊順生


★映画編
今年は「これぞ(^^)b」というのには出会わなかった。残念であ~る。

「彷徨える河」

「午後8時の訪問者」

「メットガラ ドレスをまとった美術館」

「セールスマン」

*「はじまりへの旅」

*「残像」

*「永遠のジャンゴ」

ポン・ジュノの「オクジャ」見たかったんだけど、ネットフリックスしかやってないんじゃどうしようもない。映画館でやってくれ~(>O<)

【命がけ演技賞】「沈黙 -サイレンス-」、海辺での塚本晋也
いや~、よく死人が出なかったと……sweat01

【最凶邦題賞】「おとなの事情」
今年も色々邦題が取りざたされたが、あえてこれを選んでみた。

【最優秀悪役賞】「否定と肯定」のティモシー・スポール

【最強キャラクター賞】「カーズ/クロスロード」のスクールバスのおばさん
これはコワイ(>y<;) もう絶対にスクールバスには近寄らないban

【最優秀ビンタ賞】「密偵」:日本のお家芸(?)ビンタを韓国映画にこのように描かれてしまうとはなんたることであろうか。来年は日本映画でも頑張ってビンタしてほしい。

今年は初めて、「スター・ウォーズ」の新作ロードショーに行かなかった。(「イウォークの冒険」さえロードショーで見た) 心穏やかで、精神衛生上大変によろしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月17日 (日)

「シェイクスピアの春夏秋冬」:酒飲めばガラス瓶が鳴るなり近江楽堂

171217
演奏:レ・タンブル&ハルモニア・レナス
会場:近江楽堂
2017年10月31日

レ・タンブルは海外で活躍中の川久保洋子を含む三人組のアンサンブル(過去に聞いたコンサートの感想はこちら)で、日本人二人のハルモニア・レナスと組んで今回も公演を行った。
昼夜二回あったが、夜は同じオペラシティであるBCJと重なっていた。たまたま休日出勤の代休日だったので、昼の方に行けた次第である。

プログラムの趣旨は、シェイクスピアと同時代の作曲家の作品を四季に分けて演奏するというもの。さらに季節ごとにみなさんお衣装を変えたりアクセサリーを付けたりと細かいところで工夫を凝らしております。

ガンバのソロをイントロダクションにして、「芽吹きの春」や「夏の夜の夢」と続く。後者はもちろんパーセルの「妖精の女王」から舞曲を、前者にもジョンソンの「テンペスト」からの曲が含まれている。

そして「実りの秋の収穫祭」キタ~っ!(^^)! 収穫を祝って続く酔っ払いソングbeer
レイヴンズクロフト作「酒をくれ」などを、大小さまざまなガラスの酒ビンに息を吹いたり叩いたりしつつ歌い、酔っ払い演奏を行なったのであった。
冬は寒そうな曲を選曲し最後はヒュームの曲に合わせヴァイオリンを弾きながら一同退出。アンコールでは秋でやった「喉が渇いた」を再びビンを叩きながら戻ってきて演奏した。

このように楽しく笑えるステージだった。また次回もよろしくお願いします(^人^)

狭い近江楽堂にチェンバロ2台にオルガン1台入れるということで、楽器の配置は今までに見たことがないもの。こちらもビックリsign03だった。
鍵盤以外のリコーダー、ガンバ、ヴァイオリンは壁際に高い台を設置してそこに昇って弾くという形だ。U岡氏のブログに写真あり。
しかし、これがすごい効果あり(!o!) 冒頭のガンバ独奏の音があまりに良くて衝撃を受けるほどだった。まるで、数百万円のオーディオを完全装備の試聴室で聞いたぐらい。
会場は元々チェンバロの音が非常に良い所だが、ガンバもとはねえ。いや~、聴けてヨカッタfull


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 3日 (日)

聞かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 12月版

ネットの接続が最近不調でなかなか更新できませんでした。

*4日(月)バッハ クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ全曲演奏会(阿部千春&大井浩明):近江楽堂
*6日(水)ピエール・アンタイ&スキップ・センペ2台チェンバロの夕:浜離宮朝日ホール ♪8日に武蔵野公演あり
*16日(土)木の器クリスマスコンサート2017(鈴木美紀子ほか):近江楽堂
*22日(金)真夜中のミサ(東京古楽団):三鷹市芸術文化センター
*24日(日)バロックの花束(ムジカ・グラツィア):近江楽堂
*29日(金)バッハ ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ(フランソワ・ゲリエ&天野寿彦):近江楽堂

北とぴあ音楽祭のグルック「オルフェオとエウリディーチェ」もありますね(^^)
これ以外にはサイドバーの「古楽系コンサート情報」をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月19日 (日)

「ゲオルク・フィリップ・テレマン 7 没後250年記念」:まだまだ終わらぬテレマン祭り

171119
演奏:Ut/Fa(ウト・ファ)
会場:近江楽堂
2017年10月13日

モンテヴェルディに比べて今一つ盛り上がっているのかどうかよくわからないテレマンイヤー、ここは是非全国推定sign02ウン百万人のテレマン愛好者にはラストスパートをかけていただきたいものである。

そんなテレマンをずっと取り上げてきた宇治川朝政と福間彩のユニットは、今回吹くのは大変だが聞いて楽しめるような曲を特集。
「新しいソナチネ集」「忠実なる音楽の師」「音楽の練習帳」から2曲ずつ演奏した。また、福間彩もチェンバロ・ソロ曲「序曲」を披露。

リコーダー曲といっても、さすが様々な楽器のために作品を書いたテレマンゆえ、元はファゴットのための曲なんてのもあった。
数本のリコーダーを取り替えつつ宇治川氏は吹きまくり、中でも「忠実なる~」からのソナタでは早吹きに驚かされる場面もあった。それでも「おおっthunder」と緊張感があまり走らないのはそのお人柄のせいでしょうか(^o^)

曲間の解説では「喋りを入れつつ演奏するのは大変」とFM「古楽の楽しみ」の公開放送収録の話をしたり、「テレマンは今でいうデアゴスティーニ方式で楽譜を出版した」などと会場の笑いを取っておりましたよfull(あの販売方式の元祖はテレマンなのか?)
部分的に夫婦漫才のような場面もあった(^<^) どちらがボケ、ツッコミかは言うに及ばず。

まだまだ来年も二人はテレマン公演を続けるようで、ウン百万人のテレマン・ファンには引き続き盛り上がっていただきたい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月11日 (土)

「ラ・プティット・バンド オールJ.S.バッハ・プログラム」:タフにして老怪

171111
会場:浜離宮朝日ホール
2017年10月11・12日

定期的に(?)日本を訪れているようなシギスヴァルト・クイケン率いるLPBの公演、11日の夜の回を聞きに行った。ソプラノ歌手を含む総勢9名の布陣である。

まずは管弦楽組曲の第3番を管楽器とティンパニが入らないヴァージョンから開始。実際にステージに登場したのは5人という極小編成であるため、この曲では定番イメージの「壮麗crown」とは程遠く、なんか全く違う曲に聞こえた。代わりにチェロ(ロナン・ケルノアという人)が際立って聞こえた。

続く「音楽の捧げ物」のトリオソナタ、新たに女性フルート奏者(アンネ・プストラウク)が入った4人で。しかし、左のフルートと右のシギス親爺のヴァイオリンが、なんか微妙に均衡が取れていないような?? 気のせいかしらん。(座ってた位置によるかもしれないが)
まあ、これもLPBならではということで……(^○^;

チェンバロ協奏曲の第5番はもちろん、若手鍵盤弾きのB・アラールが中心である。こちらはもう才気走った演奏で、バッハ先生の若い頃もかくや(!o!)なんて思っちゃったですよ。

休憩後の後半は全員登場して、ソプラノ独唱の世俗カンタータを丸ごと1曲である。
BWV204「わたしの心は、満ち足りて」っ--ありゃsign02BCJの定期でキャロリン・サンプソンが歌ってた曲じゃありませぬかsign03

レチとアリアが交互に全8曲から構成、アリアではそれぞれ異なった楽器と共に歌うという趣向である。
ソプラノのグシュヴェンドは高音はキレイだが、低音がやや弱くて2曲目のアリアではオーボエ2本にかき消されて聞こえた。正直、最近聞いたソプラノではサンプソンやフォンス・ムジケのドロテー・ルクレールと比べるとかなり分が悪い。

しかしながらthunderBCJの時は、歌うのは大変そうなばかりで説教臭くて長いなーと感じた同じ曲が、不思議なことにこの日のLPBの演奏ではアンサンブルが楽しく、面白く聞けたのだよ。
BCJの端正な演奏に比べれば、シギス親爺の方はヨレヨレ&ギコギコ(^<^;していたにも関わらずである。
いやはや、やはりこれはシギスの親爺力というべきか、LPBならではというかspa
というわけで、満足できたコンサートだった。

それにしても、中心メンバー4人はこの前夜にもモーツァルトを弦楽四重奏でやってたんだよね。すごいタフですなあ(・・;)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

「フォンス・ムジケ」:大雨にも負けず寒さにも負けず

171101
会場:武蔵野市民文化会館小ホール
2017年10月6日

リュートの今村泰典主催のフォンス・ムジケ、久々の公演である。今村氏単独では結構頻繁に来日しているが、グループ名義だと関東圏ではもしかして--北とぴあ音楽祭の時以来かsign02(ブログを始める前なので、記録なし)
というわけで、平日に職場から武蔵野はあまり行きやすくないのだが、都内ではここしかやらないのである。フォンス・ムジケの公演とあっては致し方ない。頑張って行きましたよ(^^)b

演目はソプラノ独唱によるモンテヴェルディ、メールラ、ストロッツィの初期バロック歌曲とヘンデルのイタリア語カンタータ、そして残り半分を器楽曲という構成だった。

歌手以外の4人はテオルボ+チェロ+バロック・ギター+チェンバロで、撥弦楽器多めな編成だ。そのためか、通常のこの手のアンサンブルとはやや異なった響きが伝わってきた。

今村氏はバッハの無伴奏チェロ曲から、テオルボで演奏。正直、この会場でテオルボ一丁というのは無理な話で、近江楽堂あたりで聞きたかった。
アンサンブル全員の演奏はボノンチーノのソナタだった。

ソプラノのドロテー・ルクレールは非常に巧妙にして隙なし、といった歌唱で会場を聞き入らせていた。テクニックも感情表現も申し分ない人で、これからの有望株だろうが……ただ、どうも個人的にはちょっと声質が好きではなくて(^^;ゞあまりのめりこんで聞けなかったのである。
この公演はしばらく前に出たストロッツィの録音を元にしているが、そのCDはやはり彼女の歌唱がどうも苦手であまり聞かないまま放り出していたのだった。まあ、こればっかりは好き嫌いの問題なんでしょうがないよね。
昔、「ミュージック・マガジン」誌の星取表に「声が嫌いで1点減点」と書いたライターがヒンシュクかったのを思い出したdash

アンコールの2曲目はなんとシャンソンの「枯葉」だった(!o!) 緊張が解けてホッとなごむ気分でヨカッタ。
もっとも、一貫性がなくて気分が壊れたと批判しているブログもあったので、やはり人それぞれであるよ。

メンバーはなにげに美人度高しshine ギターは若くて初々しい娘さんみたいな印象。チェロは妖艶なおねーさま風、ドロテーは硬質でキリっとした美女であった。


武蔵野には改装後初めて行った。気温が低くて、大雨が降った日だった。三鷹駅からの道のりが遠くて、さらにビショビショして寒くってもうマイッタtyphoon 歩いてて長~く感じて、帰りたくなってしまったですよ(+o+)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月31日 (火)

聞かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 11月版

なんかもう忙しくて、おちおちコンサートにも行ってられません(+_+)

*3日(金)フレスコバルディへのオマージュ(廣江理枝ほか):藝大奏楽堂
*  〃  バッハ無伴奏チェロ組曲第1回(鈴木秀美):浜離宮朝日ホール ♪第2回は10日
*11日(土)ラモー コンセールによるクラヴサン曲集(湯上かおりほか):近江楽堂
*12日(日)秋の都電荒川線ライブ(ジョングルール・ボン・ミュジシャン):都電荒川線三ノ輪橋~大塚駅前
*18日(土)マラン・マレその秘められた才能(寺神戸亮ほか):石橋メモリアルホール
土曜出勤の日と重なってしまいました(/_;)グスッ
*19日(日)バッハ 音楽の捧げもの(バルトルド・クイケンほか):横浜みなとみらいホール
兄弟時間差来日?
*21日(火)アリーン・ジルベライシュと仲間たち:近江楽堂
*27日(月)バッハ フルート作品全曲演奏会(バルトルド・クイケン&渡邊順生):浜離宮朝日ホール
*29日(水)5弦のチェロで、ク~プラン。(ジュゴンボーイズ):旧古河庭園・洋館

これ以外にはサイドバーの「古楽系コンサート情報(東京近辺、随時更新)」もご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧