古楽

2018年5月19日 (土)

ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018

180519
モンド・ヌーヴォー 新しい世界へ
会場:東京国際フォーラム&東京芸術劇場
2018年5月3~5日

今年から「ジャパン」が取れて「TOKYO」が付いたLFJ。しかも池袋と丸の内という分散開催になった。ピーター・バラカンがラジオで「オリンピックの関係で国際フォーラムの一部が使えなくなったため」と言っていたけど、そうなんですか?

まあ、基本会議室であるフォーラムよりは、芝居用ホールもあるとはいえ、音楽鑑賞には池袋の方が向いているに決まっている。
ただ、両会場の移動は30分かかるからハシゴする人には大変だろう。

今年は古楽関係は少なく、とりあえず2グループだけにした。
パリサンダーというリコーダー四重奏のアンサンブルがあったが、時間が朝の早目と夜ラストしかなくて迷っているうちに、満員御礼になってしまったのだよ(T_T)


「中世の伝統歌 1」「 〃 2」(アンサンブル・オブシディエンヌ)

複数回公演があったが、私が見たのは「1」は3日昼の池袋で、「2」は5日夕方の有楽町だった。
平均年齢は高めな、女2人&男3人。歌専門は男声1人のみでいざとなると全員で楽器をやりながら歌ったりもする。
どちらの回もプロローグ→「トリスタン」→「投獄・幽閉」→「修道院」→「死」→「巡礼」→「十字軍」とテーマが付いて二、三曲まとめて演奏するが、両日で重複した曲はなかった。

「モンセラートの朱い本」のような中世歌曲からルネサンス物、またケルト系の伝統曲もまじえたりして、とにかく聞いて見て楽しかった。片手で三つ穴のタテ笛吹きながらもう片手でタイコ叩き(これは中世ものでよくあるパターン)、2枚のホタテ貝の外側をすり合わせてカスタネットみたいにして使うというのもあった。
歌と朗読をやっていた男性歌手は白髪頭でかなり年齢高そうだったが、元気でハツラツとしていた。

中世ものは端正、完璧に演奏するより、このように大道芸ぽく雑味があった方が面白い。その点では日本のジョングルール・ボン・ミュジシャンと同じ指向で、完全に張り合っている。是非ともいつか対決共演impactしてほしい。

また使用楽器が珍しいものが多数。チェンバロの原型プサルタリー、ピアノの原型ティンパヌム(ダルシマー)、中世フィドルはまだしも見たことあるが、クルース(クラウス)というウェールズの楽器は弦を弓で弾いたり竪琴みたいにはじいたりもする。
それと一番驚いたのは木のタテ笛で、本体と吹口の間に紙風船みたいがあって、強烈な音がする。なんじゃこりゃー(!o!)と思わず見入ってしまった。バグパイプの一種で、フーセンみたいのはブタの膀胱だそうである……pig

私が見た(聞いた)限りでは「1」の方が盛り上がっていたようだ。最後にブラボーも飛んでた。「2」は会場が横長のもろレセプション用のB5ホールで、演奏者はやりにくそうだった。私の座席はステージの真横だったので、最悪であった。
ただ、楽器の説明の時に池袋ではいなかった通訳が、さすが国際フォーラムでは付いたのはよかった。おかげで「もちろん、ブタの膀胱は洗ってから使います」とか「ホタテ貝の中身の方は食べます」などというジョークを聞くことができた(#^o^#)


「Ararat~アラーラ(アララト山)~」(カンティクム・ノーヴム)

総勢11人のグループで、リーダーのE・バルドンは元々はチェロ奏者でサヴァールやニケの元にいたらしい。中東と西欧が混合するような地域・時代の音楽をやっているとのことだが、この日の公演はテーマが決まっていて、第一次世界大戦時にトルコがアルメニア人を追放・虐殺した事件にちなんで構成されたプログラムである。
この事件はタハール・ラヒムが主演した『消えた声が、その名を呼ぶ』で初めて知った。(トルコ政府はこれを否定している)

意外だったのは、PAシステムを使用していたことだ。人数はアンサンブル・オブシディエンヌの倍もいるのだが。会場は池袋のシアターウエストで、そんな聞こえにくい場所とは思えない。恐らく、フェスティバルなどに出演することが多くて常に使用しているのだろうか。

アルメニアの宗教歌や民謡、舞曲などが器楽や歌で綴られていく。中東系の色彩が濃いサウンドである。ただし、武骨なところはなくて心地よく聞きやすい印象だ。
三人の歌手のうち真ん中で歌う男性が、まるでマフィア映画に出てくるボスのような風貌だった(どうでもいいことですが(^^ゞ)。

この公演でもウードやダルシマーが使われていたが、左から3人目の若い男性が弾いていた弦楽器が見たこともない珍しいものだった。膝の上に横倒しにしてヴァイオリンみたいに弓で弾くのだけど、たくさんついているピストン状のものを押して弦を押さえるらしい。しかもたまに指で爪弾くことがあった。謎である(?_?)


さて、来年の開催についての発表はなくて、中止の噂も出ているようだ。そうでなくとも、2020年は五輪の影響で開催は無理らしい。五輪は街だけでなく文化も容赦なく壊していくんだのうpunch


| | トラックバック (0)

2018年5月 3日 (木)

「ジュリアン・マルタン氏を迎えて」:一心同笛

180503
*「テレマン リコーダー二重奏ソナタ」
2018年4月20日
*「フランスの室内楽作品」
2018年4月21日
会場:近江楽堂

木の器主催公演、今回はフランスのリコーダー演奏家ジュリアン・マルタンをゲストに2日間連続で行われた。

1日目は宇治川朝政と二人で全曲テレマン二重奏。アルトリコーダー、ボイスフルートを使い、一曲だけマルタン氏の独奏があり、頭からシッポまでテレマン尽くしヽ(^o^)丿の感があった。

迫真の演奏でいつになく宇治川氏の顔も緊張で引き締まっていたような……あ、普段はだらけているとかという意味じゃないですよ(^^ゞ

2日目はチェンバロの福間彩が加わって、フランスのアンサンブル曲。こちらはオトテールがメインで一曲だけマレのトリオ作品が入っていた。

元々二人は同年代のタテ笛吹きとはいえ、面識はなくて、ただ共通の友人が多いとのこと。で、いつか一緒にやるといいよ、と言われてたそうな。
コンサートは金・土曜だったが、マルタン氏が月曜に羽田に着いて、それが初対面だったそうである。で、その後リハーサル……ということは正味4日間ぐらいしかなかったということか。
そのせいか、マルタン氏の呼吸を宇治川氏が探りながら合わせているような印象だった。(だから余計に真剣な面持ちに見えた?)

それと、二重奏と独奏では演奏のニュアンスが微妙に異なるのだなあ、とも感じた。自分で楽器をやっている人なら当然のことかもしれないが、部外者にはそうなんだと思った次第である。

それにしても大いに聞きがいがある演奏だったのに、あまり客の入りが良くなかったのは残念無念sweat02 特に土曜日の方は少なかった。
この手のマイナーなコンサートはやはり声楽が入ってないと難しいのかしらん(?_?)などと考えてしまったですよ。


| | トラックバック (0)

2018年5月 1日 (火)

聞かねばならない時もある マイナー・コンサート 5月版

*3日(木)~5日(土)ラ・フォル・ジュルネ東京:丸の内&池袋
池袋と丸の内に分かれたせいで、はしごも楽ならず。
*10日(木)ギエルミ・アンサンブル:東京文化会館小ホール
*11日(金)バッハ・コレギウム・ジャパン定期:東京オペラシティコンサートホール
*  〃   野々下由香里ソプラノリサイタル:近江楽堂
ダブルブッキンクの失態ng さてどちらを聞くべきか。
*12日(土)人間の声、天使の声(ヴィットリオ・ギエルミ):近江楽堂 ♪ガンバ独奏公演
*13日(日)バッハ&テレマン!未知の世界(水内謙一&ミリアム・ミニョル):近江楽堂
*17日(木)バロックリュートリサイタル「せせらぎ」シャコンヌ集(佐藤豊彦):近江楽堂
*18日(金)ロレンツォ・ギエルミ オルガン・リサイタル:東京カテドラル聖マリア大聖堂
*19日(土)・20日(日)チェンバロの日!2018:松本記念音楽迎賓館
*     〃       二期会ニューウェーブ・オペラ劇場ヘンデル アルチーナ:めぐろパーシモンホール
*20日(日)春の都電荒川線ライブ(ジョングルール・ボン・ミュジシャン):三ノ輪橋⇔大塚駅前
*30日(水)エクス・ノーヴォ室内合唱団:豊洲シビックセンターホール
*31日(木)ヴェルサイユの華 マラン・マレ生誕を祝して3(品川聖ほか):ラリール

これ以外はサイドバーの「古楽系コンサート情報」(東京近辺、随時更新)をご覧ください。

| | トラックバック (0)

2018年4月20日 (金)

「音楽と美術の幸せな結婚 1」:哲学者か英雄か

180420a
大塚直哉レクチャー・コンサート・シリーズ
音楽と絵画が映し出す栄光の17世紀スペイン:「プラド美術館展」の名画と音楽
会場:よみうり大手町ホール
2018年4月13日

大塚直哉が美術展に合わせて3回のレクチャー・コンサートを行う第1回め。会場からして当然、読売新聞社が主催に入っている展覧会が対象だが、この日は「プラド美術館展 ベラスケスの絵画と栄光」でベラスケスが7作品展示ということで話題になっているものである。

しかも演奏のゲストは波多野睦美、美術サイドは「怖い絵」の中野京子という豪華布陣だ。こりゃ満員御礼かっfullと思ったら、空席がチラホラあったのはやや意外だった。

ベラスケスの同時代の作曲家の作品を3曲、大塚氏がオルガンとヴァージナルで演奏した後、ステージ背後のスライドを使用して中野女史が15分間のレクチャーを行なった(演奏中もスライドは上映されていた)。
ベラスケスと、同じ時代に英国にわたって活躍したアンソニー・ヴァン・ダイクを比較。二人とも仕えた王は統治に関しては無能だったが、芸術の審美眼はあった……など共通点や、作風の相違など面白い話が聞けた。

曲の方では、明るいと思われがちなスペインの暗い美しさを聞かせるスカルラッティのソナタ、メディオ・レジストロというオルガンの左右で異なるという音色で演奏されたアラウホ(初めて聞いた!)が面白かった。

その後は波多野睦美が登場して、絵画に合わせた曲を歌った。彼女の歌を聞くのは久し振りだったが、3曲目のフレスコバルディの宗教曲が圧巻の迫力だった。

後半の最初は3人でトークセッション。ヴェチェッリオという画家の「音楽にくつろぐヴィーナス」という絵で、オルガン弾きが横たわる女神のどこを見ているかという話題で爆笑になった。大塚氏は絵と同じオルガンの鍵盤を押さえてみせたり(●^o^●)
中野女史によるとヴィーナスは人間の眼には見えないはずなので、このオルガン奏者は超能力者ではと考察してsweat01いた。しかし私は、彼には女神が見えてなくて、寝台の上にたまたま金dollarか宝石が落ちてるのを凝視していたという仮説を立てたい。

その後は再び演奏へ。ヴィーナスにちなんだパーセルの「美しい島」は伴奏がオルガンだったが、なんだか印象がかなり違う。チェンバロの方が違和感なしだったかも。
ラストはストロッツィの「恋するヘラクレイトス」だった。これも長めの曲でやはり波多野女史の歌唱はイケイケと押し寄せるような迫力で聞かせた。
トークの時に出た話題だが、「ヘラクレイトス」とは神話の英雄ではなくて哲学者なんだそうだ。
えええーっ\(-o-)/あたしゃ今までヘラクレスと勘違いしたまま聞いてましたよ。お恥ずかしい~spa

4000円の元はバッチリ取れたレクチャー・コンサートであった。次回は「ルーヴル美術館展」をネタにナオヤ氏独奏によるフランス・チェンバロ曲をたっぷり聞けるもよう。おまけにゲストはなんとヤマザキマリsign03 これは必聴だろう。


さて、私はこのホールは初めて行ったのだが、新しくて音響もよく、おまけに全座席の背中に小テーブルが引きだせる(ライトまで付いている!)サービス付きだ。
新聞社ビルに付属したホールというと、朝日新聞社の隣の浜離宮朝日ホールが思い浮かぶんだけど、対抗してるのかな(^^?) 収容人数も似たような感じだし。ここでも朝読対決が火花を散らすpunch
それと、地下鉄の出口と直結がウリらしいので私は丸ノ内線のホームから行ったのだが、ウネウネと通路を歩き、その出口までなかなか行き着かない(@_@;) 帰りは地上から行ってみたら、なんと1ブロック直線歩いただけで丸ノ内線まで行けてしまった。なんなのよannoy
180420b

←問題の絵画

| | トラックバック (0)

2018年4月 6日 (金)

「ルソン・ド・テネブル 暗闇の朝課の読誦」:猫とクープラン(特に関係なし)

180406
F・クープラン生誕350年記念
演奏:野々下由香里&鈴木美登里
会場:近江楽堂
2018年2月22日

2月22日はニャンcatニャンcatニャンで猫の日~(=^・^=)
じゃなくて--またもクープラン記念公演なのであった。

ルソン・ド・テネブル、宗教曲とはいえ華麗なるソプラノ2人の競演である。私が最初に聞いたのは、かつてのNHK-FM「朝のバロック」でエマ・カークビーの歌でかかった時だ。うろ覚えだが、今調べてみるともう1人はジュディス・ネルソン、鍵盤はホグウッドだった。
その後、マレとサント・コロンブを扱った映画『めぐり逢う朝』の劇中でも流れたのがまた印象深かった。

録音は何種類か買ったのだが、どういうわけか実演では聞いた記憶がない(多分)sweat01 なので、ユカリ&ミドリのベストコンビで聞けるのは誠に嬉しいっ(#^o^#) おかげで近江楽堂は満員御礼であったfull
この曲以外に同じ作者のモテットや、ガンバ福沢宏&オルガン今井奈緒子による器楽曲も加えて構成されていた。

こうして、奏者の呼吸も間近に聞こえるような小さな会場で聞いてみると、常に淀みなく濁りもなく(って、当然と言えばそうなんですが)均一に隅から隅まで声を届けるってのは身体的なコントロールがスゴイ(!o!)--と、トーシロなのでつくづく感心してしまうのであった。大きなホールでは逆に得られない感覚だろう。
二人の声はドーム状の天井に天使の如く響いたのである。

最後にやった復活祭のためのモテットは、カークビー盤に追加で一曲収録されてたのと同じ。やはり、お二人とも初めて聞いたのは彼女の歌だったんでしょうか。


ただ、側に座っていた若い男がだらしなく荷物やジャケット広げていた(狭い会場なのによannoy)だけでなく、曲の合間ごとにペットボトルをゴクゴク飲んでたのには驚いた。さすがに演奏途中は飲んでなかったが……(~_~メ) でも、アンコールの時に野々下さんが話してる時もやってたな。
あと、スマホの着信音を最小だったけど、鳴らしてたぞ。

で、帰宅したらネットに「I教授」の訃報が流れていてビックリしたのであった。


| | トラックバック (0)

2018年4月 4日 (水)

「フランス音楽の彩を楽しむ 7」:ク~~~プランと伸ばしてみよう

180404_2
F・クープラン生誕350年記念
演奏:宇治川政朝、ジョシュ・チータム、福間彩
会場:近江楽堂
2018年2月16日

クープランと銘打ってはあるが、彼の作品は6曲の内半分。18世紀初めのフランス・ソナタによるプログラムということで、残りはオトテール、フィリドール、ドルネルだった。

驚いたのはクープランの組曲ホ短調。よく取り上げられる名曲ながら、J・チータムは非常にゆっくりなテンポで弾いた。こんなにゆっくりなのは聞いたことがない(!o!)っていうぐらい。しかも気候のせいか、さかんに調弦を繰り返していた。おかげで前半がかな~り長くなりました。
なお、彼はヨーロッパの悪天候のせいで日本にたどり着くまでに時間がかかり、パリの空港に足止めを食らったとか。ご苦労さんです。

あと福間彩のチェンバロ独奏によるクープランの「目ざまし時計」という曲は、いかにも「時計」なので笑ってしまった。
フィリドールには、ちゃんとリコーダーを指定しているソナタがあり、ここでは宇治川氏のタテ笛が冴えていた。

ラストとアンコールは「王宮のコンセール」より。いかにもフレンチな響きの世界を楽しめた。また、ガンバの調弦しやすい時期にお願いします(@^^)/~~~

| | トラックバック (0)

2018年4月 3日 (火)

聴かねばならない時もある マイナー・コンサート4月版

*13日(金)ラ・フォンテヴェルデ定期~薄情な女たちのバッロ:浜離宮朝日ホール
*  〃   音楽と美術の幸せな結婚 「プラド美術館展」の名画と音楽(大塚直哉ほか):よみうり大手町ホール
3回シリーズで、この日のゲストは波多野睦美と中野京子。
*17日(火)悲しみのカンタータ(村上雅英ほか):中目黒GTプラザホール
*20日(金)ジュリアン・マルタン氏を迎えて~テレマン リコーダー二重奏ソナタ(木の器):近江楽堂
*21日(土)  〃  ~フランスの室内楽作品: 〃
*26日(木)ヘンデル ルクレツィア(阿部早希子ほか):近江楽堂

これ以外にはサイドバーの「古楽系コンサート情報」をご覧くだせえ。

| | トラックバック (0)

2018年3月 9日 (金)

「サイモン・スタンデイジと仲間たち」:BCJの陰で大盛りだくさん

180309
会場:所沢ミューズ キューブホール
2018年2月12日

かつてのイングリッシュ・コンサートでの活躍も懐かしい、サイモン・スタンデイジが再来日。日本の若手演奏家と公演を行った。おっと、第2ヴァイオリンの天野寿彦やチェロの懸田貴嗣はもはやベテランの域ですね。
会場のキューブホールは真四角で、座席の配置からして音の聞こえ方が場所によってムラがあるのでは(あとステージ上の見え方も)と思われるが、致し方ないだろう。

ほぼ協奏曲尽くしという感じで、ヴィヴァルディ、バッハ、ヴァレンティーニ、ヘンデルの作品に加え、前半では広瀬奈緒をゲスト歌手に迎えて、パーセルの「妖精の女王」の抜粋まで(!o!) 休憩入れて2時間半という、大変盛り沢山なプログラムであった。

スタンデイジは外見も動作も、もうおじーさんshadowという印象だがヴァイオリンの音色は若々しかったshine
「妖精の女王」の「おお、泣かせてください」では、懸田氏のチェロとの掛け合いがしみじみと美しく泣けた(T_T)

また、ヘンデルの合奏協奏曲6-12はヴィヴァルディみたいにハッタリのきいた躍動感ある曲だが、昔NHK-FMでイングリッシュ・コンサートがどこかの古楽祭でやったライヴ録音を放送したことがあった。それを録音して(当時はカセットテープsweat01)何度も繰り返し聞いていたので非常に懐かしかった。その生き生きとした躍動感は今でも変わってなかった。

ヴァレンティーニの作品では教育テレビにも出ていた丸山韶が、文字通りステージからはみ出さんばかりにして(実際体格大きいし)第3ヴァイオリンを弾いていた。もっとも、ちょっとはみ出し過ぎではないかとも思えたが……。(サイモンとの年齢差、もしかして半世紀ぐらいsign02

この所沢の公演のみ、フランチェスコ・コルティという若い演奏家がチェンバロを弾いていた。ライアン・ゴズリングをちょっと長四角っぽくしたような顔である。
バッハのチェンバロ協奏曲での演奏がすごかった(☆o◎;) 速さとパワーの相乗、最後の「アレグロ」なんてまるで新幹線みたいな怒涛の勢いである。思わず会場からため息であった。

アンコールは再び広瀬女史が登場してヘンデルのオラトリオから。これほどの重量感ある内容だったのに客入りが今イチだったのは、やはりBCJの「ヨハネ」と重なってしまったせいもあるだろう。残念であります(>_<)

| | トラックバック (0)

2018年3月 4日 (日)

「HORIZON 3 フランス・バロック ヴィオル・デュオ」:二重奏なら二乗の響き

180304
演奏:平尾雅子&福沢宏
会場:近江楽堂
2018年1月19日

詳細不明だが、「HORIZON」という連続演奏会のシリーズの一つがガンバ演奏会だった。他の公演はモダン演奏あり、現代音楽ありで、関連性はよく分からない。
そのせいか照明の使い方も通常のクラシック公演とは異なる印象。(ピンスポットな感じで照らしているので、奏者が立ち上がると上半身が暗くなってしまう)

平尾・福沢の両者キャリアは長く、ともそれぞれ色んな演奏会でお見かけするも、なんと二人で共演するのは初めてだという。驚きであるよ。

取り上げたのは、フランスものとしては王道のマレ、サント・コロンブの他、ケ・デルヴロワ、ボワモルティエも。
前者は明瞭な曲調が快い。ボワモルティエの方はフルートの曲をよく耳にするが、ガンバ二重奏のソナタを複数作曲しているという。知らなかった(~o~) 演奏されたソナタは哀愁を帯びた美メロを含んだ曲。思わず聞き入りました。

サント・コロンブの「ピエロティーヌ」は録音でも聞いたことのない作品だった。二つのガンバがそれぞれ互いを模倣するように変奏していく。息もつかせず聞きごたえあり。
クープランも「コンセール13番」から一曲。アンコールも彼の作品だった。

ありそうで、実際にはなかなか聞けないガンバ二重奏コンサート。堪能させていただきました(#^.^#)


| | トラックバック (0)

2018年2月28日 (水)

聞かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 3月版

*2日(金)プロイセンの宮廷から(プティ・ヴィオロン):杉並公会堂小ホール
*6日(火)フランス音楽の旅 1 歌唱と器楽の百花繚乱(森川郁子&佐藤亜紀子):東京中央教会
*26日(月)ミュージアム・コンサート「プラド美術館展1」(西山まりえ&阿部早希子):国立西洋美術館講堂
*27日(火)  〃  「プラド美術館展2」(宇治川朝政ほか):国立西洋美術館講堂

NHK-FM「ベスト・オブ・クラシック」では古楽ウィークあり。また、NHK-BS「クラシック倶楽部」28日のアンタイ&センペ……目黒雅叙園でコンサートやったんですか(?_?)
これ以外はサイドバーの「古楽系コンサート情報」をご覧ください。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧